ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

神奈川県【県西】

飯田商店@湯河原(冬ほたる in 万葉)5

チャーシューワンタン麺

チャーシューワンタン麺(1,000円)

【イベント限定メニュー】

 飯田商店の将太さんが、この「冬ほたる in 万葉」のイベント限定で、小田原系ラーメンを出しているのです!
 ええ、これはもう、行かなければなりませんよね?

 19時30分から30食限定で、20時には売り切れ。流石の人気です。定刻どおり到着できてよかったー。
 待っている間に、厨房から私が見えたようで「みやっちー!」と元気に将太さん(笑)
 予定数を作り終えて、厨房から出てきて、ほとんどのテーブルに挨拶して回ってました。常連さんがたくさん食べに来ていたよう。将太さんの人徳ですね。続きを読む

ガキ大将ラーメン 湯河原店@湯河原(飯田商店大忘年会)5


 さて、飯田商店大忘年会2次会。
 温泉にゆっくり浸かりすぎた私は、15分ほど遅刻して参戦。
 会場は、いつもどおりこちら。『ガキ大将ラーメン 湯河原店@湯河原』。
 ガキ大将ラーメンは、神奈川県を中心に展開するラーメンのフランチャイズチェーン店。そして、この湯河原店は、将太さんが経営するもう一つのお店です。
続きを読む

飯田商店大忘年会1.5次会

タオルセット

 飯田商店大忘年会の2次会までの間、他の皆さんは日帰り湯へ向かっていました。
 一方私は、1次会最後の客になってしまったので、日帰り湯からの迎えのバスに間に合わず。
 致し方なく、近所で日帰り湯をやっているところを検索。ここが見つかりました。「ホテル城山」さん。

 内湯と露天風呂があり、まあ、それほど大きいわけではないのですが、価格的にもやや休めの設定なのかなと思いますし、駅前ですから、ぷらっと寄るにはいいのかな、と。

 ふう、温まったなあ。さっぱりした。さて、これから忘年会の本番。

飯田商店@湯河原(飯田商店大忘年会)5

貝出汁と海苔の味噌らぁ麺

貝出汁と海苔の味噌らぁ麺(850円)


 毎年恒例の「飯田商店大忘年会」。有り難いことに、3年連続3回目の参加。リルさん、いつもお誘いいただき、ありがとうございます。

 今年も例年どおり、第1部は「飯田商店」で限定ラーメンをいただき、第2部は「ガキ大将ラーメン 湯河原店」で大忘年会という流れ。そして、私も例年どおり、第1部ギリギリの時刻で到着(笑)続きを読む

三代目味の大西@井細田4

チャーシューワンタンメン

チャーシューワンタンメン(950円)

【2012年7月6日新規オープン】

 小田原系正統、味の大西十年以上ぶりの新店。大井店の店主だった女将さんが引退し、同店は閉店。こちらは、その息子さんが代を継ぎ、移転オープンしたもの。ただ、厨房には時間によって先代の女将さんも立っています。
 カウンター席のみで、駐車場は店舗前3台分です。続きを読む

酒風呂@松田4

チャーシューワンタンメン

チャーシューワンタンメン(1,050円)

【2012年6月28日新規オープン】

 神奈川県の地ラーメン、小田原系待望の新店。酒風呂という居酒屋さんの店舗で、昼のみの営業です。
 姉妹店の豚骨ラーメン店が目の前にあり、駐車場はそちらを使えるとか。続きを読む

蔵一@強羅4

醤油らーめん


醤油らーめん(730円)


 西湘ラーメンツアー、4軒目。
 さすがに4軒連続で食べ続ける胃袋は、私は持ち合わせていないので、こちらは辞退。私は座ってるだけで。
 相変わらず話し好きの店主さん。女将さんも交えて、喜多方のラーメンについてのお話を。色々と教えていただきました。
 お店の方は現在、土日のみ2代目の息子さんが修行をかねて切り盛りしているんだとか。こういう美味しくて家族で入りやすいお店が続いていってくれると、とても嬉しいです。続きを読む

菊壱@強羅4

担々麺4番


担々麺4番(750円)


 西湘ラーメンツアー、2軒目は横に逸れましたが軌道修正して3軒目。
 今回のツアーの発端となりました、『四川』出身の店主のお店。
 場所は、仙石原の辺りです。車以外では厳しい立地です。もちろん駐車場があり、店の前と近くのセブンイレブンの向かい側の2箇所に用意されています。
 四川系なので、あまり家族でということはないかも知れませんが、テーブル席中心で子供連れでもOK。お店がお洒落なので、デートの方が向いてるかな。続きを読む

国味@湯河原4

チャーシューワンタンメン


チャーシューワンタンメン(980円)


 西湘ラーメンツアー、二軒目はこちら。何となくな流れでこっちへ来ちゃいましたが、連食なのに小田原系入れちゃって大丈夫(^_^;
 2軒目は、飯田商店で会ったごっちさんが参加。

 こちらは『味の大西』出身の小田原系のお店。地元で愛されるお店であり、食事時はかなりある席がすべて埋まります。
 しかしなあ。店員さん達の掛け合いが面白いなあ。こういう風景って、小田原系の恒例行事なんですかね。おやじさん怒鳴りっぱなしで店員さん無視しっぱなしw続きを読む

飯田商店@湯河原4

醤油香りつけ麺


醤油香りつけ麺(800円)


 本日は、ツイッター発のラーメンツアー。
 ツイッターでラーメン官僚さんと『四川』のルーツについて話していたら、西湘の方へ行こうということになりまして。

 今回のツアー参加者は、次のとおり。
 <神奈川組>
 【JINのらーめんとかも】のジンさん
 【湘南ラーメン食べ歩記】のごっちさん(2軒目のみ)
 【twitter】から、なのさん、リルさん
 <東京組>
 【かずあっきぃのラーメン食べ歩記】のラーメン官僚ことかずあっきぃさん
 【ラーメン交流記】のぐるなびラーメン麺集長さん
 【ラーメンマンの食べ歩き】の石山勇人さん

 石山さんは、お初でした。最新ラーメンの本、いつも買って読んでます。

 ツアー一軒目は、こちら。ここで東京組の3人と待ち合わせとなりました。
 お店の大将である将太さんとは2回目となりましたが、実は飯田商店はこれがお初。念願の一杯となりました。続きを読む

ガキ大将ラーメン 湯河原店@湯河原4

ガッツリ漢麺


ガッツリ漢麺(880円)


 あれ?呑み会は分かったけど、ラーメンの話は?という方。
 食べましたよー、凄いヤツ。「ガッツリ漢麺」。二郎系メニューです。続きを読む

湘南麺友会番外編

餃子とモツ


 湯河原の『ガキ大将ラーメン』というところまで一杯呑みに行ってきました。
 どんな人と呑んだかというと、湘南地区のラーメン仲間の集まりで『湘南麺友会』というのがあり、そのメンバー4人(ごっちさん、ジンさん、なのさん、リルさん)の他、ラーメン官僚としてテレビに出演されているかずあっきぃさんや、ぐるなびラーメンの麺集長さん、飯田商店とガキ大将湯河原店の店主の飯田さんといったメンバー。
 いやあ、ラーメン官僚さん、テレビと全然印象違うわあ。
 ぐるなびラーメン、実は私使ってますよ!
 飯田商店、食べたかった。今度は家族で営業時間内に来ます。

 横浜から往復約2,500円、2時間半の旅をしても、行って価値あるだけの楽しい呑み会でした。ちょっとディープすぎて訳がわからないところもありましたけどね(^^;続きを読む

味の大西 湯河原本店@湯河原4

サンマーメン


サンマーメン(950円)


 ジンさんと行くラーメンツアー。最終目的地は、こちら。
 言わずと知れた、味の大西、というか小田原系発祥のお店。
 昔に比べるとだいぶ寂しくなってしまいましたが、それでも地元で愛されるお店。
 まあ、何というか、よく厨房で喧嘩を始めたり、注文をミスしたりしてますからね。一見さんはあまり付かなくなっちゃってるんでしょうね。続きを読む

味の大西 真鶴支店@真鶴4

チャーシューワンタンメン


チャーシューワンタンメン(1,300円)


 この日はジンさん一行と待ち合わせて、今日半日かけて西湘・沼津ラーメンツアー!
 その一軒目がこちら、「味の大西」の中でも人気の高い1軒、真鶴支店です。実は、私が食べた事がなかった最後の味の大西。
 場所はね、ホントわざわざこのお店に来るつもりがなければまず訪れないであろうような場所。通りすがりって事はないですね。

 私が1時間ばかり遅刻したにもかかわらず、開店時間前に到着してしまうというアクシデントが発生。しかし、お店を通り過ぎた我々と目があった店主さんが、時間前に暖簾を出してくれました!続きを読む

蔵一@強羅5

塩らーめん


塩らーめん(730円)


 箱根で家族でラーメンといえばここがオススメ。うちの場合、奥さんが喜多方ラーメン好きなので、なおのこと。
 全席テーブル席で、奥には座敷があります。また、子供にも配慮してくれて、このときは上のお姉ちゃんが寝てしまっていたのですが、毛布を貸してくれました。
 大きな駐車場完備で、お店の外にトイレがあり、お土産物やさんなども併設されているので、ラーメンを食べなくても寄れる造りになっています。
 しかし、やはり食べて欲しいラーメン。まこと食堂姉妹店ですからね。旨いんです、これが。続きを読む

山竹 栢山店@栢山4

醤油ラーメン


醤油ラーメン(600円)


 この日は一日出張。会社には戻れないので、出先で昼食。
 出張先の方オススメのこちら。仕事の合間に食べてきました。続きを読む

山小屋 小田原ダイナシティ店@鴨宮3

塩とんこつラーメン


塩とんこつラーメン(¥650)
山小屋ラーメン(¥680)
ラー麦麺替え玉(¥150)
細麺替え玉(¥100)


 家族で「ロビンソン 小田原店」のセールに行った時のこと、予定よりも時間が遅くなってしまったので、昼食を食べてから帰ることにしました。
 というと、私的には行きたいお店がたくさんあるのですが、子供連れでお初のお店へ行く勇気はなかなか沸きません。ということで、行ったお店はチェーン店のこちら。

続きを読む

ラーメンショップ 鴨宮店@鴨宮4

ラーメン


ラーメン(¥500)


 小田原で朝ラー出来るお店。それは、ここしかないでしょう。『ラーメンショップ 鴨宮店』です。
 いやね、以前、朝方こちらを通りがかったときは、臨休で食べられませんで。今度朝方通りかかったら、入ってみようと思っていたんです。

 椿食堂系のラーメンショップで、神奈川県中西部のラーメンショップでは、最も評価の高いお店の一つです。
 椿食堂系お馴染みの、金曜サービスも健在で、ラーメンは300円、その他も100円引きになります。

 店内は、カウンター席の他、小上がりにテーブルが二つ。家族でも入りやすそうです。
 駐車場は、店舗斜め向かいに専用駐車場があります。トラックでも駐まれます。

続きを読む

山小屋 小田原ダイナシティ店@鴨宮4

山小屋ラーメン


山小屋ラーメン(¥680)
替え玉(¥100)


 買い物でダイナシティへ行った際、昼抜きだったので、一人抜け出して行ったのがこちら。
 筑豊ラーメンのお店で、かなり大規模にチェーン展開しているワイエスフードの業態の一つです。『ばさらか』なども、こちらの業態になります。
 九州ラーメンだということを全面に出していて、明太子の文字などが、メニューに踊ります。

 こちらの店舗は、ダイナシティのEASTとWESTの中間くらいにあり、どちらからも少しあります。建物の中にあるのではなく、単独で、トレーラーハウスのような形になっています。
 席は、全席テーブル。まあ、来るのは買い物客ですからね。駐車場は、ダイナシティのものが使えます。

続きを読む

札幌 めんたつ@二宮4

合わせ味噌らーめん


合わせ味噌らーめん(¥700)

【9月15日移転オープン】

 ナリキヨさんと行く、小田原ラーメンでーと。ええ、本当は、『四川』で終わる予定だったんですよ。ところがね、帰路の最中、目に飛び込んで来ちゃったんですね。ええ。花輪が。
 ここは、先日、ナリキヨさんとジンさんの3人で小田原へ行った際に通った時には、まだ「跡地」の状態だったんですよ。ところがね、あっと言う間にラーメン店がオープンしてました。
 もうね、ここはね、「行っちゃいますかw」と入っちゃいましたね。お酒も入ってないのに、悪ノリしちゃってますw

 お店は、ラーメン甲子園云々と書いてあったので、もしかしたらと思ったら、ええ、その通りでした。先頃までセンター北駅にあった『ラーメン甲子園』に入っていたお店だそうです。テーマパーク閉鎖で、こちらに移転してきたってことなのでしょうか。それにしても、なんでここなんだろう。外装が結構派手なので、どこかの資本系かと思ったのですが、厨房では結構本格的に調理していたので、違うみたいですね。
 あっと言う間にできていたので、何時オープンなのかと思ったら、「今日オープンです」って。へえ、オープン初日に偶然通りかかるなんて、凄いね。
 お店の内装は、ほぼ居抜きみたいです。ってか、完全に居抜きなのかな。カウンター、テーブル半々ですね。駐車場も、かなりの台数分あります。まあ、この辺りは駅からも遠いし、人家も稀ですからね。車でないと、まず来られないですよね。

続きを読む

四川@上大井

特製タンタン麺


特製タンタン麺(¥800)


 ナリキヨさんと行く、小田原ラーメンでーと2軒目w
 ナリキヨさんは、昔から食べに行っているお店で、私はいつも一度行ってみたいと思っていたお店が、こちら。意外にも、私のホームである『むら田』のすぐそばにあったんですね。一本道が違うだけで、この道は一度も走ったことがなかったなあ。曽我の梅林の道です。
 かなり独特な担々麺を出すことで、地元では長いこと愛されているお店。この日も第一駐車場は満車。第二駐車場もほとんど埋まっていて、待ちの列は店内の待合室を越えて、店外まで伸びていました。我々2人は、雨の中、店外で待つことに。
 こちら、なんと鍋を持ってくると、持ち帰りもできるそうで。なんてことを、ナリキヨさんが教えてくれている間にも、一人、鍋を持って帰って行きますw 鍋で持って帰るなんて、二郎以外では初めてみました。

続きを読む

味の大西 小田原店@緑町5

ワンタンメン

※8月15日。
ワンタンメン(¥900)


 さて、ナリキヨさん、ジンさんと行く「小田原ラーメンツアー」。二軒目は、こちら。小田原まで来て、小田原系を食べないで帰る訳には参りませんよね。
 約3年ぶりの訪問。ほとんど、再訪シリーズ該当店になる直前でしたね。『むら田』の出身店で、味の大西系が「小田原系」と呼ばれる切っ掛けを作ったお店で、現在でも、大西の中で最も高い評価を受けている店舗の一つです。
 なかなか個性的な接客が目立つ小田原系において、こちらも例外ではなく、気を抜くと、おばちゃんにどやされる事もありますw 

続きを読む

雪だるま@井細田4

正油ラーメン

※8月15日。
正油ラーメン(¥500)


 久々に、週末のランチタイムに時間が出来たので、ダメ元で、電話でお誘い。直前の電話にも関わらず、青森帰りのナリキヨさんと、ジンさんが乗ってきてくれました。
 目的地は、最近ジンさんが、小田原を攻めているということで、小田原に決定。お店は決めていなかったものの、走っていくうちに、とりあえず、ここだろうということになりました。ジンさんは、ここに5回振られてるんだとか。臨時休業も多いらしいですからね。

続きを読む

味の大西 湯河原本店@湯河原4

チャーシューワンタンメン

チャーシューワンタンメン(¥1,050)


 小田原系の本家である「味の大西」の本店であり、小田原系の総本山が、こちら。私は、たぶん15年ぶりくらいかな。
 昔は、食事時になると、少し広めの店内が満席になった上に、外にも列が出来ていました。駐車場も、現在のものの他、臨時駐車場というものがあったと記憶しています。
 ところが、先代が亡くなって、現在の店主が跡を継いだ後、極端に味が落ちまして。パタッと客足が遠退いてしまいました。それからは、他の大西で「本店はどうだった?」「やっぱりダメ」という会話が交わされるところを何度も見掛けるようになりました。
 そんなおり、「本店の味が、美味しくなった」という情報をいただきまして。早速行ってみた次第です。
 店内に入ってみると、確かに、以前よりはお客さんが入っています。が、やはり、それほどは活気がない気がします。ただ、お茶をサービスしてくれたり、以前の内輪喧嘩ばかりしていた状況よりは、接客面ではだいぶ良くなっている気がします。

続きを読む

chinese stage 遊龍@小田原4

シャキシャキもやしの担々麺

シャキシャキもやしの担々麺(¥1000)
レタス五目チャーハン(¥900)


 子供を連れて、小田原に遊びに来ました。ということで、「小田原城下らーめん宿場町」が頭に浮かんだのですが、取り付く島もなく却下されてしまったので、こちらに流れてきました。
 いえ、料理のレベルで言えば、こちらの方が断然レベルは高いんです。ただ、こちらはラーメン店ではなくて、中華料理店なので。そこが引っかかったわけです。

 本格的な中華料理店の割に子供連れが多く、子供がいてもそれほどは気にせずに入ることができます。ただ、お店側の配慮は、それほど期待しない方が良いかもしれません(^^;

続きを読む

がんちゃん@国府津4

魚河岸ラーメン[醤油]

魚河岸ラーメン[醤油](¥650)

【2008年12月オープン】

 d-1が実家に帰ってきているということで、じゃあ、ラーメンでもと行ったお店がこちら。前から気になりつつ、ここを通る時は何時も家族で移動しているもので、なかなか入れなかったお店です。

 なんでも、ここの店主さんは横浜の魚河岸でお店をやっていた方なんだそうで、ここも新規オープンというよりは、移転オープンといった感じらしいです。店内には、どなたかが描かれた漫画でお店の紹介をしていて、これがまた、面白いです。
 炒め物系や定食などがあり、ラーメン専門店というよりは、中華料理店といった感じ。宴会なんかにも使われているようで、この時は、大人数で呑んでいるグループがいました。

 お店はテーブル席中心で、座敷席もあります。駐車場は、店舗前に2台分ありますが、構造上の問題から1台分しか駐められません。

続きを読む

いってつ庵まつ田@初夏の北海道物産展4

正油ラーメン[大盛り]

正油ラーメン[大盛り](¥840[¥120])
うま辛みそラーメン(¥945)


 鴨宮のロビンソン百貨店で、アンパンマンショーがあるということで、家族で朝早くからお出掛け。知らなかった。こういうショーって、開店待ちして席取りするんですね。奥さんに急かされて、開店30分前、ショー開始の1時間半前に着いたのですが、既に大行列ができてました。

 で、ショーが終わるとちょうどお昼時。ダメ元で奥さんに、先程見掛けた「初夏の北海道物産展」のフードコート、『いってつ庵まつ田』に行ってみないかと言ったところ、あっさりとOKが出まして。行ってみました。

 何でも、元々は『夢想蓮』というところの支店が独立したんだそうで、元々のお店が和食のお店からの鞍替えだったことから、やはりこちらも和風スープがウリなんだとか。
 現在は、旭川ラーメン村を本店として営業しているみたいですね。

続きを読む

雪だるま@井細田4

味噌らーめん

味噌らーめん(¥500)


 tomi-booさんから教えてもらったお店。小田原では有名なお店なんだそうです。私は小田原自体にはほとんど行かないので、そんなに詳しくはないんです。
 どうやら、地元の人や、この近辺の会社(市役所など)に勤めている方々がメインのお客さんのようで、次から次へとスーツ姿の人たちが滑り込んできました。

 座席は、カウンター席とテーブル席(座敷席)が半々くらい。家族連れにも良いかもしれませんね。
 なお、どうやら営業時間よりも早く閉まるようなので、注意が必要です。私がいた時は、15分ほど早く閉めてました。

続きを読む

鳥取@箱根板橋4

ワンタンメン

ワンタンメン(¥700)


 なんだか、いつの間にか「小田原系にうるさい人」になってしまっている私。初対面でも「チャーシューワンタンメンの人」とか言われること数回。でもね、私も行ったことがない小田原系のお店なんて、いっぱいあるのよ。
 その一つがこちら。店主さんが『三憩園』の親戚で、女将さんが小田原系御用達の『室伏製麺』の親戚なんだとか。あれ?三憩園って、『味の大西』の親戚でしたよね?ってことは、味の大西と室伏製麺って、姻戚関係があるんじゃ?まあ、そんなこんなで、小田原系で絶対に外せない一軒なのです。
 何度かチャレンジしたんですけどね、いつも臨時休業で。それほどは多くないそうなのですが、臨時休業は少なからずあるそうです。ここのご近所の方から、「たぶん、声をかければあけてくれるよ」って言われたんですけどね。一見の客はなかなかできませんよね(^^;
 ご夫婦揃ってお話好きで、どの人に聞いても、お話ししたと言います。私の時は、常連さんがいたので、それほどお話はしませんでしたが、お店の雰囲気も相俟って、なんだかどこかの親戚の家に来た感じがします(^^;

続きを読む

ブッダガヤ@緑町4

くまもとらーめん

くまもとらーめん(¥630)


 小田原で不動の地位を得ているお店で、取材拒否店のために滅多にメディアには出ないのに、かなりの有名店。
 子供の頃から、お店の前は良く通っていたので、「熊本ラーメンってなんだろう?」と思っていたのですが、結局来たのはその頃から20年経ってから。有名店だって知ったのも、つい5年くらい前なんですけどね。

 店主さんは、熊本の『桂花』で働いていた方で、本格的な熊本ラーメンが味わえる、数少ないお店の一つです。
 取材拒否店とはいっても、頑固オヤジのお店ってわけではなく、店主さんはとても愛想が良いです。私の時にはいなかったのですが、なんでも最近は、息子さんが厨房に立っていることも多いんだとか。代替わりの日も近いのかなあ。

 駐車場は、店舗斜め向かいの月極駐車場内にあります。ちょっとわかりにくいかも。私の時は満車だったので、しばらくグルグル回っていたのですが、結局空かず、コインパーキングに入れて来ちゃいました。そうしたらね、店内は一組しかいないの。無断駐車している輩がいるみたいですね。

続きを読む
Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ