ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

京都系

天下一品 横浜駅西口店@平沼橋3

こってりらーめん

こってりラーメン(730円)


 夏の間にオープンしていたらしい天下一品@横浜。
 関内にはありますが、横浜駅前にはありませんでしたからね。
 これで、横浜市内で2店舗目?

 場所は、横浜駅西口のラーメン激戦区。
 何でここにラーメン屋が集中するの?というレベルの場所です。続きを読む

新福菜館 伊勢佐木町店@伊勢佐木長者町4

中華そば

中華そば(700円)


 ちょうど一年前、京都駅前にある新福菜館本店で念願の朝ラーをした私。
 その直後に東京に支店ができると聞き、まさかと思っていたら、あっと言う間に横浜にも出来ちゃいました(゚Д゚)
 現在、東京、神奈川で展開しているお店はフランチャイズとのことですが、センター北店が閉店して以来の復活ですね。

 横浜は、伊勢佐木長者町。
 最近、伊勢佐木モール周辺は、ちょっとしたラーメン激戦区。面白いのは、半分以上のお店が本格派では無いってところですが(^◇^;)

 オープンしたのは、本格的でないラーメン店の居抜きの場所。
 入ると高い壁に囲まれていて、奥まで行かないと店内が見えない造り。
 カウンター席とテーブル席があり、半分くらいの席が埋まっておりました。続きを読む

ますたに 京都拉麺小路店@京都3

ラーメン650円

ラーメン650円


 京都拉麺小路で最も列が長かったお店がこちら。
 地元京都からの出店、銀閣寺そばに本店を構える『ますたに』です。

 京都拉麺小路、アイドルタイムということで、他のお店は実のところ列どころか客の入りも半分くらい。
 フロアにはお客さんはそれなりにいたので、人気がないということはないと思うので、まあ、ある意味適切な箱と適切なお客さんの量なのかな、と。
 それにしても、ここだけお客さんが多いのは、観光客が多いってことなんでしょうね。その大半は、中国人でしたが(笑)

 ますたにと言えば、京都の中でもいわゆるこってり系の代名詞。背脂チャッチャ系であります。
 京都へ来たら、是非食べてみたいとは思っていたのですが、本店まではなかなか行けず。
 結局、こちらで食べることとしました。続きを読む

本家第一旭 本店@京都4

ラーメン700円ネギ増し

ラーメン700円


 京都ラーメンを代表するお店の一つ。
 私が初めて食べた京都ラーメンでもあります。

 学部生時代、高校の時の友人と二人、京都まで青春18切符を使って旅行したときのこと。
 時きしくも秋。紅葉シーズンの京都で飛び込みで宿が取れるはずもなく、途方に暮れていたところ、最後、ここがダメだったら野宿だと意を決して入った京都タワーホテルで運良くキャンセルに遭遇。ベッドで眠ることができました。
 宿が取れず右往左往していたせいで夕飯を食いっぱぐれた我々が、ホテルのフロントで聞いた、オススメのお店がこちらでした。
 その日は、阪神の八木の引退試合の日。
 店内は、虎の格好をしたおじさん達でごった返していました。
 そんな中、ネギ増しでいただいたのが、とても印象に残っています。
 その後、何度も京都は訪れていますが、何故かここへ来る機会が無く。

 さて、現代に戻って。
 タイミングか、待ち客無し。というか、店内半分くらいの入り。
 ちょいとびっくりするくらいのぞんざいな接客が特徴的。ちょうど私の友人がニアミスで3人ここを訪れたのですが、全員同じ印象でした。たまたまこの日の店員さんが悪かったのかは不明。

 すぐ隣の『新福菜館 本店』の出身で、伝統的京都ラーメンを継承しています。
 神戸ラーメンの『第一旭』はこちらの暖簾分けであり、現在の神戸ラーメンのルーツはこのお店にあります。続きを読む

新福菜館 本店@京都4

中華そば650円

中華そば650円
ヤキメシ500円


 1938年屋台で創業、1947年に店舗を構えた、元祖京都ラーメンのお店。

 醤油ベースで九条ネギがどっさり乗ったビジュアルのこの京都ラーメンは、このお店が発祥であり、京都でラーメンを語るには外すことのできない名店です。
 全国にこのお店の暖簾分けや弟子筋のお店は沢山ありますが、正直なところ大好きな系統であります。
 その昔、ラー博にも入っていて、その後にオープンした港北のお店には一度お邪魔したことがあります。

 朝から営業していることでも有名で、朝から行列ができます。
 この日は朝とまではいきませんが、ブランチくらいの時間で入りました。
 勿論、行列はありましたが、10人くらいだったかなあ。

 客層は、私と同じように観光客もいれば、ビールを飲みながら炒飯を食べている常連さんもいる、そんな感じ。
 そういえば、グループ会社で仕事で一緒になる偉い方、ここが好きなんだそう。京都へ行くと言ったら強くオススメされました。続きを読む

来来亭 戸塚原宿店@善行4

ラーメンネギ多め620円

ラーメンネギ多め620円


 ここ数年、首都圏で店舗数を延ばし続ける京都ラーメンのチェーン店が、年末頃に国道1号線原宿交差点付近にオープン。
 オープン当初は物凄い行列ができていて、あの行列に並んでまで食べなくていいやと敬遠していましたが、落ち着いたようなので入ってみました。

 店内は、京都ラーメンのチェーン店によくあるカウンター席とボックス席の組み合わせで、家族連れもたくさん入っていました。
 若干ピーク時を外してこの入りようだから、食事時はやはり列ができるかな。続きを読む

魁力屋 都岡店@鶴ヶ峰4

特製醤油ラーメン(702円)

特製醤油ラーメン(702円)


 ここ数年、首都圏でも勢力を伸ばしている京都ラーメンのお店。
 横浜市内にも数軒あるが、今日は会社の近くのこちらの店舗に来てみました。

 聞いたことがあるお店だなあとは思っていたのですが、ここ、3年前に京都在住のラーメン好きの先輩に連れて行ってもらったお店じゃないかなあ。

 店内は、カウンター席半分、ボックスのソファ席半分。
 個人客もグループ客も、それなりの数います。続きを読む

末廣ラーメン本舗 高田馬場店@高田馬場4

中華そば[並]

中華そば[並](¥680)

【2009年1月16日オープン】

 本店は秋田にあるのですが、初代が京都の『新福菜館』で修行した方なんだそうで、秋田なのに京都ラーメンを出す、なかなか変わり種のお店。
 なんでも、2年ほど前まで大久保に出店していたそうなのですが、1年と経たずに閉店してしまったのだそう。それが、高田馬場に復活ということで、にわかに話題を呼んでいるようです。

 お店は、高田馬場駅と西早稲田駅のちょうど中間くらいかなあ。お店の正面部分が全面暖簾で覆われていて、入口がどこかわかりません(^^; しかも、扉が重くてなかなか開かないし。やってないのかと思っちゃったよ。お店の前まで来て帰って行く人も何人もいるみたいで。
 なお、一応24時間営業の年中無休だそうなのですが、定期的に休憩時間をとっているようですので、食べに行く際は注意が必要です。

続きを読む

京都銀閣寺 ますたにラーメン 日本橋本店@日本橋4

ラーメン

ラーメン(¥700)
ライス(サービス)


 京都で60年続く老舗『銀閣寺 ますたに』の暖簾分けのお店だそうで、こちらでは15年くらいになるそうです。
 この日はね、かなり調子に乗っちゃって。実は、1時間と空けずに3連食なんかしちゃって、ここはその3食めなんですよ。なのでね、もちろん、そんなに印象なんざ残っちゃいないんです。バカです、私。

 店内は、凄い数のスタッフ。完全に分業ができている感じで、素早く客を捌いて数をこなすタイプのお店みたいですね。ただ、お客さんはかなりの割合で常連客っぽく、数をこなすからといって、手抜きラーメンというわけではないことがわかります。
 そうそう、店内に「御徒町店とは関係がない」との張り紙がそこかしこにあったんですが、どういうことなんでしょう?噂によると、かなり険悪な仲らしいですが。まあ、私には関係ないので、別にどうでも良いと言えば良いんですけども。


続きを読む

第二旭@曙橋3

上ラーメン

上ラーメン(¥520)


 東京一面白い?お店として、一部で有名なこちら。何が面白いって、それは店主の人柄です。
 名前からわかる通り、京都の名店『第一旭』出身のお店。東京では珍しい、チェーン店ではない京都ラーメンのお店です。

続きを読む

新福菜館 モザイクモール港北店@センター北4

新福菜館ラーメン@新福菜館モザイクモール港北店新福菜館ラーメン(¥700)

 以前、京都で『第一旭』を食べたときから気になっていたお店、新福菜館(新福菜館本館は第一旭の隣)。Manaさんから「センター北に支店があるよ」と聞いてから、ずっと行きたかったのですが、行けず仕舞いで一年。しかしこの度ついに行くことができました。

 なんでも、ここの本店は京都で最も歴史のあるラーメン屋さんらしいです。ということは、京都ラーメン特有の醤油スープや薄切りのチャーシューはここが起源なのかな。スープは豚骨と鶏ガラベースで、かなりガツンと来る濃厚な醤油味。麺は独特の中太ストレート麺。スタンダードラーメンにはちょっと多めの薄切りチャーシュー。シャキシャキする味わいの九条ネギ。なかなか美味しかったです。
 ただ、私は『本家第一旭たかばし本店』の方が好きですね。麺はかなり伸び気味だったし・・・。本館で一度食べてみたいな。

神奈川県横浜市都筑区中川中央1-31-1
横浜市営地下鉄 センター北駅下車 徒歩5分(モザイクモール港北)
《11:00〜22:30[年中無休]》

新福菜館 モザイクモール港北店ラーメン / センター北駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4

Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ