ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

JR御殿場線

三代目味の大西@井細田4

チャーシューワンタンメン

チャーシューワンタンメン(950円)

【2012年7月6日新規オープン】

 小田原系正統、味の大西十年以上ぶりの新店。大井店の店主だった女将さんが引退し、同店は閉店。こちらは、その息子さんが代を継ぎ、移転オープンしたもの。ただ、厨房には時間によって先代の女将さんも立っています。
 カウンター席のみで、駐車場は店舗前3台分です。続きを読む

五味八珍 裾野店@岩波4

醤油ラーメン


コース(1,780円)


 両親と『富士山こどもの国』へ行ったときのこと(詳しくは、こちら)。お昼はここでいただきました。
 過去に何度かこのブログでも登場していると思いますが、静岡県西部を中心に東海地方でチェーン展開しているラーメン店です。
 ということで、味付けもそっち寄り。甘めの味付けが特徴です。ということで、この味に少なからず馴染みのある大井松田が北限になってます。

 ファミレスのような席構成なので、家族連れや大人数グループでも全く気にすることはないです。
 この辺りでは人気なのか、この日は20分近く待ちました。続きを読む

わさらび@大岡4

さんまそば


さんまそば(850円)


 ジンさんと行く、ラーメンツアー。2軒目は、一山越えて、静岡入り。沼津で一杯です。
 この辺りは何度か来たことはありますが、そういえば、ラーメンは食べたことがなかったなあ。
 私はこの辺りのラーメン店のことはさっぱりわからないのですが、何でも『69’N’ ROLL ONE』とコラボをしたりしているお店なんだとか。
 確かに、方向性は似ているラーメンなのかもしれません。お店が静かなのも同じですしね。続きを読む

味の大西 真鶴支店@真鶴4

チャーシューワンタンメン


チャーシューワンタンメン(1,300円)


 この日はジンさん一行と待ち合わせて、今日半日かけて西湘・沼津ラーメンツアー!
 その一軒目がこちら、「味の大西」の中でも人気の高い1軒、真鶴支店です。実は、私が食べた事がなかった最後の味の大西。
 場所はね、ホントわざわざこのお店に来るつもりがなければまず訪れないであろうような場所。通りすがりって事はないですね。

 私が1時間ばかり遅刻したにもかかわらず、開店時間前に到着してしまうというアクシデントが発生。しかし、お店を通り過ぎた我々と目があった店主さんが、時間前に暖簾を出してくれました!続きを読む

中華万里@足柄3

ラーメン・中華丼セット


ラーメン・中華丼セット(850円)


 東名高速道路は足柄SA(下り)にある、フードコートのお店。土日は家族連れで賑わっています。
 フードコートということで、全席テーブル、ハイチェア、子供用食器完備ということで、小さな子供がいても、OK。続きを読む

四川@上大井

特製タンタン麺


特製タンタン麺(¥800)


 ナリキヨさんと行く、小田原ラーメンでーと2軒目w
 ナリキヨさんは、昔から食べに行っているお店で、私はいつも一度行ってみたいと思っていたお店が、こちら。意外にも、私のホームである『むら田』のすぐそばにあったんですね。一本道が違うだけで、この道は一度も走ったことがなかったなあ。曽我の梅林の道です。
 かなり独特な担々麺を出すことで、地元では長いこと愛されているお店。この日も第一駐車場は満車。第二駐車場もほとんど埋まっていて、待ちの列は店内の待合室を越えて、店外まで伸びていました。我々2人は、雨の中、店外で待つことに。
 こちら、なんと鍋を持ってくると、持ち帰りもできるそうで。なんてことを、ナリキヨさんが教えてくれている間にも、一人、鍋を持って帰って行きますw 鍋で持って帰るなんて、二郎以外では初めてみました。

続きを読む

照和@相模金子4

塩ラーメン


塩ラーメン(¥600)


 朝、ナリキヨさんから電話があって、ラーメンのお誘いを受けたので、行ってきちゃいましたw
 ナリキヨさんの希望で、今回も小田原。お店もナリキヨさんチョイスです。

 で、1軒目が、こちら。神奈川でも幾つか函館ラーメンのお店はありますが、ここはその中でも老舗店の一つです。
 やや奥まった、路地裏にあるお店で、知らなければなかなか来られないかなあ。

 お店は、カウンター席と小上がりが半々くらい。小上がりでは、店主さんが何やら事務仕事をしていました。ええ、最初はお客さんかなと思ったんですよ。お客さんが入ってきても、挨拶一つしないから。ところが、私たちの次のお客さんが、食券を間違えて買っちゃって。「どうしよう」と言ってる時に、一言二言挟んできたのでね。ようやく店主さんだと認識することができました。しかも、この時、言うだけ言って、立たないし。接客業として、どうなんだろ。
 駐車場は、あるって話だったんですが、場所がサッパリわかりませんでした。まあ、別に駐めるところがあったので、訊くことはしなかったんですが。

続きを読む

五味八珍 川島田店@御殿場3

タンタンめんタンタンめん(¥780)

 静岡、愛知を中心に展開する、中華ファミリーレストランチェーン。まあ、中華とはいってますが、『バーミヤン』などとは違い、全面にラーメンを持ってきており、ほとんど「ラーメンファミリーレストラン」といった様相を醸し出しています。
 この川島田店は、地元の人に人気があるらしく、この日は明らかに地元の雰囲気の人が、行列を作って並んでいました。ホント、凄い人気。東京では行列のできるラーメン店は数え切れないほどありますが、チェーン店、ましてやファミレスで行列ができることはまずありません。これは、それほどまでに、地元の人の舌に合った味付けということでしょう。

続きを読む
Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ