新福菜館ラーメン + ネギ大盛り

新福菜館ラーメン + ネギ大盛り(¥700)
【閉店】

 新福菜館とは、京都で最も古いラーメン店で、現在の京都ラーメン発祥のお店です。『第一旭たかばし本店』もここの出身ということなので、そこから暖簾分けされたお店をルーツとする神戸ラーメンも、元を辿ればここがルーツということになるようです。
 このお店は、その関東で唯一の支店ということになるようです。なぜ、こんな処に唐突に支店があるかといえば、元々は、新横浜ラーメン博物館に出店していたのですが、その後も横浜に居残ったという経緯なのだそうです。
 私は、大学時代に京都旅行へ行った際、京都タワーホテルのフロントさんに薦められて食べて以来(もっとも、そのときは第一旭の方を食べたのですが)、あっさり系京都ラーメンにはまってしまいましてね、ここはそういった意味では貴重なお店です。

 今回は、普通にラーメンをチョイス。但し、ネギを大盛り。
 京都ラーメンの最大の特徴は、この無造作に盛られた九条ネギ。京都の第一旭で食べた際に、ネギ大盛りコールができたので、メニューには載っていませんでしたが、ここでもやってみました。ネギが嫌いでなければ、九条ネギの独特の風味と食感を楽しむためにも、是非。ちなみに、無料です。
 もう一つの大きな特徴はスープ。京都といえば、関東では「京風」としてダシを利かせた薄口醤油のスープを思い浮かべる方が多いと思いますが、あれは、関東人のイメージ先行の代物です。本物は、結構総じて「こってり」でした。関東にもたくさんある『天下一品』。あれも京都ラーメンなんですものね。
 京都ラーメンといえば基本的には醤油。元々、京都という土地が味噌をあまり使わないことなどが理由なのだとか。このスープも大別して2種類あり、それぞれあっさり系とこってり系と呼ばれるそうです。あっさり系とはいってもそれは便宜上のものらしく(こってり系よりはあっさり)、鶏ガラや豚骨ダシの動物系スープで、関東ではこってりな部類にはいると思います。あっさり系は前述の第一旭や今回紹介した新福菜館など、こってり系は天下一品がその代表格なのだそうです。
 新福菜館は、鶏ガラベースに煮豚の煮汁が加えられたものです。第一旭本店に比べると、少しあっさりな気がします。新福菜館本店と比べるとどうなのかな。
 チャーシューは、薄くスライスして表面にぐるりと並べるところが多いようで、ここもそうでした。バラ肉で食べ応えがあり、噛むごとに醤油ダレの旨味が出てきます。

 美味しくいただきました。


横浜市都筑区中川中央1-31-1
TEL:045-914-2506
横浜市営地下鉄3号線 センター北駅下車 徒歩3分(モザイクモール港北)
《11:00 - 21:00[年中無休]》


【同店に対する他の方の記事】
横浜ブログ
PROJECT:GATZ
ひっそり斬る
「たまプラ」、「あざみ野」界隈−−美食・生活環境・温泉・蹴球記録
首都圏おのぼりグルメ日記
よしおのNEWタクドラ日記
あのね
らーめん記録
まぐろやごはん
空腹時に見てはいけないブログ
たみおの日記
「道なき道の向こうへ」の日記風