わかめタンメン

わかめタンメン(400円)


 俗に平塚系といわれる酸味のあるスープにラー油を投入して食べるタイプのタンメンを提供するお店。
 ラオシャンには大きく分けて、「老郷」の系統と、「花水ラオシャン」の系統があり、こちらの方が、花水ラオシャンの本店になります。

 この2系統、話せば長くなりますが、ざっくりと老郷が本家、花水ラオシャンが元祖だとご理解ください(笑)
 まあ、昔色々とあったそうなのですが、老郷の方が本物の本家で、花水ラオシャンは暖簾分け?なのですが、初代の味に近いのは花水ラオシャンなんだそうです。

 昔は地元の一部に人気といった感じの、建物自体もちょっと傾いちゃった感じのお店だったのですが、私が平塚を離れている間にテレビにも何度も取り上げられ、すっかり有名店になってしまいました。
 お店も移転して綺麗になり、なんだか知らないお店になっちゃった気もします。
 基本のタンメンは、玉葱しか乗ってこないほぼ素ラーメンなので、私はいつもわかめタンメンを注文してしまいます。
 その他、月見タンメンやネギタンメンなんかも人気ですね。

 そのまま食べても、まあいいのですが、このタンメンの神髄は、自家製ラー油にあります。これをかけることによって、完成すると言っても過言ではありません。
 量はお好みで。私は辛いのが好きなので、10匙分くらい入れてしまいます(笑)

 スープは、ラオシャンの中ではマイルドな方かなあ。私はもう気持ち酸っぱい方が好きなので、若干お酢も入れます。

 本当は、これに餃子も注文したいところなのですが、今日は諸般の事情でそれはなし。
 また食べに来るかな。ごちそうさま。


253杯目/2013年

【お店詳細(食べログ)】
花水ラオシャン 本店

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:ラーメン | 平塚駅


ブログパーツ