ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

2016年06月

麺やBar 渦@本鵠沼5

鶏皮ぎょうざ4個

生中ビール(580円)
鶏皮ぎょうざ4個(400円)
渦巻玉子(480円)
絶品ちー油まぜそば(880円)
アジアンレッドまぜそば(880円)
琥珀(780円)


 ナリキヨさんと数年ぶりに呑み。渦に来るのも実に3、4年ぶり。

 転勤してえらい目にあってからは、営業時間に間に合わなくて、ご無沙汰。
 その間にナリキヨさんも変わったけど渦も随分と変わったなあ。

 渦は、奥の倉庫が座敷に変わってましたし、メニューもつまみが増えて、麺のメニューも変わりました。
 そして何より芳実さんがお店に立たなくなりました。
 女将さんは変わらずお元気で、2時間くらい一緒に呑んじゃったけれど(笑)続きを読む

ジェイタン@秦野3

ジェイタン極味

ジェイタン極味(870円)
からあげセット(250円)


 秦野駅北口のバスロータリーにある、担々麺とからあげのお店。

 本当は別のお店に行こうと思っていたのですが、担々麺とからあげという私の大好きなコンビに、方針変更。
 表に出されていた浅草開花楼の麺箱も背中を押しました(笑)続きを読む

万福@開成4

手打ちラーメン

手打ちラーメン(500円)
餃子(100円)


 開成町の老舗中華料理店。
 場所としては、駅からも程々あり、幹線道路からも一本入ったところにあるので、立地は全く良くないですが、次から次へとお客さんが来るのは流石。

 駐車場もありますが、客層は歩いて来られる常連さんがほとんどといった印象。続きを読む

リンガーハット 茅ヶ崎浜竹店@辻堂4

まぜ辛めん

まぜ辛めん(540円)


 早めに退社できたのですが、その分子供の習い事に付き合うことになり、遅くなってしまいました。
 ということで、久々に家族でリンガーハットです。

 リンガーハットは、特に長男が好きでして、いつも野菜たっぷりちゃんぽんをペロリと食べてしまいます(笑)続きを読む

中華 四川@上大井3

タンタンメン

タンタンメン900円


 小田原系担々麺の総本山。
 発祥のお店については諸説ありますが、小田原市を中心に提供されているこの独特のスタイルの担々麺を最も世に広めたお店は間違いなくこちらでしょう。

 随分前にナリキヨさんに連れてきてもらって以来。
 もう、10年ぶりくらいかもしれない。

 その後も何度かお店の前は通ったのですが、いつも大行列で。
 今回は店内も半分くらいの入り。テレビや雑誌に取り上げられると混むのかな。続きを読む

郁 大井町本店@相模金子5

チャーシューワンタンメン

チャーシューワンタンメン(1,200円)


 3年ぶり2度目の訪問。
 本当は復活した『むら田』へ行くつもりでしたが、安定の臨時休業(笑)

 ということで、そのまま車を走らせてこちらへやってきました。
 こちらはちゃんと店主さんが厨房に立って作ってました。続きを読む

桂花ラーメン 渋谷センター街店@渋谷4

桂花ラーメン

桂花ラーメン(770円)


 言わずと知れた、熊本ラーメンの首都圏での先駆者的存在の桂花の渋谷店。
 神奈川県で熊本ラーメンというと『なんつッ亭』が思い浮かびますが、東京都では『桂花』が代名詞。首都圏で熊本ラーメンを認知させた歴史あるお店です。
 昔は横浜にも店舗があったんですが。気が付かないうちに閉店してしまっていました。

 こちらの店舗は10年ぶりくらい。
 当時はまだ院生で、夢も希望もありました…。続きを読む

博多だるま JAPAN MARK IS みなとみらい店@みなとみらい4

辛旨ラーメン

辛旨ラーメン(770円)


 博多に本店がある『だるま』の神奈川県唯一の店舗がこちら。
 というか、首都圏に2店舗だけだったかな。

 本格的な博多ラーメンを提供しているお店として向こうの出身の人にも好評です。
 正直、もう何回も食べているのですが、何故かブログには未登場な模様。続きを読む

熊猫飯店@元町・中華街4

麻婆麺

麻婆麺(1,058円)


 南門シルクロードを元町方面に進み、外れかけてきた頃にあるお店。

 比較的新しいお店かなあと思います。以前はありませんでした。
 熊猫(パンダ)何て言うくらいですから、勿論四川料理のお店です。

 厨房がガラス張りで調理がよく見えます。なかなか面白いですね。続きを読む

栄屋本店@第15回記念紅花の山形路物産と観光展5

第15回記念冷やしラーメン

第15回記念冷やしラーメン(972円)


 山形の有名ご当地麺「冷やしラーメン」の元祖のお店。
 こちらも横浜タカシマヤで開催中の『第15回記念紅花の山形路物産と観光展』に出店中のところにお邪魔しました。

 今は首都圏でも色々な冷やしラーメンが食べられますが、冷やしのすべての起源はこのお店ではないかなあと思います。
 食べたのは、実に10年ぶりくらい。仙台在住の友人と一緒に、山形では一時間近く待った気がします。続きを読む

水車生そば@第15回記念紅花の山形路物産4

鳥中華

鳥中華(700円)


 山形県天童市にある板そばの有名店。
 山形県はお蕎麦で有名ですからね。
 しかし、実は一番人気なのは、鳥中華なんだそう。

 今回は、『第15回記念紅花の山形路物産』と観光展に出店中のところをいただいてきました。続きを読む

まんさくらーめん 烏山店@千歳烏山3

支那そば

支那そば(500円)


 千歳烏山駅のバスターミナルの目の前、路地裏にあるラーメン店。
 こんなところにラーメン店ができたんですね。

 千歳烏山というところ、有名店こそ少ないですが、ラーメン店の数はどんどん増えてますね。

 路地裏だからということはないでしょうが、何となく寂しい印象の場所ですね。続きを読む

中華そば とんほう@辻堂3

ラーメン

ラーメン(480円)


 ここは、駅から鵠沼方面へ抜ける抜け道なので、何度となく横は通り抜けてきましたが、入るのは初めて。
 二世代の家族で経営している、地元の中華料理店と行った感じ。
 おそらく歴史は長いんだろうなあと思います。続きを読む

梅蘭酒家@元町・中華街4

酸辣湯麺ランチ

酸辣湯麺ランチ(770円)


 焼きそばで有名な上海料理の梅欄の姉妹店。
 関帝廟通りにあり、梅欄グループの中では一番席数があるそうです。
続きを読む
Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ