ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

二郎直系

ラーメン二郎 上野毛店@上野毛3

小

小(700円)


 泣く子も黙る、ラーメン二郎。
 今年の二郎初めは、上野毛となりました。
 狙っていたわけではなく、別件で上野毛まで来たところ、その匂いに吸い寄せられてしまいました(笑)

 何年ぶりだろう。相変わらず、程々の列だけれども、回転は遅い。
 個人的な感想ですが、ここは二郎の中でも女の子の比率が高い気がします。カップルも多い。
 だから遅いというわけでもないかもしれませんが、女性でも来られる、他の二郎のよりはハードルの低いお店なのかもしれません。

 そうそう、鍋二郎を試みていた学生さんがいたけれど、店主さん「受けるよ」と言っていたので、ここでも鍋二郎はダメではないらしいです。続きを読む

ラーメン二郎 湘南藤沢店@藤沢5

小

小(690円)


 今年の二郎初めは湘南藤沢店。
 どうも、ここ3年間ずっと二郎初めはここだったみたいです。そして、たぶんここ以外の二郎に行ってない(^^;
 忙しかったからなあ。

 もう、ほとんど二郎を食べなくなりましたが、不意に食べたくなるのが、二郎。

 週の半ばだし、そんなに混んでないだろうと思って突撃したのですが、これが見事に大行列(^^;
 今まで何度も藤沢二郎を食べましたが、中でもかなりの長さかな。

 しかし、結構待つかなと思いきや、30分待ちくらいで着丼。
 回転が速くて助かりました。続きを読む

ラーメン二郎 湘南藤沢店@藤沢4

小690円

小(690円)


 言わずと知れた二郎ではありますが、最近では北海道にも店舗ができたとか。え?古いって?(笑)

 ということで、今年初の二郎であります。
 別に避けていたわけではないのですが、なかなか営業時間内にたどり着けなかったり、あの列に並ぶ気力がなかったり。
 ということで、今回は日曜日午後四時という、ウィークタイムを狙って来たところ、なんと見事に待ち時間なし(゚Д゚)
 問題は、この時間まで腹を空かせてないといけないこと(笑)続きを読む

ラーメン二郎 松戸駅前店@松戸5

ぶた入りラーメン

ぶた入りラーメン(¥700)

 折角中山まで行ったのだから、この機会に千葉方面の二郎を開拓したいと思い、mixiの二郎コミュで中山競馬場から最寄りの二郎を聞いたところ、こちらを紹介されました。
 松戸は中山競馬場から30分程度で着いてしまうので、有馬記念が終わってから直接行ってしまうと1時間以上時間が空いてしまいます。そこで、ダイワメジャーの引退式を見てから行ったら、今度は逆に開店時間に間に合わず。結局、着いた時点では10人弱ほどの列になっていました。並んでいると、ちらほらと今日のレーシングプログラムを持っている人を見かけました。私と同じことを考えている人って、結構いるんだな。
 しかし、流石クリスマス・イブイブですね。二郎にもかかわらず、並んでるのがほとんどカップル。いいのか、彼女たち。ディナーが二郎で!まあ、イブはイブでそれなりのお店に行くのかもしれませんが。

 ここは1ロット5人前のペースで作っており、私は列に並んでから着席、ラーメンにありつくまで約1時間。新代田に比べれば倍以上ですが、思ったよりも時間がかかりました。カップルが多かったからかもしれませんね。
 店主は、普通に道を歩いていたら間違いなく道を空けてしまいそうな感じの人ですが、気さくな方なのだそうです。
 そうそう、ここの特徴は、コールが前だということ。食券を出してしばらくすると、麺の茹で始めと同時にコールを聞いてきます。いわゆる事前コール制です。店内にコール一覧が掲示されているのですが、その中に「麺のかたさ」と「アブラ」がありました。通常、コールはラーメンを出す直前に聞いてくるものなので、「コールの時点で聞いても手遅れなんじゃないかなあ」と思っていたのですが、なるほど、こういうことでしたか。

続きを読む

ラーメン二郎 目黒店@目黒5

小ラーメン豚入り+野菜増小ラーメン豚入り+野菜増(¥600)

 休日出勤の彼女を会社まで迎えに行ったのですが、思いの外彼女の仕事が終わるのに時間がかかるということで、じゃあ、先にお昼を食べに行くかと、山手通りを走っていきました。
 ジロリアンの方々曰く、二郎の中で一二を争うお店ということで、昔から是非行きたいなと思ってました。

 目黒在住の人から「目黒二郎は、長蛇の列だよ」といわれていたので、覚悟していったのですが、この日は食事時から若干ずれた時間帯に行ったためか、全く並ばずに入ることが出来ました。
 なるほど、目黒店が支持されるわけが分かりました。程良いこってり感と味の濃さ、麺もちょうどおいしく食べられるギリギリのライン。二郎の良さを十二分に発揮した、旨いラーメンでした。

東京都目黒区目黒3-7-2
JR山手線 目黒駅下車 徒歩15分(山手通り沿い)
《12:00〜16:00,18:00〜24:00[水曜定休]》

ラーメン二郎 目黒店ラーメン / 目黒駅

昼総合点★★★★ 4.0

ラーメン二郎 横浜関内店@伊勢佐木長者町4

小ラーメン+野菜増@ラーメン二郎横浜関内店小ラーメン+野菜増(¥600)

 カテゴリは「横浜市営地下鉄1号線」としましたが、交通の便を考えると「JR根岸線 関内駅」から行くことの方が多いかと思います。その場合は関内駅の横浜側出口を出て、国道16号線(鎌倉街道)を伊勢佐木町方面に歩き、10分くらいで右手に見えます。

 日曜日に行ったので、閉店直前だったにもかかわらず10人近く並んでいました。しかし、行列を処理するまで閉店しないようなので、実際は15時近くまで開いているようです。それにしても、夜の閉店時間がスープではなくて「麺が無くなり次第終了」というところが二郎らしいですね(笑)

 ここのラーメンは、醤油が強くそれほどこってりではないタイプ。食べやすい方の二郎です。しかし、少々醤油が強すぎるかも。私は二郎のこの醤油味が好きなので、むしろ歓迎ですが。
 量は、まあ二郎としては普通かなというくらい。私の両サイドの方々は、2人とも大ラーメンを食べてましたが・・・よくあんなの食えるよなあ。巨大どんぶり一杯だよ・・・。
 野菜ですが、良く茹でてあって生臭さもなく、何よりもやし:キャベツ=7:3という比率も嬉しいです。そして、極めつけはチャーシュー。程良い歯ごたえで、良く醤油ダレが染み込んでいました。美味しい。いっぺんに気に入ってしまいました(^^)v
 次は、平日に来たいと思います。

神奈川県横浜市中区長者町6-94
横浜市営地下鉄1号線 伊勢佐木長者町駅下車 徒歩5分(鎌倉街道沿い)
《11:00-14:30,18:00-22:00(麺終了迄)[水曜定休]》

ラーメン二郎 横浜関内店ラーメン / 伊勢佐木長者町駅関内駅日ノ出町駅

ラーメン二郎 武蔵小杉店@新丸子3

豚入りラーメン@ラーメン二郎武蔵小杉店豚入りラーメン(¥650)

 私の通学路上にある唯一の二郎。二郎が食べたいがために、相模大野へ行ったり、新宿へ行ったりしていましたが、やっぱり無理なく食べるならば定期圏内が一番。ということで、地図を片手に行ってみました。
 東横線の他、南部線や新幹線が近くを通っている、意外と混雑した駅なので、道をちょっと間違えるととんでも無いところに出てしまうのですが、まあそこら辺は気をつけて。

 近づくと、プーンと豚骨臭がしてきます。所謂下処理を丁寧にやってない、昔ながらの豚骨スープのお店のにおい。私は正直いって苦手ですが。で、店内に入ってみると、お世辞にも綺麗とはいえない厨房と座席。女性客はたぶん来ないだろうな。

 肝心のラーメンですが、醤油の味がとても薄いです。その代わり豚骨ダシのスープが強烈な存在感を出しています。二郎の醤油の味が好きな私には、少々物足りない感じ。でも、旨いのは間違いないです。ただ、豚はいらなかった。コテコテのスープで油にあたりかけているのに加えて、ここの豚はバラであり、脂身たっぷりで、完全に胸焼け状態。そのあと、あの膨大な麺を食べきるのが辛かったです。久しぶりにスープを残してしまいました。
 たぶん、ただのラーメンならば、おいしく食べられたんだろうな。

神奈川県川崎市中原区上丸子山王町1
東急目黒線 新丸子駅下車 徒歩10分
(上丸子山王町2西側交差点付近)
《11:00〜14:00,17:00〜22:00(日祝:21:00迄)[火曜定休]》

ラーメンこじろう 武蔵小杉店ラーメン / 新丸子駅向河原駅武蔵小杉駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2

Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ