海老焼売ワンタンスープ+香港麺

海老焼売ワンタンスープ 880円
香港麺 165円


 関内桜通り沿いにある、香港雲呑専門店 賢記@関内(横浜市中区相生町)

 この場所、私が横浜で働くようになってから、もう4軒目なんですよね。いずれも、ラーメン屋さんでしたが。それほど悪くない場所だとは思うのですが、なかなか長続きできない物件です。
 今回の雲呑専門店は、その中ではなかなか長い方ではないでしょうか。…、いつできたっけ?近くの某有名ラーメン店主プロデュースのお店と同じ頃にオープンだった気がするのですが…。あちらはもうありませんね。

 店内は、ずっと居抜き。カウンター席と、少々のテーブル席。グループで行くのはちょっと辛いかな。2人までですね。


色紙

 店員さんは、中国の方。店内に中華街の名店の方々からの色紙が飾ってありましたが、こちらの方、なかなかの実力者なのでしょうか。
 
 こちらのオススメメニューだという海老焼売ワンタンスープ香港麺を入れたもの。
 こちらは、雲呑専門店であって、ラーメン店ではないので、そのままだとワンタンスープのみ提供されます。麺抜きですね。そこに、お好みで麺を入れることができます。麺は、極細麺の香港麺と、太麺から選べます。折角なので、香港麺をチョイス。

 海老焼売ワンタンは、海老と肉のハイブリッドな雲呑。海老焼売ってなんだと思ったけれど、なるほどねー。確かに、店員さんが「海老と肉の雲呑」って説明してたなあ。まさか、一緒に包まれているとは思わなかったけれど(海老雲呑と肉雲呑が別々に入っていると思ってた。)
 皮がピロピロでいいですね。この食感がいいんですよね。具のジューシーさのとコンビネーションが凄い。

 スープは、なるほどラーメンのスープというよりは、中華の青湯スープ。すっきりしていて、ラーメンのスープにするにはクセがなさ過ぎるかなと思いますが、焦がしネギの香りも立っていて、美味しい。


蒸し鶏ご飯

 サービスで、蒸し鶏ご飯が付きます。ワンタンスープだけでは食事にならないか。しかし、これはセットで出てくるものとしては、なかなかしっかりしています。旨い。盛り付けはあれかもしれませんが、ネギ塩がいい感じ。


杏仁豆腐

 そうそう、最後にココナッツがきいた杏仁豆腐も出てきます。ちょっと高めの設定かなと思いましたが、これだけ付いてくれば満足かな。

 今度は辛いメニューにチャレンジしてみようかな。ここの感じだと、そんなに辛くなさそうですが。ごちそうさま。


65杯目/2020年

【お店詳細(食べログ)】


関連ランキング:ラーメン | 関内駅馬車道駅日本大通り駅


ブログパーツ