ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

東池袋大勝軒系

小上海@鶴見3

湖南ビーフン

湖南ビーフン(880円)


 鶴見駅から北へ少し行ったところにある、小上海@鶴見。
 この辺りまで行くと、人通りが少なくなりますが、美味しい飲食店は意外とこっちの方にあったりします。

 こちら、比較的新しいお店なのかな。内装も綺麗です。
 カウンター席とテーブル席が2つ。一人で回すには、ちょうどいい大きさでしょうか。
 新進気鋭の若い店主さんが頑張ってる感じかな。応援したくなります。
 
続きを読む

大勝彦@大森3

つけ麺[小](700円)

つけ麺[小](700円)


 東池袋大勝軒出身の店主が営むつけ麺店。

 ん?つけ麺?
 大勝軒だろう?もりそばじゃないの?
 と、疑問に思いつつ、入店。

 場所は、昔、青森軒があった場所。
 内装工事をしたらしく、厨房と客席の配置が真逆になってました。
 こっちの方が、確かにスペース的な余裕はあるのかな。

 厨房に立っているのはアルバイトさんかなあ。
 少なくとも、店主さんではないだろうなあ。続きを読む

神勝軒 下永谷店@下永谷3

つけ麺

つけ麺(750円)


 環状2号線沿い、ラーメン街道の中にあって、一際イルミネーションが目立つお店です。

 店名からわかるとおり、東池袋大勝軒系のお店で、『麺屋こうじグループ』の一軒です。
 夕方になると、二郎インスパイア系メニューを提供することでも人気のようです。

 駐車場は、お店を過ぎてすぐ左手。専用駐車場があります。

 お店は、ログハウス調というのでしょうか。アウトドア風の木を基調とした造りです。続きを読む

南池袋大勝軒@池袋4

もりそば

もりそば(¥700)


 東池袋大勝軒の二代目となった飯野敏彦さんが、二代目に就任する前に店長を務めていたお店。今は、別の方が店長をしているみたいですね、当たり前ですが。経営者等、詳しいことは、わかりません。
 去年、Y.Rくんとラーメン二郎 池袋東口店に行った際、その途中で見かけて以来、いつか行こうと思いつつ。結局、池袋に滅多に行かない人間なので、約一年越しとなってしまいました。
 それにしても、ここは凄いところですね。池袋二郎と南池袋大勝軒が数歩の距離にあるデンジャラスゾーン(^^;

続きを読む

大勝軒 環七野沢店@駒沢大学3

もりそば+大盛もりそば+大盛(¥850)

 先日、『つけ麺や 穣』へ行って以来、つけ麺探検隊の様になりそうな我々ですが、今回はつけ麺の本家東池袋大勝軒系の『大勝軒 環七野沢店』へ行ってきました。やっぱり、つけ麺を食べるにはこの系列のお店を食べておかなければね。ということで、わざわざタクシーを飛ばして行ってしまいました(^^;

 ここは、ここ数年のうちにできた東池袋系のお店とはだいぶ違います。おそらく、暖簾分け後に独自の改良をしたためだと思います。お店の歴史もそれなりに古いのでしょう。
 まず第一に、全然量がない。大盛で、他店の普通盛くらいです。麺は他店のものよりもツルツルシコシコしていて美味しいんですけれども。あまり「食べたぁ」という気にはなりません。
 また、つけダレもだいぶ違います。やや酸味が強く甘さは控えめ。イメージとしては、ほぼ冷やし中華のよう。もともと東池袋系大勝軒は、冷やし中華もベースとしているそうなので、そのようになることは不思議ではないのですが、ここの店舗はなんでも「お客さんから、甘すぎるといわれたから抑えたんだ」そうです。店員さんと話していたら、そういってました。酸味を強く感じたのは、甘さを控えたためのようです。

 そのあと、店員さんから「うちは味噌とカレーもやってるから、また来てね」といわれました。カレーってのは珍しいです。一度食べてみたい。

東京都世田谷区野沢4-9-18
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(環七沿い)
《11:00〜翌03:00[水曜定休]》

池袋 大勝軒 環七野沢つけ麺 / 駒沢大学駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ