ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

小田急江ノ島線

サッポロ軒 藤沢店@藤沢

味噌ラーメン+メンマ増し

味噌ラーメン(750円)
メンマ増し(100円)


 茅ヶ崎の名店「サッポロ軒」で修行した方が暖簾分けされて、藤沢で復活。サッポロ軒と言えば、サザンオールスターズの桑田佳祐さんが常連だったことで有名でした。
 こちらのサッポロ軒も滑り出しは上々なようで、最近西荻窪に支店を出したんだとか。
 ツインビルという飲食店ビルの1階、奥まったところにあるので、なかなか見つけづらいかも知れませんが、ビルの入り口に大きな赤提灯があるのが特徴です。
 カウンター席とテーブル席が半々くらい。席数は十分あるので、グループでもいいかな。
 オープン当初は換気の問題で獣臭が凄かったそうですが、今は気にはなりません。続きを読む

麺大将 湘南モールFILL店@本鵠沼3

炒飯セット


炒飯セット(¥848)


 家族揃って、引っ越すにあたって、買い換える家電を買いに、湘南モールFILLのノジマヘ。
 これで、ほとんどの買い物は終わったかな。それにしても、来月のカードの請求が怖い(^^;

 買い物が、思ったよりも時間がかかってしまったので、同じ建物で食べることに。
 そこで入ったのが、こちら。フードコートのお店です。

続きを読む

麺やBar 渦@本鵠沼5

百式


百式(¥800)
ごま塩めんま(¥350)


 予定よりも、少し早めに帰ることができました。これは久しぶりに渦かな、と。試しにナリキヨさんに「渦にいますか?」とメールしたところ、予想通り「いる」との返信。まあ、何にしても、行ってみますか。

 着いてみると、満席。しばらく待っていると、常連さんが席を譲ってくれました。
 それにしても、お店の客層、随分変わった気がします。気のせいかも知れませんが。

続きを読む

幸楽苑 戸塚原宿店@戸塚2

台湾風辛しらーめん


台湾風辛しらーめん・餃子セット(¥682)
塩らーめん・Cセット(¥829)
お子様Aセット(¥199)


 朝から、横浜に家具を見に行ってきました。その時に寄ったのが、こちら。理由は単純に、子連れでも問題なく食べられるから。
 創業昭和29年をウリにしている、ここ数年で大きく多店舗展開しているファミレス感覚のチェーン店です。
 どの本だったか、昔一度、ここのお店がラーメン本に載ったことがあるんですよね。その瞬間に「もう、この本は買わない」と思った記憶があります。

続きを読む

麺やBar 渦@本鵠沼4

四方竹のポン切り


四方竹のポン切り(¥350)
鮪のコチジャン和え(¥480)
ビール、太平楽


 『ラーメン産業展』の帰り、折角だからということで、『渦』で一杯やってから帰ることにしました。
 横浜駅から帰宅ラッシュの東海道本線に乗り、藤沢駅で小田急江ノ島線に乗り換え。約40分くらいで到着しました。
 意図せず、シャッターポール。というか、平日に、シャッターで開店待ちする人、いないよね。いつも通り、開店時間を少し回ってから、シャッターが上がりました。
 聞いてはいましたが、それにしても、以前よりも混んでますね。平日は、金曜日を除けば、大体どの日どの時間でも、1,2席かは空いていたのですが、今は、早めに行かないとすぐに満席になってしまいますね。

続きを読む

麺やBar 渦@本鵠沼4

裏百弐式


裏百弐式(¥800)
みやざき地頭鶏の絶品鶏油そば(¥700)
麒麟(¥930)
温泉卵のぶっかけ(¥400)
ごま塩めんま(¥350)
ひなだれ(¥350)
フライドチキンおろしポン酢(¥580)
ビール・太平楽ボトル


 ジンさんとその相方さん、ナリキヨさんとともに、約8ヶ月ぶりの、夜渦です。流石にね、公務員試験シーズンには飲みに来られなかったんでね。時間的にも、お財布的にも。たぶんね、芳実店主も女将さんも、顔しか覚えてないよね、私のこと。一度も名前、呼ばれなかったもんw

 シャッターということで待ち合わせしたのですが、私、開店15分で到着。この日、ナリキヨさんは早く仕事が終わったそうで、1時間近く外で待たせちゃったみたいで。すみませんm(__)m
 ジンさん達が到着した頃には、満席。席の都合で、結局テーブル席で合流できたのは、20時を過ぎた頃でした。でも、合流できて良かったです。このまま閉店まで合流できないかと思いましたw

続きを読む

箱根そば 六会日大前店@六会日大前2

ラーメン

ラーメン(¥400)


 所用で、日本大学湘南藤沢キャンパスへ。この辺りは、滅多に来ないので、せっかくだから、どこかで食べようと思ったのですが、うっかり財布を家においてきてしまって(^-^;
 そこで、PASMOで食べられる、こちらへ来ました。立ち食い蕎麦の『箱根そば 六会日大前店』です。昔は、狛江店や相模大野店をよく利用してました。個人的には、相模大野店が、一番美味しいかなっと。時々、駅員さんも一緒に食べてたりしてて、面白かったです。

続きを読む

麺やBar 渦@本鵠沼5

麒麟

麒麟(¥930)
ライス(¥150)
百弐式(¥800)


 家族で、藤沢に買い物に行った帰り、ちょうど渦の開店時間少し前に鵠沼周辺にいたので、遂に家族で渦へ行ってしまいました。
 うちは、幼児が2人いるので、渦で食べるとしたら、テーブル席以外は無理。ということで、開店時間直後に入ってテーブル席を確保。まあ、平日なので、そこまでしなくても、大丈夫なんですが。
 入ってみると、芳実店主さんから「あれ?今日はご家族でですね」と。ついこの間、ごっちさんと来たばかりですからね。たまたま来ていた女将さんにも「いつも、お世話になっています」と、テーブルまで来てもらっちゃったり。なんだか、恐縮です。

続きを読む

麺やBar 渦@本鵠沼5

みやざき地頭鶏の絶品鶏油そば

みやざき地頭鶏の絶品鶏油そば(¥700)
塩素っぴんそば(¥600)


 久しぶりの渦。ごっちさんと渦で待ち合わせてランチしてきました。
 行ってみると、Yokohama Walker効果か、軽ーく1時間待ちの大行列。まあ、元々ここは、回転率が悪いので、ちょっとした列で二郎並みの待ち時間になったりするのですが、それにしても、この日は待ったなあ。
 実は、4ヶ月ぶりなんですよね、ここ。子連れでは来られないし、最近は、あんまり夜に飲みに行く暇もなかったし。

続きを読む

岡本屋 湘南モールFILL店@本鵠沼3

中華そば

中華そば(¥630)


 家族で横須賀の「ソレイユの丘」へ遊びに行きました。ということでね、横須賀で1杯食べたいなあと思っていたのですが、私が横須賀に明るくないのと、時間的に厳しかったことから、帰り道で適当に見つけたお店に入ろうと思ったんですけどね。結局、良いお店が見つからなかったので、辻堂まで帰って来ちゃいました。
 そこで、買い物がてら入ったのがこちら。辻堂駅そばのショッピングモール「湘南モールFILL」内のフードコートにあるお店です。
 ここのフードコートは、滑り台があったり、子供と行くには良いところですね。

 『岡本屋』という尾道ラーメン店は知らなかったので、調べてみたところ、「クリエイト・レストランツ」という外食チェーン店の業態の一つみたいですね。他に『九龍點心』というお店を利用したことがあります。新宿の中華食べ放題のお店なんですが、食べ放題としては、なかなかのレベルだったと記憶しています。

続きを読む

豪快@六会日大前4

つけめん

つけめん(¥735)


 かの有名な、東池袋大勝軒の山岸氏の一番弟子さんのお店。初期の頃の東池袋大勝軒出身の方々は、大勝軒という名前を店名に入れてないんですね。やはり、この前に渦で飲んだときにジョージさんに色々と教えてもらいました。
 実は、先月にも行ったのですが、見事に臨時休業に引っかかりまして。臨休も多いらしいですね。しかし、今回はシャッターが開いていて、ホッとしました。
 行列必死のお店だそうですが、大学が春期休暇中のこの時期ならば、きっと列もないだろうと高を括って行ったら、予想通り外待ちなし。駐車場に駐めてさっと入ろう、そう思ったときに悲劇がやってきました。駐車場に駐めようとしてハンドルを切り返したら、その間に見事に後ろの車に割り込まれまして。ええ、あの状況で入ってくるなんて、袖ヶ浦ナンバーでもしないよというほど強引に。ふぅ。お店の前で喧嘩初めても仕方がないし、こういう輩は言葉が通じないのでね、諦めて駐車場待ち。15分ほど待って駐めると、今度は外待ち4人・・・。寒い。コート、来てくればよかった(>_<)
 結局、30分くらいロスして、なんだか最初っから萎えてしまいました。お店にはなんにも悪いところはなかったんですけどね。
 お店の接客自体はとても丁寧でした。店主さんも優しげな方みたいで。なんでこんなお店にあんな客がいるんだろうか、と。

続きを読む

麺やBar 渦@本鵠沼5

つけ麺[醤油]

つけ麺[醤油](¥900)
ボンド・マティーニ他


 恒例の、湘南麺友会シメの一杯。今回もまた、ニイサンがカクテルナイトということで、一切の異議なく『麺やBar 渦』に決定しました。
 ただ、今回は、前回のような奇跡はなく、お店に着いたときには空席は2席のみ。必然的に、交代制でシメるということになりました。
 何分くらい待ったのかなあ。凄い人数で待ってましたからね、あまり時間は気にせずまっていたら、ポツポツと帰るお客さんが出始めて。最終的にはラストオーダー前に全員が揃って座ることができました。

続きを読む

麺やBar 渦@本鵠沼4

チョコ味噌ラーメン

チョコ味噌ラーメン(¥900)

【期間限定裏メニュー】

 性懲りもなく、また渦です。そして、バーテンダーのニイサンがお店にやってくる「カクテルナイト」です。
 またしても、特に誰に連絡を入れたわけでもなく行ったのですが、ええ、またジョージさんと会いました。逆に、雨のためかわかりませんが、いつもいるはずの超常連さん方の姿が見えず。どうしたんだろう。

続きを読む

麺やBar 渦@本鵠沼4

温泉玉子とカレーの和えそば

温泉玉子とカレーの和えそば(\800)
アジアン「RED」和えそば(\800)
宮崎地鶏のレバ刺し
おにぎり
カクテル他


 誰と約束したわけでもなく、フラフラッとカクテルナイトの夜渦へ。行ってみると、さすが水曜、開店10分ほどで到着したのですが、まだ半分ほど空席でした。しかも、そのほとんどがラーメンのみのお客さんで、あっと言う間にお客さんは4人のみになってしまいましたよ。週末にはあり得ない空席具合。
 カクテルナイトではあったのですが、肝心のニイサンが仕事の都合で1時間半ほどの遅刻だそうで。とりあえず、ビールとメンマで時間繋ぎを。っていうか、1時間半、誰も来なかったらどうしようか、と(^^;

続きを読む

麺やBar 渦@本鵠沼

おでん各種+カクテル各種

おでん各種+カクテル各種


 成城で大学時代の後輩の「博士課程前期修了と就職」を祝ってしこたま呑んだ後、シメにカクテルとラーメンをいただこうと、本鵠沼『麺やBar 渦』へ行ったのですが・・・。
 ドアに何やらメモ書きが。「都合により、本日居酒屋営業とさせていただきます」と。どういうことだろうかと、とりあえずドアを開けてみると、店内ガラガラ。ほとんどが私でも知っている常連さん。こんなことって、実に珍しいです。入り口付近で戸惑っていたら、ニイサンが「オーナーが倒れて、ラーメンは出せません」と。え!?
 どうやら、店主が風邪でダウンしちゃったみたいでした。風邪、流行ってますね。私も気を付けなきゃ。

続きを読む

麺やBar 渦(第5回 湘南麺友会)@本鵠沼4

味噌らあめん+後のせ担々

味噌らあめん(¥850)
後のせ担々(¥300)
カクテル多数(¥各600)

【一日限定メニュー】

 今年の冬は、ほとんどの忘年会予定をキャンセルしたために、ほぼこれが唯一の忘年会。湘南麺友会です。
 今回の参加者は、

 【ふらわのだらだらだいあり2】のふらわさん(今回の幹事)
 【湘南ラーメン食べ歩記】のごっちさん
 【JINのらーめんとかも】のジンさん
 【純和茶屋本舗(憩)】の俊五郎さん(途中参加)
 【きっと、横浜のラーメンが好きになる】のtomi-booさん
 【レチリオのらーめん日記】のレチリオさん
 【LA NAVI】のけよんさん

 それと、【ラー麺SNS】からジョージさん、ひめさんの計10名。


吟海屋

 忘年会自体はね、藤沢でやったんですよ。『吟海屋』というお店。麺友会では、3回目らしいんですが、私は初です。
 ってかね、この日、少々予定がズレまして、出先から直接お店に向かうことになってしまいました。一度家に帰ってから来るつもりでいたために、お店の場所を確認していませんで。有り体に言えば、迷子になりました。ハイ。お店が地下なため、携帯も繋がらないしね。お店に電話して、何とか着きましたが、およそ30分近く彷徨いました(^^;
 いやあ、居酒屋としては、魚の旨さはかなりのものじゃないかなあ、と。今度、また来よう。

 まあ、なんですか。今回も、ふらわさんとtomi-booさんを中心とした、メチャクチャ濃いラーメンの話が展開されまして。私はほとんど聞き手でしたね。私はアレです、ラーメンは好きですが、詳しくはないので。
 相変わらずの、ブログに書けない暴露大会で、内容はほぼアップできませんが、兎に角、まあ、楽しかったです。

 そうそう、話の中で「湘南」についての話題が出てきましたが。湘南という地名は、湘南平から望んだ大磯-平塚の海岸線が中国にある洞庭湖の南岸に似ていることから付けられたものであり、元々は大磯周辺を差すものです。ええ。まあ、地元民同士では「うちが湘南だ」なんてことは、話題に上ることもありませんし、わざわざ主張もしませんが、ここはそれ、地元愛の人として、一応、誤解は解いておかないと。

続きを読む

四天王 藤沢南口本通り店@藤沢3

醤油ラーメン

醤油ラーメン(¥620)


 こちらへは、約3年ぶり。再訪シリーズです。

 居酒屋『甘太郎』やイタリアン『La Pausa』などを展開するコロワイドのラーメン業態で、藤沢南口本通り店はその直営店です。
 大手資本を感じさせる広い店内は、家族連れでも遠慮する必要はありません。Edyを使えたりする点も、やはり資本を感じさせますね。ただ、便利だと思います。

続きを読む

麺やBar 渦@本鵠沼4

百弐式

百弐式(¥800)
おでん、カクテル各種

【新メニュー】

 ニイサンから、この日は臨時カクテルナイトとなることと、毎週金曜日にラーメンスープダシの「おでん」が出し始めるという情報を得たので、早速行って参りました。本鵠沼『麺やBar 渦』です。
 予定を全キャンセルしていったんですけどね、そしたらニイサンに「予定はキャンセルしちゃダメですよ!」とおしかりを受けてしまいました(>_<) まあ、個人的なことで、翌日に回すこともできたものなので、全然問題はなかったのですが。
 この日は、もう伝票からして「みやっち」なんて書かれてしまいましてね。恥ずかしいですw

続きを読む

麺やBar 渦@本鵠沼5

地頭鶏の絶品鶏油そば

地頭鶏の絶品鶏油そば(¥700)
味噌ぴり辛らぁめん(¥900)
その他おつまみ、カクテル各種。


 さて、毎月恒例の「渦 カクテルナイト」。ニイサンがシェイカーを振る日です。って、毎月行っているように書いていて、実はまだお店自体2回目だったり(^^;
 今回は、ごっちさんから「少なくとも開店20分前までには来い」指令が出ていたので、あらかじめガッチリと時刻表を引いて東京から急いで帰路に。それでも、小田急線が遅れていた関係で25分前に到着。既に席の半分強ほどの人数が並んでおりました。恐るべし、渦。まあ、何でこんなに並ぶのかといえば、ここの夜営業は、お酒をね、飲んじゃうから。どのお客さんも、2時間程度は席を立たないんですよ。なので、シャッターで入らないといきなり100分待ち・・・。ディズニーランド並ですわ。まあ、平日はここまでではないらしいですが。
 今回の参加者は、

 【湘南ラーメン食べ歩記】のごっちさん
 【JINのらーめんとかも】のジンさん
 【ふらわのだらだらだいあり2】のふらわさん
 【ラー麺SNS】からジョージさん

 の計5人。まとまってテーブル席を占拠しました。ええ、芳実店主に「ブロガー率高い席ですね」って苦笑いされちゃいましたよw
 まあね、ここでの話は、ラーメンの話を中心に、プライベートな話等々、色々とね、話したんですが。ここでは割愛(笑)

続きを読む

鐙壱番@長後4

鐙らぁめん+ラーメンセット

鐙らぁめん(¥690)
ラーメンセット(¥300)


 子供のおもちゃを買いに、ベビザらスまで行った際、昼食に寄ったのがこちら。以前から、ちょっと気になってました。
 茅ヶ崎にある『麺や 鐙』の2号店だそうです。ちょっとしたラーメン激戦区にありながら、常に駐車場は満車状態で。人気が伺えます。

 お店は、小洒落た木調を主体としたもの。2人で手際よく回していたのですが、・・・片方の方が、客の見える位置でたばこを吸っててねえ。ああいうのって、ちょっとね。

続きを読む

麺やBar 渦@本鵠沼5

醤油煮干しらぁめん

裏百式(¥800)
醤油煮干しらぁめん(¥800)
その他、おつまみ、カクテル各種


 鎌倉で『ひなどり』として営業していたお店が、店名を変更して本鵠沼に移転。イケメン店主のお店としても有名なお店です。ええ、間違いなく、イケメンでしたわ。
 修業先は『めじろ』というお店で、実は、店主はその二代目なんだそうです。

 前回の湘南麺友会で、『麺やBar 渦』のバーテンダー、ニイサンから営業をかけられていた「カクテルデー」(笑) 8月30日との連絡を受けましたので、麺友会のメンバーで茶化しに、もといその勇姿を拝見しに行って参りました。
 今回は、前々から明確な予定を立てていたわけではないので、4名での参加。私の他は、ごっちさんとその彼女さん、それに渦常連のジョージさん。
 ごっちさんたちは、開店前からずっと待っていたそうなのですが、私は、諸般の事情で開店ギリギリに到着。危なかったです。私でちょうど満席 (^^; 凄い人気なんですねえ。今日は豪雨で大雨洪水警報まで出る有様だったので、あんまりお客さんはいないのかと思ってたんですが。
 着席してから周りを見てみると、どうも常連さんっぽい方がちらほら。夜渦は、常連さんがBarとして利用していることが多いみたいです。ごっちさんによると、昼は普通のラーメン店だそうで。夜渦は、いつも満席らしいですし、お酒が入るために2時間くらい動かない人が多いそうなので(我々なんて、4時間も呑んでましたがw)、ラーメン類のみを食べる際は、昼にチャレンジした方が良いかも。

 って、あれ?すぐそばのカウンターから「JINさん」という声が聞こえてきましたよ。まさかねえ・・・本物だw
 偶然でしたが、ご家族でいらしていたJINさんに遭遇しました。お子さんが随分しっかりしていて、ホント、子育てをご教授願いたいです。

続きを読む

湘南家@湘南台4

ラーメン

ラーメン(¥500)

 山の中なのに湘南台。神奈川地名七不思議の一つであります。なんでも、湘南を一望できるからとこの名前が付いたそうですが、まるで一望できず、疑問。そもそも、藤沢は元来の湘南ではないのに、まるで湘南の中心であるかのような地名が付いているのがさらに疑問。まあ、湘南出身者は自ら「湘南」をあまり強調しないものです。もう、この際どうでもいい。
 このお店は藤沢地区で古参の家系のお店だそうです。店主は六角家出身なので、先ほど紹介した『まつり家』とは、同じ正統派の家系でもちょっと違う系統になります。ちなみに、私はどちらかといえば、後者の吉村家系の方が好きです。
 そうそう、ここは駅前の店舗にもかかわらず、駐車場が8台分もあり、とてもありがたいです。

続きを読む
Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ