ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

生碼麺

玉泉亭 横浜ポルタ店@横浜4

玉泉亭横浜ポルタ店@横浜

サンマーメン(650円)


 どうも、3年半ぶりの玉泉亭@横浜。そんなに行ってなかったかなあ。

 横浜駅で気軽に食べられる中華という印象のお店です。
 小さなお店ですが、おじさんから家族連れまで色々なお客さんが引っ切りなしに入っていきます。

 そういえば、本店にはもう随分行っていないけれど、相変わらずなんだろうか。
 
続きを読む

福盛楼@元町・中華街3

福盛楼

サンマーメン(500円)


 最近、ランパスを利用することが多くなってしまって、徒歩圏のお店はだいぶ制覇してきました。
 初めてのお店はだいぶなくなってきました。

 ということで、16か月ぶりの福盛楼@横浜中華街。
 市場通りにある、福満園の姉妹店です。でも、箸袋には福満園別館の名前しかないですね。もしかしたら、本館と別館は経営が違うとかなのかなあ。

 今週になって、更に観光客が増えてきました。こちらでは、私以外は全員観光客でした。
 
続きを読む

龍興飯店@元町・中華街3

横浜サンマーメン

横浜サンマーメン(500円)


 横浜中華街は香港路にある広東料理のお店、龍興飯店。
 久しぶりにやって参りました。

 選んだ理由は、正直に言うと安いから。それだけであります。
 今月は、お財布がちょっと厳しいんです。
 
続きを読む

古久家 石川店@湘南台3

サンマーメン

サンマーメン
チャーハン
餃子


 藤沢市を中心に展開するローカル中華料理チェーン店、古久家。その石川店へやってきました。駅だと湘南台かな。

 この辺りに住んでいれば絶対に一度は見掛けたことがあるであろう、目立つ場所に建っています。
 場所としては、イトーヨーカドーのすぐそば。斜向かいくらいにあります。

 安定した味と、子連れでも入れる気軽さから選択しましたが、やはり家族連れは多かったですね。
 お昼オンタイムではなかったのですが、少しの間待ちました。
 
続きを読む

萬来亭@元町・中華街3

生馬麺ランチ

生馬麺ランチ(650円)


 萬来亭@横浜中華街。
 製麺所が経営する上海料理店。製麺所はお店の向かい側にあります。
 一見さんにも売ってくれるので、一度買って帰ってみようかなあ。

 お店は、一見すると歴史を感じる中華料理店ですが、ご飯時になると外まで行列ができることがあります。
 今回は、列は出来ていませんでしたが、店内は満席でした。
 
続きを読む

押山@田沼4

ラーメン

ラーメン(600円)
餃子(400円)


 毎年恒例の佐野ラーメン食べ歩きツアー。
 大学院時代の友人達と、いつもの如く、佐野へやって参りました。

 今回は、早めに出たのにどういうわけかそこかしこで渋滞に遭い、佐野に着いたのは13時半。疲れた…。

 一軒家は、手打ちラーメン押山。
 佐野ラーメンの名店、田村屋出身のお店です。

 理由は思い出せないのですが、私の行きたい店リストに載っかっていました。
 たぶん、ラーメン仲間の誰かが行ったのか、テレビに出ていたのか。テレビと言えば、SKE48の女の子が佐野ラーメンのPR番組に出てましたね。彼方此方のお店でポスターを見掛けました。

 こちらはつい最近、移転したんだそう。綺麗なお店でした。
 テーブル席とカウンター席の他、小上がりもありました。小上がりからは、麺を打つところが見えるので、子供連れにオススメです。
 
続きを読む

龍門 本店@元町・中華街3

サンマーメン

サンマーメン(540円)


 龍門本店@横浜中華街。
 市場通りにあるお店で、私は7年ぶりくらいかな。

 2階建てで、今回は2階に通されました。
 客入りはそこそこ。安さで勝負のお店ですが、この辺りは競合店が多い中、いいですね。
 
続きを読む

福満園 マークイズみなとみらい店@みなとみらい4

サンマーメンGセット

サンマーメンGセット


 またしても、福満園@みなとみらいにて、フードコートランチ。

 今までにないほどの列。ちょっと、お昼休み中に間に合わないかと思ったほど(^0^;)
 結果としては、なんとか走れば間に合う時間に出られましたが(≧∀≦)続きを読む

大豊@辻堂3

サンマーメン

サンマーメン(530円)


 湘南新道は、のぞみ幼稚園前バス停目の前にある、老舗中華料理店『大豊』。

 L字のカウンターとテーブル席が一つ。ご夫婦で営業されています。
 2年ぶりくらいかな。少年野球のトーナメント表が貼ってあるところとか、前と同じ。

 店内は、常連さんでいっぱい。この辺は2,3軒中華料理屋さんがありますが、いずれも常連さんでいっぱいですね。続きを読む

萬壽園@二俣川4

サンマーメン

サンマーメン(650円)


 二俣川でもメイン通りを外れた一角。
 住んでいる人以外、知らないと行かないような場所にあるお店です。

 店主さんは巨人ファンらしく、店内には所狭しと巨人の写真。
 横浜の地元でここまで熱狂的な巨人ファンかあ。

 お店を寄席にも提供しているのかな。落語家のサインもチラホラ。続きを読む

大阪王将 湘南台店@湘南台3

サンマーメン

サンマーメン(660円)
餃子(240円)


 夜食でいつもお世話になっていた大阪王将湘南台店。
 最近は、持ち帰りばかりでしたが、久々に店内で食べてみました。

 相変わらず、凄い混雑ですね。人気が伺えます。
 ちょっと、接客が雑なところがありますが、まあそれはこの価格帯のお店の宿命でしょうね。続きを読む

湘南菊花大飯店@湘南台4

サンマーメンセット

サンマーメンセット(850円)


 湘南台駅前にある、この辺りでは最も立派な中華料理店です。

 店内は結構広く、宴会スペースも持っているよう。
 この辺りはオフィス街ではありませんが、社用族なんかが使いそうな感じですね。

 中に入ってみると、若干訛った日本語の店員さん。
 時間も遅かったですが、立派な店内には客が私一人。まあ、立地かなあ。続きを読む

香蘭@二俣川4

サンマーメン大盛り(850円)

サンマーメン大盛り(850円)


 なんというか、6月に色々とあるので5月末だというのに期末感が漂う感じ。
 ということで、何となく忙しい今日この頃。

 今日もいつもどおり上司と二人飯(笑)続きを読む

香蘭@二俣川5

サンマーメン[大盛り]

サンマーメン[大盛り]


 さて、今年度初の香蘭。
 年度が変わっても、相変わらず家でご飯を食べることかなわず。
 定番の残業飯を、こちらで。続きを読む

香蘭@二俣川4

サンマーメン大盛り

サンマーメン大盛り


 さて、今日も恒例の残業飯。
 もう、何も語ることはない(笑)
 いつもどおりの繁盛ぶり。流石です。続きを読む

華満楼@北茅ヶ崎3

サンマーメン

サンマーメン


 イオン茅ヶ崎中央店のフードコートに入っている中華料理店。
 短期間で入れ替わっている印象ですが、看板の掛け替えとかではないみたいです。
 以前は桜木町の『阿里山』の系列店が入っていましたが、今はどうなんだろう。

 店員さんは大陸系。調理も大陸系の方で、結構本格的に作っているように見えますが、どうでしょう。続きを読む

餃子の王将 藤沢駅前店@藤沢3

サンマーメン550円+餃子259円

サンマーメン550円
餃子259円


 藤沢駅北口を出てすぐの所にある、餃子の王将。
 私の自宅から最も近い王将かな。何度も目の前は通っていたのですが、入ったのは実は初めてです。

 時刻は既にラストオーダー。
 もう無理かなあと思ったのですが、中から店員さんが出てきて「まだ大丈夫ですよ、どうぞお入りください」と。
 これはね、もう入るしかないわけですよ(笑)

 1フロアはそれほど広くはありませんが、2階建てになっており、1階にはカウンター席が、2階にはテーブル席があります。
 私は2階に座りました。
 なんていうかね、2階フロアの店員さんは、新人だったのかなあ。これから頑張って。続きを読む

龍味@横浜3

サンマーメン

サンマーメン(450円)


 横浜駅地下街ザ・ダイヤモンドの奥、東洋ビルの地下にある飲食店街の一軒。

 こちらのお店は、私が学生時代から安くて有名なお店でした。
 それにしても、この飲食店街はリーズナブルなお店が多いですね。

 店内は、カウンター席とテーブル席が半々。
 ただ、ほとんどが一人客なので、テーブル席もほぼ相席状態です。続きを読む

玉泉亭 横浜ポルタ店@横浜4

サンマーメン

サンマーメン(650円)


 横浜駅地下街のポルタに入っている老舗中華料理店。
 ちょっと期間が空いた間に、ダイヤモンドの店舗は閉店してしまいました。
 結構混んでたのにね。残念です。

 こちらは、相変わらずマイペースな営業をしています。続きを読む

香蘭@二俣川4

サンマーメン

サンマーメン(680円)


 残業飯を求めて社食へ行ったところ、定食がまさかの19時前に売り切れるという事件が発生。
 そこで、いつものこちらへ流れた次第。

 旨い店が近くにあるというのは、本当にいいですね!続きを読む

大阪王将 湘南台駅前店@湘南台3

トリスハイボール

トリスハイボール(290円)


 随分とご無沙汰してしまった大阪王将。
 今日は、仕事で大きな案件が上手いこと行ったので、その打ち上げ気分で餃子パーティー。
 もっといいとこ行けって?だってお金がないんだもの(笑)


 まずは乾杯。
 ビールでなくてハイボールなのは、予算の都合(T_T)
 このハイボールがまた薄かった。続きを読む

中国屋台料理 大龍@横浜3

サンマーメン

サンマーメン(780円)


 相鉄ジョイナスのレストラン街に比較的昔からある、中華料理店。

 中国人の店員さんに迎えられ、極端な場末感はないものの、親しみやすい感じのお店です。

 テーブル席中心ですが、カウンター席もあります。続きを読む

玉泉亭 ダイヤモンド店@横浜4

サンマーメン大盛り

サンマーメン大盛り(750円)
ワンタンメン大盛り(850円)


 サンマーメン発祥の店と言われる玉泉亭のダイヤモンド店。
 私はいつも、同じく横浜駅地下街にある横浜ポルタ店へ行くことが多いのですが、今回は、銀行のついでだったので、こちらへ。

 店舗の広さとしては、狭い方だと思います。昼食時なんかはすぐに満席になってしまいます。
 今回は、銀行が長引いてしまったので、若干ランチタイムから外れていたので空席はあったものの、常に客足は絶えませんでした。続きを読む

上海菜館@二俣川4

サンマーメン

サンマーメン(700円)


 二俣川にある、本格的な上海料理のお店。二俣川と言えど、横浜。中華料理店のレベルが高いです。

 一見、場末の中華料理店であり、商店街からちょっと離れたところにありますが、コンスタントにお客さんが入っているのは、流石。
 私は残業明けの夜食のつもりで入りましたが、麺だけで出るのは勿体ない気がします。

 しかし、まあ接客は中華街レベルかなあ。続きを読む

玉泉亭 横浜ポルタ店@横浜4

サンマーメン

サンマーメン(650円)


 横浜駅前で本格的なサンマーメンを食べるとしたら、ここでしょう。
 サンマーメン発祥のお店の一つとして有名な玉泉亭。まあ、サンマーメンは本店とはちょっと味わいが違うんですけれども。大手チェーンと違って、それぞれのお店で作ってますからね。

 東横線との直通運転の影響かな。閉店時間直前なのに、どのお店もお客さんでいっぱい。こちらもほぼ満席状態でした。

 それにしても、ここは来るたびに印象が良くなります。ホスピタリティ云々ではありませんが、気が利いているというか。続きを読む

玉泉亭 横浜ポルタ店@横浜5

サンマーメンサンマーメン(¥580)

 大正7年創業の中華料理の店です。本店は、元々横浜中華街にありましたが、今は伊勢佐木町にあります。
 今回食べたサンマーメン、横浜中華街発祥の郷土料理ですが、実は、ここ『玉泉亭』が発祥の店だといわれています(或いは、聘珍樓という説もあります)。つまりは、ここが本場のお店ということになります。
 そういうこともあって、ここのお店でのオススメは、もちろんサンマーメン。あとは、チャーシューメンもオススメです。

 ここのサンマーメンは、もやし中心に白菜や人参などの野菜のあんかけタイプです。あんかけが独特の甘さをスープに与えています。
 スープ自体も、通常の醤油スープではなく、やや甘めの味付けです。この味付けは、どのお店でサンマーメンを食べても同じなので、これがサンマーメンなのでしょう。
 流石に、発祥のお店というだけあって、シンプルなのに、他店のサンマーメンよりも旨かったです。

神奈川県横浜市西区高島2-16
京急本線ほか 横浜駅下車 徒歩5分(横浜ポルタ内)
《11:00〜22:00(LO.21:30)[年中無休]》

玉泉亭 横浜ポルタ店中華料理 / 横浜駅新高島駅高島町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4

崎陽軒中華食堂@横浜4

生碼麺生碼麺(¥910)

 今日は、彼女が「生碼麺」を見たことがないというので、横浜で生碼麺を食べることにしました。
 行ったお店は、崎陽軒本店の隣にある、若干廉価で中華を出している『崎陽軒中華食堂』というところ。

 この生碼麺、お店によってかなり違います。「中華丼の具を醤油ラーメンの上にのっけたもの」や「モヤシ炒めのあんかけをのっけたもの」などが一般的です。どちらかというと中華丼タイプ或いはそれにモヤシを加えたものが多いかな。
 今回の行った伊東の『崎陽軒中華食堂』はもやし炒めタイプ。中華街付近のお店はこちらの方が多いようです。
 よく、五目ソバやタンメンとどう違うの?といわれますが、タンメンとは(1)醤油味か塩味か,(2)あんかけか否かという点で違い、五目ソバとは(1)あんかけのあんの量(サンマーメンはあんがかなり多い),(2)味付けが甘いかしょっぱいかということでしょうか。

 このサンマーメン、漢字で書くと『生碼麺』となります。或いは生馬麺や三馬麺と書く場合もありますが、生碼麺とするのが通説です。
 横浜中華街発祥の郷土料理なのだそうで、神奈川県、特に東部では大抵の中華料理店で食べられますが、県外ではほとんど見られません。
 野菜の甘みが強く、全体的に甘めの味付けです。甘いと言っても砂糖を入れたような感じではなく、野菜やあんかけの甘さです。
 野菜が不足してきたと思ったら、是非一度お試しください。

神奈川県横浜市西区高島2-16
京急本線ほか 横浜駅下車 徒歩5分(横浜ポルタ内)
《11:00〜23:00[年中無休]》

崎陽軒 中華食堂中華料理 / 横浜駅新高島駅高島町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2

昼総合点★★★☆☆ 3.2

中華料理 百番@駒沢大学4

サンマーメン@百番サンマーメン(¥650)

 自由通りを弦巻方面へ入ってすぐの路地裏にあるお店。ちょっと見つけにくいです。以前に大学院の友人と入ったことがあり、そのときはチャーハンを食べたのですが、なかなか美味しかったので今度は麺類を食べてみることにしました。
 サンマーメンを注文したのですが・・・これってただのもやしそばじゃありません?とろみもないし。サンマーメンはというと、横浜中華街発祥の神奈川の郷土料理なのですが、世田谷でも時々見かけることがあります。しかし・・・こういうサンマーメンは初めてだなあ。まあ、美味しかったしいいか。もやし炒めの香ばしさと豚肉の旨味が醤油スープと融合して、とても美味しかったです。ラーメン専門店では出せない、中華料理店の味。いいなあ。
 今度からこっちに来ようかなあ。ただ、ちょっと高いですね。ベーシックなラーメンが400円なのに対して250円も高い理由が分かりません。まあ、美味しかったしいいか(笑)

東京都世田谷区駒沢2-2-2
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩5分(駒沢大学駅前交差点付近)
《−[−]》

百番中華料理 / 駒沢大学駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

古久家 本店@藤沢4

サンマーメン@古久家本店サンマーメン(¥580)

 はい、バカです。先ほどのお店のラーメンが、あまり量が多くなかった(替え玉しなかった)ということと、次回いつ藤沢に来るのかわからないということで、もう1杯食べてしまいました。こういうことやるときって、必ず2杯目を見た瞬間に「そんなに食えねえよ!」って後悔するんですよね(^^;

 古久家、以前から名前は知っていましたが、入るのは初めて。なんだかとてもわかりづらいところにあります。このお店は、打って変わって昔ながらの普通の中華料理屋さんです。食べたのはサンマーメン。サンマーメンは横浜中華街発祥の汁そばで、全国的にはあまり知られていないみたいですね。神奈川県民は普段普通に食べてますが。サンマーメンのことは、以前、本館でこのことを特集したのでここでは割愛することにします。
 ここのスープは、昔ながらの醤油スープに若干酸味を帯びているという感じです。それはそれで美味しいのでしょうが、サンマーメンにすると、あんかけの甘みがそのスープと混ざり、酸味と甘みが混在するという、なかなか複雑な味わいになります。
 最近のラーメンに比べると極シンプルなものですが、私はこういうラーメン嫌いじゃないです。

神奈川県藤沢市南藤沢2-1
JR東海道線 藤沢駅下車 徒歩5分(ダイヤモンドビルB1F)
《11:00〜19:30[不定休]》

古久家 藤沢店ラーメン / 藤沢駅石上駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ