ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

北海道

桑名@初夏の北海道物産展3

味噌ラーメン

味噌ラーメン(918円)


 そごう横浜店で開催中の「初夏の北海道物産展」の前半に出店中の、桑名@さっぽろ。
 お店は北海道庁のすぐそばにあります。

 桑名は何度か催事で頂いたことがあります。ブログには上げたことはないようですが。
 札幌市内に星の数ほどあるラーメン店で飛び抜けた評価は受けてはいませんが、安定して美味しいラーメンを提供してくれているお店です。
 
続きを読む

究麺 十兵衛@北の味便り大北海道展4

特製味噌

特製味噌(864円)


 横浜高島屋で開催中の、第14回北の味便り大北海道展にて、究麺十兵衛@札幌市。

 今回の催事後半のイートインです。
 北海道物産展は、何処も前後半体制ですね。この後のそごうの催事も二部制です。

 こちらは、発寒南にある、札幌ラーメンのお店。
 正直、存じ上げませんが、北海道のラーメン屋の数は、内地の比ではないですからね。知らないお店ばかりです(笑)
 
続きを読む

麺屋 高橋@第14回北の味便り大北海道展5

正油味つけ麺大

正油味つけ麺大(900円)


 横浜タカシマヤ似て開催中の、第14回北の味便り大北海道展。

 個人的にはいつか「うに むらかみ」を一度食べてみたいと思っておりますが、丼1杯に4,000円はなかなか払えないので、今回も諦めました(笑)

 ということで、もう一つのイートイン、麺屋高橋@福住。
 札幌市の羊ヶ丘公園のすぐそばにお店を構えておられます。
 
 札幌といえば味噌ラーメンが一番に連想されますが、こちらはニューウェーブ系のつけ麺店。
 札幌ではまだまだ珍しいそうです。
 私は行ったことがないので知らなかったのですが、つけ博なんかにも出店しているんだそうです。
 
続きを読む

旭風ラーメン@千代ヶ丘3

醤油野菜ラーメン

醤油野菜ラーメン(850円)


 旭川空港の3階レストランフロアにある、ラーメン屋さん。

 旭川空港は、それほど大きな空港ではないので、レストランフロアとは言っても、4軒しかありません。
 昨年来たときは、幌加内蕎麦をいただきましたが、今回は旭川ラーメンをいただきました。

 今回の旭川は、これで3杯目のラーメン(^^)v
 でも、本当はもっと食べたかったなあ…。

 窓側の席になれば、ガラス越しに滑走路が一望でき、なかなか壮観な光景。
 飛行機好きにはたまりませんが、飛行機の時間が迫った我々には、そんなものを悠長に見ている時間はございません(笑)続きを読む

味特 豊岡店@旭川四条4

醤油ラーメン

醤油ラーメン(700円)


 味特豊岡店@旭川四条。
 本店は三条通にある、創業38年の老舗。二店舗で営業しているそうです。
 こちらの店舗は、厨房に立っているのは社長さんなんだそうです。

 すべてコの字のカウンター。吉野家っぽい感じって言うのかな。

 お客さんは、常連さんが多いみたい。でも、繁盛店が多いこのエリアで、流石だなあ。続きを読む

青葉 旭川ラーメン村店@南永山4

醤油らぅめん

醤油らぅめん(700円)


 とりあえず、幼児を連れて食べに行くなら、無難なところを攻めた方が良かろう、ということで、旭川らーめん村です。

 ここも、7年ぶりくらい?
 私一人でラーメン店を巡ると、 こういう集合施設ではなく、本店とかを巡ってしまうので、なかなか来ないんですよね。

 今回は、本当は一人で本店へ行こうと思っていた『青葉』のへ行くことにしました。

 カウンターに車の模型が飾ってあったのですが、次男が「ブーブー」と言って取ろうとするのを止めるのに苦労しました(笑)続きを読む

旭山動物園あざらし館休憩所@北日ノ出3

旭山ラーメン

旭山ラーメン(680円)
ジンギスカンから揚げ丼(730円)
揚げもち串(210円)


 旭山動物園にある幾つかの休憩所の一つで、一番大きなところかな。
 あざらし館とほっきょくぐま館の間くらいにあります。

 朝食が軽めだったので、着いて早々のお食事。
 オープン直後でまだ他にお客さんはおりませんでした。続きを読む

ラーメンQ@第57回大北海道展4

清湯醤油ラーメン

清湯醤油ラーメン(897円)


 横浜高島屋で開催中の第57回大北海道展。
 後半のイートインは、札幌からのラーメンQ。

 お店は、時計台の近くにあるそう。
 こちらは、昼と夜で二毛作をしているお店なんだとか。しかも、昼と夜でオーナーが違うそうです。面白いですね。
 こちらは、昼の部のお店。

 正直、最近の首都圏のラーメン事情すらわからなくなっている私。札幌のラーメン事情なんてさっぱりわかりませんが。
 札幌というと、味噌らーめんであったり、こってりなラーメンが連想されますが、最近は、新しい潮流があるようです。続きを読む

麺 風来堂@第19回北海道物産展4

味噌つけ麺

味噌つけ麺(918円)


 第19回北海道物産展@東急百貨店東急東横店に出店中の、麺風来堂@札幌市豊平区。

 札幌では、つけ麺をウリにしているお店なんだそうです。
 勿論、ラーメンも人気みたいですが。

 豊平公園駅から徒歩圏なようですが、大泉洋の母校、北海学園の直ぐそばにあります。続きを読む

弟子屈ラーメン@秋の北海道物産展と観光展4

魚介しぼり醤油

魚介しぼり醤油(881円)


 そごう横浜店にて開催中の、秋の北海道物産展と観光展。
 後半が始まり、お店は半分くらいが入れ替わりました。らーめん店も同様。
 こちらは弟子屈町からの出店です。昨年もいただきました。

 後半は、らーめん店が2軒出店しているので、レジのお姉さんに

「2杯注文しても良いですか?」

と訊いてみたら、

「勿論!」

との力強いお答え。

 そごうで初めて店内連食となります。
 お店も馴れているのか、当たり前のように

「どちらを先にしましょうか?」

と訊かれたので、お任せしたら、醤油から先に出してきました。味噌が先だと醤油の味、わかんなかったかもしれん。続きを読む

コクミンショクドウ@秋の北海道物産展と観光展5

みそらーめん

みそラーメン(864円)


 本日から始まった、そごう横浜店の『第32回 秋の北海道物産展と観光展』
 そのフードコートに登場したのがこちら。
 札幌市北区大平にある、コクミンショクドウさんです。

 初日ということもあってか、オペレーションが凄いことになっちゃったみたいですね。
 あらかじめ会計時にお時間いただく旨告知があったのですが、本当に30分もかかってラーメンが登場しました。続きを読む

麺屋 雪風@初夏の北海道物産展4

濃厚味噌ラーメン(850円)

濃厚味噌ラーメン(850円)


 北海道札幌市はすすきのに本店を構える人気ラーメン店。
 そごう横浜店の催事で来ていたので、食べに行って参りました。

 もう、しばらく札幌には行っていないもので、最近の札幌ラーメン事情はよくわかりません。
 こちらのお店も初耳でありました。続きを読む

銀波露 江別本店@春の北海道物産展3

醤油ぱいくう麺(980円)

醤油ぱいくう麺(980円)


 そごう横浜店の北海道物産展に出店している銀波露。
 一度も食べたことがなかったので、食べてみることにしました。

 江別に本店を構えるお店で、道産食材を積極的に使用したり、食材にこだわっているお店なんだそうです。
 江別には久しく行っていないので、勿論、こちらへは行ったことはなく。続きを読む

よし乃 アピア店@さっぽろ4

チャーシューラーメン(1,080円)

チャーシューラーメン(1,080円)


 旭川と言えば醤油ラーメンが有名ですが、そんな旭川において味噌ラーメンを売りにしているお店が、ここ『よし乃』です。
 本店には数年前に食べに行っています。

 今回は、アピア店が横浜高島屋の催事に来ていたので、これは食べに行かねばと訪れた次第。

 満席で、随分凄い長蛇の列。流石。
 40分待ちという予想外の列で、食べ終わる頃には閉店時間を過ぎているというね。
 それ以外にも、相席で座ったら、後から前に座った人が同じ会社の人だったとかね。なかなかハードな仕打ち(笑)続きを読む

天金 四条店@旭川4

野菜正油ラーメン800円

野菜正油ラーメン800円
餃子(3個)210円


 天金は、旭川を代表するラーメン店の一つ。
 私がずっと来たかったお店。

 正確には、ラーメン村のお店では食べたことがあるのですが、こちらの店舗では初めて。
 事実上、本店だと思うのですが、そういうことで宜しいですよね?

 昭和27年創業。旭川ラーメンの創生期のオープンです。
 何でも、現在のオーナーは創業家ではないそうで、味も少し変わっているそうです。
 なるほど、ぺーぱんの味とはだいぶ違う

 お店は数年前にリニューアルしたそうで、諸々綺麗でした。
 食事時にはいっぱいになってしまうという駐車場は、まあ冬ということもありますが、ガラガラ。
 店内は、地元のお客さんが中心で、家族連れやカップルが多かったなあ。続きを読む

らーめん山頭火 旭川本店@旭川4

しおらーめん820円

しおらーめん820円
みそらーめん820円
ミニチャーハン260円


 全国に暖簾分けのお店がある有名店山頭火の本店がここ。
 旭川駅からほど近くにあります。

 1988年に創業。老舗ではありますが、有名な旭川ラーメンのお店に比べれば、まだまだ若い感じかな。
 伝統的な旭川ラーメンとは一線を画する全く独自のテイストのラーメン。

 5年くらい前にも来たことがあるのですが、あの時に移転したばかりなんて話を聞きました。
 今でも店内は綺麗です。

 店内はテーブル席中心。
 家族連れなどのグループ客にも十分対応できる他、観光客のために荷物置き場何ていうのも用意されています。
 おつまみメニューもあり、地元、観光客ともに対応できるような構えになってますね。続きを読む

旭山動物園 あざらし館 ファーストフード@北日ノ出3

旭川醤油ラーメン680円+とり丸亭塩ザンギ360円

旭川醤油ラーメン680円
とり丸亭塩ザンギ360円
エゾ鹿入りメンチカツ210円


 旭山動物園の中腹辺り、あざらし館にあるファーストフード店。
 園内で一番規模が大きく、昼食を食べるのならばここ、といった感じのお店です。

 北海道まで来て、葬式だけで帰るのは可哀想かなと思って、子供たちを旭山動物園まで連れてきました。
 旭山動物園、子供たちはもう3回目なんですけどね。全然覚えていないみたい(^_^;

 毎回食べているのが、こちら。
 安さを要求され、ある程度安かろう悪かろうの品を出さざるを得ない公共施設の食堂としては、高いレベルだと思います。続きを読む

弟子屈ラーメン@秋の北海道物産と観光展4

鮭ぶし塩らーめん(1,296円)

鮭ぶし塩らーめん(1,296円)


 現在、そごう横浜店で開催中の「秋の北海道物産と観光展」に出店中の弟子屈ラーメン。
 イートインで食べて参りました。

 それにしても、弟子屈ラーメン、そごうはお初だったんですね。
 多店舗展開していて、商業的にかなり積極的な会社なので、もうとっくに来ていたものだと思っていました。続きを読む

三代目 月見軒 本店@そごう横浜店3

みそラーメン

みそラーメン(801円)


 現在、そごう横浜店にて開催中の「秋の北海道物産と観光展」にて初出店であるこちら。
 札幌で1958年創業の老舗ラーメン店『三代目 月見軒』さんです。

 ちょっと調べてみたところ、何でも東京に支店があるそうですね。わざわざ食べなくても良かったかな(^_^;
 まあでも、フードコートでの出店ということなので、業態としてはちょっと違うかもしれませんね。

 こちらの本店、つい最近お家騒動があったそうですね。まあ、そんなことはそれ以前のラーメンを食べたことのない私には関係のないことですが。続きを読む

麺屋 田中商店@第10回大北海道展4

甘海老みそラーメン

甘海老みそラーメン(945円)


 現在、横浜高島屋で開催中の「第10回大北海道展」。そこに出店中の田中商店@増毛に食べに行ってみました。
 増毛。名前はよく聞きますが、実際に行ったことはないんですよね。確か、「ハゲしいな!桜井くん」で初めて聞いた地名だったかな、と。
 お店は、日本最北の酒蔵「國稀酒造」の向かいの倉庫を改良した店舗で営業しているそう。続きを読む

味の大王 総本店@植苗4

元祖カレーラーメン

※8月23日。
元祖カレーラーメン(¥750)
チャーハンセット(¥970)
ホッキギョウザ(¥350)


 北海道最終日、洞爺湖からノーザンホースパークへ。道央道を走行中、ふと「もしかしたら、目的地のそばに、大王の総本店があるんじゃない?」と言ったら、奥さんが携帯で検索してくれまして。ええ、通り道でした。そこで、「食べてみたい」と言ったところ、驚くほどすんなりOKが出まして。行ってみました。
 ところで、味の大王の総本店は苫小牧にあるのに、何故カレーラーメンは室蘭名物になってるんでしょう?なんでも、大王には幾つかの系統があるらしいですが。どなたか詳しい方、教えていただけませんか?

 お店は、一見したら、場末のドライブインのような外見。観光客の一見さんは、まず入らないだろうなあ。
 駐車場は、お客さん全員が車で来ても、というか、場所柄ほとんど全員車で来るのでしょうから、十分な広さがあります。
 席は、座敷席とテーブル席中心で、カウンター席もあります。基本的に、大グループと家族連れは座敷に回してくれるみたいです。
 私たちが行ったときは、たまたま座敷席が埋まってまして、外で待っていたのですが、ここからのサービスが凄かった。待っている間に、インスタントではありますが、コーヒーを振る舞ってくれ、その後、席に着いたら、女将さんが「随分待たせちゃって、ごめんなさいね」と、味玉を2つサービスしてくれました。なんたるサービス。『むら田』の息子さん、少しここで修行してきた方が良いんじゃない?

続きを読む

けやき すすきの本店@豊水すすきの4

味噌ラーメン

※8月21日。
味噌ラーメン(¥850)


 さて、札幌に到着したものの、時間がなくて、ラーメンを食べられず。でもね、ここで引き下がったら、敗けでしょ?家族が寝たことを確認してから、一人ホテルを抜け出しましたw
 ビールをしこたま呑んでしまったので、車は使えません。そして、如何に札幌と言えど、日を跨いだ後でもやっているお店があるのは、薄野周辺のみ。ということで、泊まっていたJRタワーホテル日航札幌から薄野まで、夜のお散歩です(笑)
 時計台や大通公園を抜けて、30分くらいかな、薄野に到着。流石、北海道一の歓楽街。午前1時を回っても、人がたくさんいます。ただ、歌舞伎町何かと比べると、人の数は10分の1くらいかなあ。個人的には、このくらいの方が、ゴミゴミしてなくて適正人数だと思いますが。

 さて、目的地の『けやき』は、その薄野の中心街を抜けた、さらに先にあります。特に大きな看板があるわけでもないので、一度は見落として、グルッと回ってしまいましたf(^_^;
 着いてみると、もう午前2時になろうかという時間にも関わらず、10人待ち。まあ、キャバ嬢を連れてる人が多かったですけどね。

 キャバ嬢を口説く、みっともない酔っぱらいの戯れ言を聞きつつ、30分は待ったでしょうか。ようやく入店。
 お店は狭く、L字カウンターのみ。これは、子連れには厳しいかな。

続きを読む

よし乃 本店@旭川四条4

みそラーメン

※8月21日。
みそラーメン(¥700)


 旭川最終日、どうしても来てみたかった、こちらへ来てみました。
 一度はここまで来たのですが、臨時休業でアウト。もうね、やってないと思うと、食べたくなりましてね。
 ここは、私の父が高校生時代、帰宅ルートを大きく逸れてまで、よく食べに来たお店で、旭川において、父が最も勧めるお店です。

 正油がメインの旭川において、初めて味噌ラーメンを出したお店だそうで。今でも、旭川で味噌というと、まずここが出てきます。

続きを読む

茶楽食堂@西聖和4

醤油野菜ラーメン

※8月20日。
醤油野菜ラーメン(¥750)


 今日は、子供たちを旭山動物園へ連れていきました。私は、旧動物園時代に行ったきりなので、そのあまりの変わりぶりにビックリ。もはや、完全に違う動物園ですね。

 さて、お昼過ぎには帰るつもりが、少し遅くなってしまって、行こうと思っていたお店が閉店。そこで、父が前に推薦していた、こちらへ来てみました。
 地元では、「味は良いが、お店の管理(掃除など)が杜撰」ということで、あまり好かれてはいない面もあるようです。
 メニューを見る限り、ラーメン中心ではありますが、典型的な大衆食堂みたいで、その他、蕎麦や丼物なども揃えています。

 この辺りでは珍しく、通し営業です。ただ、お客さんがいないと火は落としちゃうみたいなので、ウィークタイムに行くと、少し時間がかかることがあります。席は、テーブル席中心で、小上がりもあります。

続きを読む

こぐまグループ 東神楽店@西聖和3

旭川ラーメン[正油]

※8月19日。
旭川ラーメン[正油](¥850)
ミニカツ丼(¥200)


 北海道遠征3日目。昨日、層雲峡で一泊し、その帰りに寄ったのが、こちら。祖父母の知り合いが経営してるんだそうです。
 旭川ラーメンのチェーン店で、市内とその周辺に点々とあります。基本的に、内地からの観光客は、来ないお店だと思います。
 ラーメン店ですが、丼ものなどもあり、定食屋といった感じですね。なお、近所には、出前もしているそうです。

続きを読む

層雲閣グランドホテル@上川2

旭川ラーメン

※8月18日。
旭川ラーメン(夕食の一品)


 北海道遠征2日目。層雲峡温泉に来ました。ここへは、小学生の頃ぶりな気がします。
 さて、今回ご紹介するのは、ホテルの夕食バイキングで出ていた、旭川ラーメン。ほぼ、番外編ですね(笑)
 でも、一応、ラーメンなので、載せておきます。

続きを読む

天金 あさひかわラーメン村店@南永山5

野菜正油チャーシューメン

※8月18日。
野菜正油チャーシューメン(¥1,000)


 北海道遠征2日目。現在、父の実家がある旭川に来ています。
 今まで、旭川ではほとんどラーメンなぞ食べられないできた私ですが、今回は、出発前から「ラーメン食べたい」を連呼したことが功を奏したのか、2日目から、ラーメンを食べることが出来ました。行ったのは、「あさひかわラーメン村」という、ラーメンテーマパーク。数年前に出来ました。
 私以外は、特にどのお店という思い入れが無かったようなので(というか、皆、総てのお店を食べたことがある感じで)、以前から食べたかった、『天金』へ入ってみました。
 こちらは、藤原製麺の麺を使用しているのですが、私の大叔父が藤原製麺のそれなりに偉い人だった関係で、よく、天金の家庭用パッケージ商品を半年分単位でいただいて食べていて、昔から「このお店、食べに行ってみたい」と思ってしました。

 お店は、テーブル中心。観光客が大半なので、ちゃんと子供用食器なんかもあります。
 そうそう、こちらは、横浜の『ぺーぱん』の姉妹店でもあります。

続きを読む

初代@初夏の大北海道展[池袋]4

新味噌ラーメン

新味噌ラーメン(¥890)


 前回の『凡の風』の時は、事前情報にもかかわらず、全く並ばずにすんだのですが、今回は、そうは行きませんでした。係員の方が「現在40分待ち」の札を掲げてるよorz 前回、どれだけ運が良かったのかがわかります。
 でもまあ、まさか本当に40分は待たないだろうと並んだところ、入店までに30分、入店からラーメンが運ばれてくるまで10分で、ちょうど40分かかりました。厳しい・・・。二郎でもこんなに待たないよ・・・。

 こちらは、小樽のお店。こちらはかなり有名なお店ですよね。まあ、私は初めて食べますが。小樽というと、札幌ラーメンの影響を色濃く受けており、味噌ラーメンが主流。
 相席だった一家は、札幌で散々ラーメンを食べたような話をしていましたが、「何でこんなにこってりなの?」とか「味が濃すぎ。しょっぱい」とか、色々と文句を言っておりました。いやいや、それって北海道のラーメンの特徴だと思うんですけど(^^; この人たち、本当に北海道に行ったことあるのかな。札幌といわず、北海道では「こってり」で「味の濃い」ラーメンに出会うことが多いです。これは、北海道が冬になると極寒の地になることと、密接に関連しているように思います。こってりなんて、特にね。ラーメンが冷めないように、ラードを浮かべるところもかなり多いです。

続きを読む

凡の風@初夏の大北海道展[池袋]4

塩ラーメン

塩ラーメン(¥780)


 東武百貨店、催事を含めて初めて行ったのですが、良いですね。催事場直通エレベーターがある。色々と百貨店は回りましたが、こういうところは初めてです。ただね、気が付くのが遅かった。帰りに気が付いたんですよ。行きは、そんなことは知らなかったので、普通に各駅停車のエレベーターで行っちゃった。
 さて、事前に「東武の催事は凄いよ」と聞いていたので、ある程度は覚悟していたのですが、実際行ってみたら、予想以上でした。凄い人出。動けない(^^; 他の催事との差は何か!?何ら変わらない気がするのですが(敢えていえば、出店数が多いかもしれない)、他の催事の倍は人がいるんじゃなかろうか。ここまでだと、ラーメンがなければ絶対に来ないなあ。
 肝心のイートインですが、これも事前に「30分は並ぶ」と聞いておりまして、覚悟を決めて行列を探したのですが・・・。あれ?列がない。どういうわけか、私が行ったときは、全く待ち時間なし。即入店でした。

 今回出店の『凡の風』は札幌のお店で、今回は道外初出店だそうです。私は残念ながら、このお店を知らないのですが、向こうではそれなりに知られてるのかなあ。まあ、北海道、特に札幌や旭川は、内地の人間が想像できないくらいラーメン店がありますからね。我がホームタウン平塚は、湘南地区では最大のラーメン激戦区ですが、旭川の従弟に言わせれば「何でこんなにラーメン屋が少ないのかと思った」とのこと。従って、道外初出店のお店なんて、山ほどあります。続きを読む

雪あかり@新千歳空港2

味噌ラーメン味噌ラーメン(¥840)

 北の地へ来て、まだ一度も札幌味噌ラーメンを食べていないことに気が付きました。そこで、フライトまでの時間もあることだし、ちょっと食べてみようか、なんて思ってしまいました。
 そこで、入ったのはここ。函館空港で、普通のレストランに入って成功した経験から(詳しくは、こちら)、なんでもなさそうなお店に入ってみました。ところがびっくり、大失敗(^^; 後で調べたところ、おみやげ物屋さんがやっているお店らしいですね。

 まず、スープが薄い。ろくにダシを取っていません。味噌の味だけに頼ったもの。その味噌も、対して旨味がありません。さらに、麺もあまり味が無く、具も特筆事項無し。
 決して不味くはありません。かといって、わざわざ行く気にもなりません。そういうお店です。

雪あかりラーメン / 新千歳空港駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



北海道千歳市美々987-22
TEL:0123-46-5688
JR千歳線 新千歳空港駅下車 徒歩10分(新千歳空港内)
《09:00 - 21:00(LO.20:30)[年中無休]》



Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ