ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

新潟濃厚味噌系

ラーメン東横 駅南店@新潟4

味噌ラーメン680円

味噌ラーメン680円


 新潟五大ラーメンの一つ、「新潟濃厚味噌ラーメン」の代表的なお店であるラーメン東横の駅南店(笹口)。
 紫竹山店の系列とは兄弟関係にあるそうで、あちらはお兄さん、こちらは弟さんの経営だそうです。

 ここは、大学院時代に学部の時の友人たちと新潟旅行をしたときに食べたことがあり、そのラーメンのオリジナリティに驚嘆した記憶があります。
 もう、10年近く前に食べたのに、まだ店員さんの顔を覚えてた。同じ人が店頭に立っておられましたが、女将さんなのかな。

 広い店内には、近所の高校生や大学生と思われる集団。皆、常連さんみたいです。
 観光客は、ほぼいなかったなあ。まあ、平日なので、当たり前かもしれませんが。
 隣に座った女子大生のグループが結構な美人さん揃いで、そればかりが気になってしまうおじさんでした(笑)

 席は、テーブル席と小上がり。カウンターもありますが、あまり使っていないようです。
 店内はかなり広いので、グループでも全く問題ありません。続きを読む

ラーメン東横 駅南店@新潟5

特製野菜みそラーメン特製野菜みそラーメン(¥910)

 先に新潟入りした私とO.T氏は、8番らーめんのあとは何も食べておらず、お腹が空いていたので、C.T氏が新潟に着くまでの間、ラーメンでも食べていようかということになりました。
 そこで我々は、先にホテルにチェックインし、持参のノートパソコンで新潟のラーメン店を調べることにしました。
 来る途中、かなりの数のラーメン屋を見かけたのでもしやと思いましたが、新潟はラーメン激戦区なんですね。なんでも、新潟のラーメンは大きく分けて4つに分けられるそうです(新潟4大ラーメン)。(1)あっさり極細しょうゆラーメン、(2)燕三条背脂系極太ラーメン、(3)ショウガ風味の濃厚しょうゆラーメン、(4)割りスープみそラーメンの4つです。
 私は、醤油スープのラーメンをと思っていたのですが、O.T氏はこってり系が良いとのこと。ならばと、(4)の割りスープみそラーメンのお店にすることにしました。

 ラーメン店に向かっている間に、C.T氏が新潟到着、結局3人で行くことにしました。
 目標のお店は『ラーメン東横 駅南店』。駅から5分とのことだったので、すぐに行けるだろうと思いきや、なかなかお店が見つからない・・・。結局、C.T氏が携帯で地図を調べ、路地裏にあることが発覚。30分がかりでようやく到着しました。
 なるほど、これが『割りスープみそラーメン』か。最初、濃い味噌味で出てきて、それに一緒に出てきたスープで好みの味まで割る。だから、好きな濃さに調節できるし、徐々に味を変えることもできる。なるほど、これは画期的。当初のような、濃いめのスープが好きな方でも、若干スープで割った方が、味に深みが出るので、そのまま食べるよりオススメです。
 今回は、「特製野菜みそラーメン」というのを食べてみました。要するに、味噌野菜チャーシューメンです。野菜は、濃い味噌で炒めてあるので、まるで回鍋肉のような感じになってました(肉はないけど)。そうそう、麺が極太でした。よくよく調べると、こちらは極太麺がそう珍しくないようですね。東京でこのくらいの太さとなると、つけ麺を除けば『岩男』くらいしか知らないなあ。

 まあ、とりあえず、他のお二方も気に入ってくれたようで、調べた甲斐がありました。

新潟県新潟市南笹口1-1-38
JR信越本線 新潟駅下車 徒歩5分(コープオリンピア笹口1F)
《11:00-21:50(日祝21:00迄,火14:00迄)[年中無休]》

東横 駅南店ラーメン / 新潟駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9

Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ