ラーメン

ラーメン(¥400)


 隠れた名店、思い出横丁の岐阜屋。ラーメン店というよりは、中華料理店のここは、食事をしに来る客よりも、飲みに来る客の方が多いです。
 一応、線路側が表口のようなのですが、お店は中通りまでぶち抜きになっています。全体が継ぎ足したような構造で、途中に階段があったり、飛び地のようになっていて他のテーブルと明らかに隔離されていたり。横丁ならではの構造ですね。そんな構造なので、店員同士の移動もままならず、厨房も一ヶ所に集中してはいません。数ヶ所にガスレンジが設置されていて、注文が入ると最寄りのレンジで調理が始まるようになっています。

 色々とメニューはありましたが、本日2件目なので、軽めにラーメンを注文。
 しばらくしてやってきたそれは、澄んだ醤油の懐かしいラーメン。ダシが顔を出すか出さないかくらいの濃さのスープ。味のほとんどは、醤油で整えられている感じ。
 平打ちの麺を啜ると、爽やかな生姜の風味を感じます。
 単品としての完成度はともかく、シメのラーメンに合いそうです。これだけを食べに来ることはないかもしれませんが、思い出横丁で飲んで、ここでシメるのもいいかもしれません。

 最後に。会計の際、危うく500円多く支払わされるところでした。1000円札を出した私に、100円しか返さない店員。おかしいだろという私に、終いには渡されたのは500円だといいはる。今渡したばっかりじゃんorz
 最終的にはキッチリと返してもらいましたが、酔っぱらってたら、誤魔化されてたかもなあ。


岐阜屋外観


 128杯目/2008年

東京都新宿区西新宿1-2-1
都営大江戸線 新宿西口駅下車 徒歩0分(思い出横丁内)
TEL:03-3342-6858
駐車場:なし(付近にコインパーキング有り)
子連れ:−
《09:00 - 翌01:00(金土翌02:00迄)[年中無休]》


【同店に対する他の方の記事】
不良リーマンのラーメン日誌
PROJECT:GATZ
東京下町おやじの食・懐かしいもの
トラの黒い日々
天狼の「明るく楽しく前向きに」