ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

伊豆箱根鉄道大雄山線

味の大西 小田原店@緑町5

ワンタンメン

※8月15日。
ワンタンメン(¥900)


 さて、ナリキヨさん、ジンさんと行く「小田原ラーメンツアー」。二軒目は、こちら。小田原まで来て、小田原系を食べないで帰る訳には参りませんよね。
 約3年ぶりの訪問。ほとんど、再訪シリーズ該当店になる直前でしたね。『むら田』の出身店で、味の大西系が「小田原系」と呼ばれる切っ掛けを作ったお店で、現在でも、大西の中で最も高い評価を受けている店舗の一つです。
 なかなか個性的な接客が目立つ小田原系において、こちらも例外ではなく、気を抜くと、おばちゃんにどやされる事もありますw 

続きを読む

雪だるま@井細田4

正油ラーメン

※8月15日。
正油ラーメン(¥500)


 久々に、週末のランチタイムに時間が出来たので、ダメ元で、電話でお誘い。直前の電話にも関わらず、青森帰りのナリキヨさんと、ジンさんが乗ってきてくれました。
 目的地は、最近ジンさんが、小田原を攻めているということで、小田原に決定。お店は決めていなかったものの、走っていくうちに、とりあえず、ここだろうということになりました。ジンさんは、ここに5回振られてるんだとか。臨時休業も多いらしいですからね。

続きを読む

雪だるま@井細田4

味噌らーめん

味噌らーめん(¥500)


 tomi-booさんから教えてもらったお店。小田原では有名なお店なんだそうです。私は小田原自体にはほとんど行かないので、そんなに詳しくはないんです。
 どうやら、地元の人や、この近辺の会社(市役所など)に勤めている方々がメインのお客さんのようで、次から次へとスーツ姿の人たちが滑り込んできました。

 座席は、カウンター席とテーブル席(座敷席)が半々くらい。家族連れにも良いかもしれませんね。
 なお、どうやら営業時間よりも早く閉まるようなので、注意が必要です。私がいた時は、15分ほど早く閉めてました。

続きを読む

ブッダガヤ@緑町4

くまもとらーめん

くまもとらーめん(¥630)


 小田原で不動の地位を得ているお店で、取材拒否店のために滅多にメディアには出ないのに、かなりの有名店。
 子供の頃から、お店の前は良く通っていたので、「熊本ラーメンってなんだろう?」と思っていたのですが、結局来たのはその頃から20年経ってから。有名店だって知ったのも、つい5年くらい前なんですけどね。

 店主さんは、熊本の『桂花』で働いていた方で、本格的な熊本ラーメンが味わえる、数少ないお店の一つです。
 取材拒否店とはいっても、頑固オヤジのお店ってわけではなく、店主さんはとても愛想が良いです。私の時にはいなかったのですが、なんでも最近は、息子さんが厨房に立っていることも多いんだとか。代替わりの日も近いのかなあ。

 駐車場は、店舗斜め向かいの月極駐車場内にあります。ちょっとわかりにくいかも。私の時は満車だったので、しばらくグルグル回っていたのですが、結局空かず、コインパーキングに入れて来ちゃいました。そうしたらね、店内は一組しかいないの。無断駐車している輩がいるみたいですね。

続きを読む

味の大西 小田原店@緑町4

チャーシューワンタンメンチャーシューワンタンメン(¥950)

 今日は、所用で小田原へ行くことになりました。小田原。そう、以前から気になっていた『味の大西 小田原店』へ行く機会が舞い込んできたのです!
 味の大西は、湯河原に本店を構え、神奈川県中西部で絶大な人気を誇る一大勢力のラーメン店です。まあ、ここら辺は私が今まで何度も書いているので、もう省略します。
 その中で、ここ小田原店は昔ながらの伝統的な大西の味を継承している支店として、大西ファンの人気を集めているお店です。不定休なので、幻の大西なんていわれることもあります。確か、初代の次男が経営していると聞いたことがあります。
 車では何度か横を通りすぎたことがあるのですが、歩いていったのは今日がはじめて。ちょっと迷ってしまいました。最寄り駅は緑町駅ですが、小田原駅からでも徒歩15分くらいなので、わざわざ大雄山線に乗らずとも来られます。

 さて、今回はもちろん、チャーシューワンタンメンを注文。ここまで来て、ラーメンとか注文するのは「素人」か「お腹に余裕のない人」だけでしょう。
 まず、スープを啜ってみたのですが、なるほど、今主流の大西の味とは全く違います。よく皆さんが感想で「中華ソバ風大西」とか「しょっぱい大西」とかいう意味がよくわかりました。大西らしく、豚のガラを使ったスープなのですが、豚を弱めに、代わりに野菜?のダシが強めに効いています。このスープだけを飲んだら、大西かどうかは判別できない可能性があります。
 しかし、麺の方は、まさに大西でした。あの平打ちの縮れ麺。一口食べた瞬間に「ああ、間違いなく大西だ」とわかるくらい明らかな味。そして、容赦ない量が更に追い打ちをかけてそのことを立証してくれます。
 具の方は、大西らしい大振りのワンタンが迎えてくれます。そして、何よりメンマです。ここのメンマを食べると、「味の大西の味を、小田原系として広めたのはこの店なんだな」と感じます。甘いのです。この味が、『支那そば むら田』から『いしとみ』『しらとり』へと受け継がれていったのですね。

 正直なところ、やや物足りなさは感じますが、とても美味しかったです。

神奈川県小田原市栄町3-9-21
TEL:0465-22-1704
伊豆箱根鉄道大雄山線 緑町駅下車 徒歩5分(横浜アカデミー傍)
《−[−]》



Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ