中華そば

中華そば(¥680)


 またやって来ました、池袋西武の「全国味の逸品会」。前半の『中村屋』に替わって、後半は『井出商店』が入ります。
 井出商店は、首都圏で和歌山ラーメンブームの火付け役となったお店であり、『新横浜ラーメン博物館』に入っているため、知名度もかなりのものです。首都圏で和歌山ラーメンといえば、皆、井出商店を連想するため、本場和歌山では少数派の井出系が首都圏では圧倒的主流となってます。私も、以前数回食べたことがあります。

 行ってみると列はなし。中村屋といい、池袋西武の物産展のイートインは、並ばなくて良いです。お店としては、あんまり良くないんだろうけど(^^;
 今回に限っては、おそらくイートインの数が多いため、お客さんが分散したんでしょうね。回転の速いラーメン店は、特にお客さんが少なく見えるのかな。

 食べたのは「中華そば」。まあ、基本って事で。
 ラーメン博物館では、お店の中は豚骨特有の饐えた臭いが充満していましたが、ここではそんなことはなく。物産展は、オープンスペースですからね。どうするんだろうと思ってましたが。ああ、スープを外で作ってくれば、臭いも出ないわけか。
 前回食べてから数年が経っていたので、少し味を忘れかけていたのですが、以前食べたものよりもあっさりしている気がしました。もっと粘度があったような。今日食べたものは、まあ、あっさりとしたものではないですが、スープがサラサラとしていました。しかし、流石井出系総本山。コクが違いますね。東京の和歌山ラーメンとは一線を画します。醤油の使い方が巧いのかな。
 具のかまぼこは・・・味がないなあ。神奈川県民の練り物に対する舌は肥えてますよ(笑) チャーシューは、京都でも神戸でもそうですが、比較的大降りの肉を3-5mmくらいの厚さで切ることが多い関東とは違い、小降りの肉を薄切りにして多めに入れてます。地域性って面白いですよね。

 まあ、兎に角、旨い、と。


 73杯目/2008年


催事[全国味の逸品会(後半)]
出店:井出商店(和歌山県和歌山市)
場所:西武池袋本店 7F
期間:2008/04/24 - 2008/04/30


【同店に対する他の方の記事】
かいけー君のぼやき
FILEのラーメンファイル
光圀の西山荘
日々是好麺
いまさらーめんブログ