ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

東京都【多摩】

福満園 マークイズみなとみらい店@みなとみらい3

陳マーボーメンGセット

陳マーボーメンGセット


 福満園@みなとみらいにて、久々のランチ。

 相変わらずの混雑ぶり。でも、家族連れは少なかったかなあ。
 こういうオフィス街と観光地がリンクするところって、こういう忙しい時間帯が難しいですよね。
 
続きを読む

ぶぶか 吉祥寺北口店@吉祥寺3

油そば

油そば(590円)


 いつの間にか、北口に移転していたんですね。
 6年ぶりかな。移転してから初めての訪問です。

 あのだいぶ年季の入った旧店舗に比べて、当たり前ですがかなり綺麗になっていました。
 ただ、客席は以前と同じくカウンター席のみ。続きを読む

らーめん郎郎郎 吉祥寺店@吉祥寺4

プチらーめん

プチらーめん(630円)


 2014年、ラーメン食べ始めはこちらのお店から。

 「郎郎郎」と書いて、「さぶろう」と読ませます。
 何店舗かチェーン展開している二郎系のお店。

 店内はカウンター席を中心に、テーブル席もあります。

 テーブル席にはカップルの姿もありました。
 ただ、大量に残して女性の方がぶーたれてましたけれども。
 言いたい気持ちは分からないでもありません。ラーメンを食べ歩かず、料理もしないような女性は、如何に「麺の量200g」と表記があってもそれがどのくらいかなんてわかりません。
 もっと端的に「すげー量だから、初心者は心してかかれ」と書いておけばいいのです。続きを読む

武蔵家@吉祥寺4

ラーメン

ラーメン(630円)
キャベチャー(100円)
ライス(50円)


 六角家出身の家系ラーメンの人気店。ちなみに、ライス無料の武蔵家はたかさご家系なので、全く別のお店になります。
 ラーメン店が犇めく吉祥寺において、行列のできる人気店です。多摩組のメンバー店でもあります。続きを読む

圓 町田店@町田4

煮干らーめん

煮干らーめん(700円)

【2012年9月15日新規オープン】

 勇次が町田に帰ってきた!かつて町田で勇次として営業していたお店が惜しまれつつも八王子へ移転。それがこの度、町田に凱旋してきました。
 余り大きな看板は立てず、ひっそりと営業。そのためか、ピークタイムでもギリギリ満席になるかならないか。行列を覚悟していましたが、まだそこまでの認知度はないようです。
 お店に入ると、ツンと鼻につく煮干しの匂い。うーん。万人受けじゃないな(笑)
 席は、L字カウンターのみ。続きを読む

バリ男 吉祥寺店@吉祥寺4

ラーメン


ラーメン(750円)


 二郎インスパイア系のチェーン店。最近、時々見かけますよね。
 店頭には、「男の男による男の為のラーメン」という文句が貼っており、これがちょっと恥ずかしい(^_^; 道行く人が指していきます。
 そうは言っても、女性向けの減量メニューもあるし、店内にはカップル客もいました。
 兎に角、気合いが入っていて、そういった面ではなかなか好印象なお店です。続きを読む

春木屋 吉祥寺店@吉祥寺3

中華そば


中華そば(800円)


 お正月ということで、奥さんの実家へご挨拶に。
 そんな中でも時間が空いたので、ちょっと吉祥寺までラーメン遠征(笑)
 今年一発目のラーメンには、個人的には『楽々』を選んでいたのですが、ええ、見事「本日は終了しました」(笑)
 他の行きたかったお店も軒並み閉店済み。みんな、正月から食べにきてるんだなあ・・・。

 ということで、流れ流れてこちらへ。荻窪へ行った時に『丸長』を選んでこちらへは行かなかったのが気になりまして。続きを読む

洞くつ家@吉祥寺4

ラーメンとキャベチャー


ラーメン(650円)
キャベチャー(100円)


 吉祥寺で食べるラーメン、2軒目は、こちら。吉祥寺が誇る横浜家系のお店。
 店頭に六角家姉妹店とデカデカと書かれており、期待感をそそります。店主はなんでも、武蔵家を立ち上げた人で、その後武蔵家から独立してこちらを始めたそう。
 お店の入り口はわかりにくいですが、意外と中はカウンターの他、テーブル席もあり、広くなっています。続きを読む

音麺酒家 楽々@吉祥寺4

こってり白


こってり白(700円)
味玉(クーポン利用)


 前回来たのは昨年。見事に正月で臨時休業というオチでした(^_^;
 今回は、そのリベンジで。吉祥寺まで来ることはそんなにはないので、今回は開いていて良かったー。
 流石人気店ですね。こんな路地裏にあっても、何人も列ができていました。
 しかし、そんなに待ちがいても、食べ終わった後ずっとくだらない話をして居座る高校生集団もいて。あれはある意味才能ですね。将来が楽しみです(笑)続きを読む

ラーメンと夢はじまるby@町田4

ラーメン


ラーメン(650円)


 火の国系列のお店。ということで、熊本ラーメンのお店です。
 詳しく覚えていませんが、ここって前のお店も熊本ラーメンでしたよね?業態変更?

 店内はログハウス調の木目いっぱいのインテリアで統一されています。
 券売機がちょっとわかり辛いかな。続きを読む

蒙古タンメン中本 町田店@町田4

北極ラーメン


北極ラーメン(800円)


 平成22年8月7日オープン。意外と駅から近いところにあるんですね。
 開店時間直後に行ったのですが、もう既に凄い行列。こんなの、二郎と中本くらいじゃないですか?(笑)続きを読む

麺屋武蔵 虎洞@吉祥寺4

赤虎つけ麺


赤虎つけ麺(1,050円)

【夏季限定メニュー】

 再訪シリーズです。前回は、結婚する直前だったので、かなり久しぶりになります。
 私は元々、麺屋武蔵の各店について、そんなに味の相性は良くないのですが、ここは特にあまり良い印象がなかったお店。どうかなあとは思ったのですが。続きを読む

基motoi 町田店@町田4

限定冷やしらあめん


限定冷やしらあめん(800円)

【夏季限定メニュー】

 出張帰りの一杯。ちょっと、中途半端な時間で、行きたいなと思っていたお店が軒並み中休み中。
 ということで、こちらへ来てみました。伊勢原店へ入ったことがありましたが、こちらは初めて。
 そういえば、伊勢原店はまもなく業態変更するんですよね、確か。

 店員のお兄さん、かなり疲労困憊な様子。もしかして、休憩時間に入る直前だったかな。

続きを読む

ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店@めじろ台5

小ラーメン


小ラーメン(650円)


 会社の同期から「二郎行きましょう!」と誘われたのは4月。それから2ヶ月、ようやく日程調整ができ、「二郎ツアー」が実現しました。ええ、二郎だけを食べ歩くツアーです。
 とはいえ、我々常人ですから、1日に2杯も食べれば廃人になるレベルです。ということで、2杯を目標に、東京の端から端へ移動することにしました。

 まず、1軒目は、その同期オススメの二郎。二郎の中で、彼が最も好きなのが、こちらなのだそうです。
 近くに駐車場がないので、ちょっと遠くに車を駐めて、徒歩でお店へ。暑いね。ちょっと歩いただけで、汗だく。こんな日に二郎を2杯も食べるなんて、どんな我慢大会よ(^^;
 着いてみると、奇跡的に列がほぼ無く、すぐに着席。ラーメンが出てくる頃には、外まで列が出来ていたので、本当に運が良かったなあ、と。

続きを読む

麻辣商人 吉祥寺店@吉祥寺4

麻辣担担麺


麻辣担担麺(¥600)

【2010年4月4日新規オープン】

 広島で人気の汁なし担々麺のお店が、東京は吉祥寺に進出。担々麺好きかつ最近混ぜそばを食べていなくて食べたかった私は、これだとばかりに飛びついちゃいました。
 入ってみると、何やら奥でゴソゴソ。よく見ると、テレビの撮影みたい。オープンしたばかりのようなのに、もうテレビ取材が来てるなんて、凄いねえ。

続きを読む

ぶぶか 吉祥寺店@吉祥寺4

油そば


油そば(¥590)
特製まぜそば(¥630)


 吉祥寺2軒目に選んだのは、こちら。一度来てみたかった、油そばの有名店『ぶぶか』です。知らなかったのですが、ここは『味の民芸』の系列店なんですね。
 こちらには、奥さんと2人で行ったんですが・・・普通、1軒目と2軒目が逆ですよねw これぞ計画性のない食べ歩きの結果。でもまあ、私は行きたいお店に行けたので、文句はありません。

 寒空の中、外待ち5人だったので、諦めようかとも思ったのですが、折角来たんだし、待ってみようと10分ほど待って入店。
 内外装ともに、如何にもラーメン屋という油がへばりついたような感じになってしまっています。ただ、別に汚いってわけではなく、年季ですね。
 店内の客席は、L字カウンターのみ。ちょっと狭いですね。上着を掛けるハンガー完備です。

続きを読む

黄金の塩らぁ麺 Ayumi@吉祥寺5

具だくさんの塩らぁ麺


具だくさんの塩らぁ麺(¥1,000)

【2009年7月19日新規オープン】

 さて、今年初のラーメンは、奥さんの買い物にお付き合いして、吉祥寺でと相成りました。連食するよと言うことで、1軒目は私一人で。
 まず第一に『一二三』をチョイス。ええ、アッサリと振られました。ついでに隣の『めんだ』もシャッターが閉まっており・・・。ともに5日から営業だそうです。でね、まあこれは仕方がないと気を取り直して『磯部水産』に向かうも、こちらも臨時休業の張り紙が寂しく貼られていて・・・。
 さて、どうしたものか。とりあえず、『春木屋』が営業していることを確認して、その後は「もうこうなったら、行き当たりばったりだ」と突っ込んだのが、ここ。なんだか外見からして面白そうだな、と。

 よくよく見てみると、ああ、知ってる。『黄金の塩らぁ麺 Due Italian』の石塚和生氏がプロデュースするお店ですね。
 「Ayumi」という店名は、「あゆみの箱」から来ているそうです。私の周りにはこの箱はなかった気がするので、最初は全く意味がわかりませんでした(^^; 優しいラーメンを作りたいんだとか。
 外装もそうですが、内装やスタッフの制服まで、完全にイタリアンを意識したもの。スタッフの物腰も柔らかく、好印象。これは、女性ウケしそうですね。実際、カップルや女性客が多かったです。それにね、ええ、私がラーメンを食べている時に、通りの方を見ていたらね、見たことのある女性が外に置いてあるメニューを見ていたんですね。ええ、奥さんでしたw どうせ付き合わされるなら、ここが良いなと見ていたそうです。ゴメン、先に一人で入っちゃった。

続きを読む

佐野JAPAN@町田市産業展5

プレミアム醤油ラーメン


プレミアム醤油ラーメン(¥800)


 ごっちさんがこの日町田のイベントに行くということで、便乗させていただきました。ええ、今回の記事はイベント編です。
 この前の週、ごっちさんが『進化』の1周年記念イベントへ行った際、来週は「町田市産業展」でラーメンを作るって話が出たそうで。これは、ネタ的にも行くべきかな、と。

 町田までは、比較的順調に着いたのですが、ここからが大変でした。町田市産業展の会場は「まちだターミナルパーキング」というところの屋上だったのですが、ここの入り方がわからず・・・。だって、道路沿いに入口ありませんよ?どこから入れば良かったんだ?
 3周回ってわからなかったので、もはやこれまでと市営駐車場に駐車。会場まで徒歩で向かいました。でね、これまた屋上への行き方がわからないw これ、外からは行けないのね。よく考えたら、旧東急ハンズの駐車場なわけで、建物の中からしか入口なんかないわな。

 会場に着いてみると、昼時にもかかわらず、予想外に列が短かったですね。いえ、列自体はそれなりに長かったのですが、事前情報からすると、もうちょっと待つかなと思ったので。
 だいたい10分くらいで順番。テントの中には、佐野氏を始め、いわゆる佐野JAPANの面々が交代でラーメンを作っていました。豪華な面子ですが、コストかかりすぎw

続きを読む

らーめん愉悦処 鏡花@立川南4

つけ麺


つけ麺(¥830)


 ナリキヨさんと行く、多摩ラーメン食べ歩きツアー。2軒目は、こちらにしました。『』から、そんなに遠くありませんね。

 こちらの店主さん、ブログをチェックしてるらしいですね。しかし、ブログを見ただけで、誰が書いてるかって、わかるもんなんですかね。

 注目度の高いお店なので、混んでいるかと思いきや、前客1人。時間からして、一段落した感じでしょうか。
 店内は、照明を落として何となくムーディー。悪くはないですが、オヤジ2人でラーメンを食べに行くには、ちょっと場違いなお店かも知れない(^^;
 あっ、店舗写真の手は、もちろんナリキヨさんの手ですw

続きを読む

煮干鰮らーめん 圓@八王子4

煮干らーめん


煮干らーめん(¥680)

【2009年5月23日移転オープン】

 ナリキヨさんプレゼンツ、多摩ラーメンツアー。お誘いを受けて、行ってきました。
 それにしても、やっぱり八王子は遠いね。私の都合で、出発を遅らせてしまったのもありますが、一時間半もかかりました。なかなか来られない一帯です。

 さて、行ったのは『圓』。以前、町田で『勇次』を営業していた店主が、八王子に場所を変えてオープンしたものです。
 少し、路地裏にあるので見つけづらい場所ですが、行列ができているので、見つけるのはそれほど難易度が高いわけではないです。

 お店は、カウンターのみ。ベビーカー不可ですし、狭いので、小さな子供は無理かな、と。
 駐車場は、向かいと隣にコインパーキングがあります。

続きを読む

江ぐち@三鷹4

ラーメン


ラーメン(¥450)


 奥さんの実家へ遊びに行った帰り、やっぱり一杯は食べないとねと、来たのがこちら。
 創業65年の東京ラーメンの老舗店です。全席カウンターなのですが、これが厨房を囲むようになっているため、距離が近い。また、お店が地下にあるため、一見さんにはわかりづらい。麺が、老舗には珍しく、自家製麺など、色々と話題に事欠かないお店で、今でも常連さん以外がポツポツ行くお店になっています。

続きを読む

ホープ軒本舗 吉祥寺店@吉祥寺4

中華そば

中華そば(¥600)


 折角通った吉祥寺。ここは、何としても一杯は食べて帰りたいと思ったのですが、通りかかったのが夜中だったため、やっているお店自体を探すのが大変な状況で。何とか探し当てたのが、こちら。まあ、元々一度来てみたかったお店なんですが。
 こちらは、巷にあるホープ軒の元祖で、『土佐っ子』や『香月』もこちらの出身ということで、「東京豚骨醤油」や「背脂チャッチャ系」の源流にあたるそうです。

 お客さんは、ほぼ全員酔っぱらい。しかも、泥酔。まあ、時間が時間だから、致し方がないといえば、そうなんですが。
 支払いは前金制。ラーメンが提供される前に徴収されるので、用意しておきましょう。

続きを読む

青葉 府中店@府中本町4

中華そば

中華そば(¥650)

【2008年8月14日オープン】

 府中近辺を、数キロに渡って歩いてしまいました。夏の雨上がり、ジメジメした中、スーツで歩き回るのは、かなり厳しいですね。
 府中は、何軒か行ってみたいお店がありましたが、もう歩きたくないと、目の前にあった、こちらに入ることにしました。

 中野に本店を置くお店で、東京を中心に、北関東に展開しています。所謂「ダブルスープ」の元祖で、インスパイア系が登場したり、出身者が青葉出身を隠して出店したり、色々話題が豊富なお店でもあります。

続きを読む

ラーメンおやじ 町田店@町田5

おやじ麺

おやじ麺(¥750)


 先日結婚した友人の結婚祝いを遅ればせながら買いに、d-1と町田へ。
 で、まあ、いつも通りというか、こちらへ来てしまいました。町田『おやじ』です。ちょうど、半年ぶりくらいかなあ。
 ところで、噂によると、相模原の本店が閉店したんだとか。行列店でしたから、業績不振ってことはないと思うんですが。移転とか?

 今回、最も安いコインパーキングというものを探してみたのですが、どうも、お店の目の前の市役所駐車場が最も安いみたいですね。

続きを読む

太公望@秋川4

醤油ラーメン

醤油ラーメン(¥700)


 『池谷精肉店』の後に行ったお店。実は、羽村の『いつ樹』へ行く予定だったのですが、本日定休日・・・。え?定休日変わったの?いえいえ、私が間違えてメモってました・・・。
 ショック。ここまで来るの、2時間かかったんですよ。もうね、ちょっとした小旅行なんですよ。それで定休日って・・・。もう、立ち直れない。

 しかし、それで帰ってきては、完敗です。急いで検索しました。そして、出てきたのがこちら。先ほどの『池谷精肉店』の3軒先です。って、30分かけて同じところに戻って来ちゃったよw
 こちらは、創業21年の老舗。以前は、相模原で九州豚骨ラーメンのお店をやっていたんだとか。

 駐車場は店舗前に1台分ありますが、運悪く満車。帰る時間を考えるとあまり時間がないので、目の前のコインパーキングに駐車。
 入ってみると、6割方の席が埋まってました。ん?女子高生とその家族の組み合わせが2組。そうか、今日は高校の入学式でしたね。

続きを読む

麺 池谷精肉店@秋川4

つけそば[大盛り]

つけそば[大盛り](¥700)

【第1回 ラーメン多摩組スタンプラリー参加店】

 今、「ラーメン多摩組」という多摩地区のラーメン店の組合が、スタンプラリーを開催中なのは、ここに来て下さる方の半分くらいの方はご存じかと思います。
 でね、私、この参加店のほとんどに行ったことがなく、良い機会だから、一度行ってみようかなと思いまして。行ってみました。

 行ったのは、『池谷精肉店』。こんなことでもなければ、湘南地区からはまず行かないであろうあきる野市にあるお店です。
 精肉店とありますが、歴としたラーメン店です。屋号は、店主さんの実家のものなんだとか。
 駐車場は、店舗前4台分と、店舗向かいの月極駐車場2台分。営業時間中は、ほぼ満車状態みたいです。私は運良く1台分空いていたのでそこに駐めて列に並びました。10人くらいの列で、「平日に来たのに、この列は凄いなあ」と思っていたら、これでも私はタイミングが良かったみたいで、私が席に着く頃には20人くらいの列になっていました。こりゃ、週末はどうなってるんだろ・・・。
 それにしても、店主さんと一緒に働いている方、奥さんでしょうか?美人さんですね。

続きを読む

ニューホープ軒@大塚・帝京大学4

ラーメン

ラーメン(¥690)


 『ラーメンショップ大和 つきみ野店』の後、ラーメンのお誘いの電話をしたところ、2連続で断られまして。ええ、もうこれは、一人で食べに行けってことだろうと、一人、立川の『鏡花』へ向かいました。
 でもね、やっぱり、立川は遠い。だんだん、やっぱりやめようという気になった頃、なんだか見覚えのある景色だなあと思っていたら、やはり見覚えのあるお店を発見。ここで折り返すことにしました。6年ぶりの『ニューホープ軒』です。
 昔、d-1がこの辺りに住んでいまして、その関係で、私もちょくちょくここら辺に来ていました。で、こちらはその頃に食べたお店の一つ。当時から話題のお店でした。
 名前からわかるように、ホープ軒と関係がありそうなのですが、前に誰だかが聞いた際、「一切関係ない」と答えたんだそう。まあ、一切関係がないわけがないんですが。

 お店の中に一歩入ると、物凄い豚骨臭がします。まあ、すぐに慣れますが、それまでは苦痛なくらい。
 駐車場は、お店から2軒向こうの月極駐車場に5台分くらいありますが、ほとんどの車が路駐しています。

続きを読む

雷文@玉川学園前4

醤油ラーメン

醤油ラーメン(¥700)


 恐らく、日本で最も有名な女性店主のお店。店主さんについては、個人的に親しい方がこのブログを読んでいるので、多くは書かないでおきます(笑)
 娘時代には、さぞモテたであろう店主さんは、とても気さく。常連さんと会話をしつつ、一見の私にも、気を配ることを忘れていません。こういうお店は、常連さんが多いんですよね。

 さて、お店ですが、電車のどの駅からも、徒歩では厳しいです。お店の外観は、普通の一軒家。注意していなければ、見逃す可能性があります。
 駐車場は、店舗と道を隔てた向こう側にある、月極め駐車場に4台分あります。満車なことも珍しくないですが、路上駐車はしない方が良いです。

続きを読む

凪 立川店@立川5

凪豚

凪豚(¥680)
替え玉(¥100)
味玉(クーポン)


 『多摩地区ラーメン食べ歩き弾丸ツアー』2軒目は、ジンさんの希望でこちらへ。何でも、ジンさんはこちらの店長さんと知り合いなんだそうで。ええ、年賀状のやり取りをする仲なんだそうですよ。で、実はその年賀状がクーポンになってましてね。私もその恩恵に与るべく向かったわけです。

年賀状

 凪の立川店は、立川にあるラーメン集合施設『ラーメンスクエア』に出店しています。その特性から、渋谷店とはだいぶ違う点があるようですね。まあ、どこが違うっていわれても困りますが。

続きを読む

勇次@玉川学園前4

熊本褐毛和牛ラーメン

熊本褐毛和牛ラーメン(¥1,200)

【24-25日限定メニュー】

 ほぼ思いつきで「週末、ラーメン食べに行きますか?」コールをしたところ、全員からOKが来ちゃったので決行しちゃった『多摩地区ラーメン食べ歩き弾丸ツアー』。ほぼ、勢いです。

 参加者は、
 【湘南ラーメン食べ歩記】のごっちさん
 【JINのらーめんとかも】のジンさん
 【純和茶屋本舗(憩)】の俊五郎さん
 相変わらず、濃いメンバーですw

 まあ、なんですか。特にここに行くって話で計画されたツアーではなかったので、参加者の行きたいところを適当にって感じで。完全に無計画。まあ、とりあえず、1食目だけはこちらの限定ってことで決まってはいたのですが。
 こちらは、2月15日で閉店してしまうそうで、それまでの間、土日は毎回限定メニューを出していくそうです。この週の限定は「熊本褐毛和牛」。ジンさん曰く「肉の時は混む」ということで、早朝に出発、開店約一時間前に到着しちゃいましたw
 さすがにね、1時間前だと並んでいる人は・・・え?いるよw まあ、二人だけれども。ということで、整理券3番で列に参加。後から後から来るわ来るわ。ホントに凄いんですね。それにしても、こちら。オープン前は「茶道教室」の看板しかないものだから、近所の人たちが「何なの?この列は」という容赦ない視線を浴びせてきましてね。すいません、変態でw

 この日は10分早く開店。店主さんはホント、良い人そうな方で。この方と列に並ぶラヲタとのコントラストがなんとも。

続きを読む
Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ