ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

千葉県

Hao!@新浦安3

ラーメン

ラーメン(637円)


 鉄鋼団地の入り口にある、Hao@新浦安。
 昨日から気になってました(笑)

 お店は、入り口は一つですが、入ってみると、右手が中華、左手が和食という変わった造り。
 ちなみに、中華のお店では、和食を注文できたので、和食の方でも中華を注文できるかもしれないですね。
 
続きを読む

くるまやラーメン 浦安店@舞浜3

ネギ味噌ラーメン

ネギ味噌ラーメン大盛り
味噌わかめラーメン
餃子


 くるまやラーメン@浦安。
 我が家的には、ディズニーランド帰りに食べに来るイメージのお店です。
 渋滞に巻き込まれると、ほとんどのお店が閉店してしまっているのですが、ここは深夜営業してるので。

 いつも深夜なので、昼に来るのは初めて。
 ゆっくり食べるのは、今回が初めてかも。
 
続きを読む

増田家@千葉中央3

ラーメン(650円)

ラーメン(650円)


 千葉中央駅周辺で美味しいラーメン店を探していたら、ヒットしたお店。
 横浜から千葉へ行って、横浜家系ラーメンを食べるという(笑)

 千葉の繁華街「富士見町」の真ん中にあるお店で、テーブル席中心です。奥には座敷席もあります。
 千葉駅前に、別ブランドのお店も出しているそうで、千葉周辺ではかなりの人気店のようです。続きを読む

くるまやラーメン 浦安店@舞浜4

味噌チャーシューメン[大盛り]


味噌チャーシューメン[大盛り](¥950)
味噌ラーメン(¥600)
お子様ラーメン(¥550)


 4月以降はいつ行けるか分からないので、暇な今のうちに、家族でディズニーシーへ行ってきました。
 で、その帰り。予定よりも遅くなってしまったので、近場で食べてから帰ることにしました。

 行ったのはこちら。知らない土地で子供連れなので、とりあえずは無難にチェーン店で。こちらの味は、うちの家族にはウケが良さそうだという予想もありました。
 座席は、禁煙席と喫煙席が半々。テーブル席中心の構成。ソファのボックス席があるかなと思ったんですが、それはなかったですね。

続きを読む

麺屋 翼@西船橋3

翼らーめん

翼らーめん(¥730)


 『中華そば 葦屋』を食べ終わった後、まだ満腹感がなかったことと、「もう当分西船橋には来ないなあ」ということがあり、オススメされたもう一件も行ってみることにしました。
 こちらは駅の南口なので一度駅を横目に見て、更に10分くらい歩いた頃、一見するとラーメン店とは思えないイルミネーションのそれが目に入ってきました。早速中へ入ってみると、目の前に大きい液晶テレビが。ちょうど、大相撲初場所千秋楽で、朝青龍が見事な敗北を期した瞬間でした。
 店内は一人客用のテーブルの他座敷もあり、家族連れでも賑わっていました。こういうお店は子供を持つ親としては嬉しい限りです。

続きを読む

中華そば 葦屋@西船橋4

中華そば

中華そば(¥650)


 先日、mixiにて千葉の方より「中山競馬場へ来るなら『葦屋』と『翼』がオススメ」というメッセージを頂いたので、中山へ来た今日、そのどちらかを食べて帰ることにしました。
 事前にネットで調べた結果、葦屋の方に惹かれたので(単純に駅から近かったからとかいわない・笑)、こちらへ寄ってみました。
 でね、入ってみて、一瞬ギョッとしました。小洒落た和風の外装とは正反対の光景がそこにあったんです。そう、狭い店内が競馬おやじで満席(笑)まあ、人のことはいえませんが(私はこの日スーツだったので、おそらく競馬場帰りには見えなかったでしょうが)。
 まあね、中山競馬場からの帰り、松戸方面に行かない人は、ほとんど西船橋に出てくるわけですからね。それだけの人の動きがあれば、移動経路上の飲食店は、満席でもおかしくはないですわな。5人待ちでしたが、10分少々で着席できました。
 お店は若いお兄さん(とはいっても、ほとんど歳は変わらないと思いますが)と女子高生くらいの女の子2人、それとおばちゃん。10席くらいしかないこのお店で、こんなに従業員要るのかなあ。絶対要らないよなあ。新人研修にしても、せいぜい3人までだろ。・・・なんだか最近、飲食店について美味しさだけでなく経営面も見るようになってきてしまいました。歳をとったんですかねえ。ちなみに、一番そつのない接客をしているのは、もちろんおばちゃんでした。

続きを読む

翠松楼 中山競馬場店@船橋法典3

チャーシューワンタンメン

チャーシューワンタンメン(¥680)


 今日は、出資馬であるドリームパスポートがAJCC(アメリカンジョッキークラブカップ)に出走するので、その応援に来ました。しかしあれですね。中山は遠いわ。うちからだと、約2時間ほどかかります。まあ、中山開催は今日が最終日なので、もう当分来ることもないですが。
 まあね、本番前に腹ごしらえしないとね。ということで、とりあえず前回来たときに目を付けておいたお店に行ってみました。B1Fファーストフードプラザ内にある『翠松楼』です。確か、同名のお店が東京競馬場にもあったなあと思って調べてみたら、なんでも西の競馬場にも入っている見たいですね。全部系列店なのかなあ。

続きを読む

那の福 海ほたる店@巌根2

岩のり磯ラーメン

岩のり磯ラーメン(¥650)

 今日は、母方の実家に年始のご挨拶へ。元々東京の人なのですが、10年ほど前に千葉県に移り住んで現在に至ってます。
 さて、その帰りということになりますが、海ほたるを通過する頃、ちょうど、夕飯時になりましたので、ちょっと食べていくことになりました。

 行ったのは、海ほたる5階のフードコート内、那の福。ロイヤルホストで有名なロイヤルが経営する博多ラーメンのチェーン店です。ただね、チェーン店とはいっても、ありがちな「博多の名をかたる」チェーン店ではなく、ちゃんと博多にも店舗は構えているようです。

続きを読む

ラーメン二郎 松戸駅前店@松戸5

ぶた入りラーメン

ぶた入りラーメン(¥700)

 折角中山まで行ったのだから、この機会に千葉方面の二郎を開拓したいと思い、mixiの二郎コミュで中山競馬場から最寄りの二郎を聞いたところ、こちらを紹介されました。
 松戸は中山競馬場から30分程度で着いてしまうので、有馬記念が終わってから直接行ってしまうと1時間以上時間が空いてしまいます。そこで、ダイワメジャーの引退式を見てから行ったら、今度は逆に開店時間に間に合わず。結局、着いた時点では10人弱ほどの列になっていました。並んでいると、ちらほらと今日のレーシングプログラムを持っている人を見かけました。私と同じことを考えている人って、結構いるんだな。
 しかし、流石クリスマス・イブイブですね。二郎にもかかわらず、並んでるのがほとんどカップル。いいのか、彼女たち。ディナーが二郎で!まあ、イブはイブでそれなりのお店に行くのかもしれませんが。

 ここは1ロット5人前のペースで作っており、私は列に並んでから着席、ラーメンにありつくまで約1時間。新代田に比べれば倍以上ですが、思ったよりも時間がかかりました。カップルが多かったからかもしれませんね。
 店主は、普通に道を歩いていたら間違いなく道を空けてしまいそうな感じの人ですが、気さくな方なのだそうです。
 そうそう、ここの特徴は、コールが前だということ。食券を出してしばらくすると、麺の茹で始めと同時にコールを聞いてきます。いわゆる事前コール制です。店内にコール一覧が掲示されているのですが、その中に「麺のかたさ」と「アブラ」がありました。通常、コールはラーメンを出す直前に聞いてくるものなので、「コールの時点で聞いても手遅れなんじゃないかなあ」と思っていたのですが、なるほど、こういうことでしたか。

続きを読む

スリーエイト@船橋法典1

醤油ラーメン

醤油ラーメン(¥650)

 本日は、中山競馬場にて有馬記念が開催されました。出資馬の一頭、ドリームパスポートが有馬記念に出走していたので、まあ、行かないわけにはいきません。
 ドリームパスポート自体は、前が壁になり、接触するというアクシデントの結果、6着で終わってしまいました。タイムのみで見れば明らかにトップであったので、大変残念です。まあ、骨折明け2戦目であれだけの成績が残せたのですから、良しとしましょう(詳しくはこちら)。
 そんなわけで、中山競馬場にいるわけですが、私が中山競馬場にいることは滅多にありません。そこで、これはラーメンを食べないわけにはいきません。
 レストラン、ファストフード店併せると、ラーメンを出すお店は5店舗あります。どこにしようかと迷ったのですが、結局、疲れていたので座りたい思い、目の前にあったレストランに入ることにしました。

 ここは中華料理店。なので、ラーメン以外にも様々なメニューがあります。しかしねえ・・・。もうびっくりしましたよ、接客が。店員よりも、客の方が動いてる店なんて、初めて見ました。あんなに店員がいるのに、客が来ても動かないし、食器が出っぱなしになっていても片付けない。

続きを読む
Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ