ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

2016年04月

天香楼@石川町3

クロタンタンメン

クロタンタンメン(907円)


 中国各地の料理が安価な値段で食べられるお店。
 5年ぶりくらいかなあ。懐かしい。

 中華街の外れの方、通りから一段下がったところにあり、隣には系列のカラオケ店。
 やや怪しげな気もするお店ですが、特にランチタイムはお安くて有名です。続きを読む

豚八家@二俣川4

坦坦メン

坦坦メン(850円)


 久しぶりに、二俣川フォルテにある、家系ラーメンのお店、豚八家。

 行く度に、店内が見えないように貼り紙をしたり、シールを貼ったり変わっていきます。
 まあ、丸見えですからね。私は気にしませんが。続きを読む

龍鳳酒家@日本大通り4

酸辣湯麺

酸辣湯麺(1,080円)


 横浜中華街にある、昭和56年創業の広東料理の老舗。
 料理の幅は広いですが、広東風にして色々な料理を提供しているお店です。

 接客が丁寧なことに注目が行きます。
 流石、老舗といったところかなと思います。
 常連さんも多いようで、私が行ったときは半分くらいは常連さんだったみたい。続きを読む

龍華楼 新館@元町・中華街4

ラーメン

ラーメン+半炒飯セット(900円)


 横浜中華街の関帝廟の近く、中山路にある広東料理のお店。

 中華街の中でもやや奥、さらにその路地裏にあるので、立地的にはやや不利な感じなのかなとは思いますが、まあ中華街はみんな路地裏みたいなものだしね(笑)

 そんな立地でも立派な店構え。なんだか期待してしまいます。続きを読む

新錦江@元町・中華街3

四川風挽肉入り混ぜそば

四川風挽肉入り混ぜそば(810円)


 横浜中華街の中山路にある四川料理のお店。
 オープンしたばかりの頃に一度来たことがあります。

 行ったのが少し遅い時間だったということもあり、お客さんは私だけ。後からのお客さんもありませんでした。
 まあ、こんな時間に路地裏のお店には入らないよね(笑)続きを読む

興口福@石川町4

担々麺

担々麺(918円)


 関帝廟のほぼ隣にあるお店。
 ここも前はなかったよなと思っていたら、店名が変わってリニューアルしたんだとか。

 細長い店内。
 中華街とは思えない、丁寧な接客が印象的でした。
 水ではなくお茶が出てきて、定期的に確認しに来てくれます。続きを読む

麺屋はなび 高畑本店@高畑4

元祖台湾まぜそば

元祖台湾まぜそば(780円)


 今や、全国区でブームとなった、台湾まぜそば発祥のお店。
 私が台湾まぜそばを初めて食べたのは、『やまらぁ』で期間限定メニューとして出ていたとき。東京で初めて提供したんじゃないかな。
 あのとき、店主だった山谷さんはこちらへ勉強しに来ていたはず。
 
 台湾ラーメンは支店で妥協してしまいましたが、台湾まぜそばはちょうど発祥のお店の夜の開店時間にあわせられそうだったので、行ってみちゃいました(笑)

 しかし、18時開店なのに、ちょうどくらいに着いて既に列。
 しかも、店外の5人くらいかと思ったら、店内にも10人くらいいたのね。
 前倒しで開店していたみたいで、どんどん人が出てきました。続きを読む

味仙 JR名古屋駅店@名古屋4

台湾ラーメン

台湾ラーメン(700円)


 台湾ラーメン発祥の味仙。
 名古屋に来たら、絶対に行きたいと思っていたお店です。

 今や、全国区になりかけている台湾ラーメン。
 関東圏でもほどほどに見掛けるようになってきました。
 その台湾ラーメンは、こちらの台湾料理屋さんで作っていた担仔麺をベースとした賄いで、名古屋人の口に合うように辛くしたものなのだそう。
 名古屋周辺の中華料理店では、結構メジャーな存在なんだとか。神奈川で言うところのサンマーメンみたいな感じかなあ。

 本店に行こうと思ったんですが、観光に無駄足に疲れちゃった(^^;
 ふらわさんが味は本店と同じだって言うので、JR名古屋駅店で妥協。続きを読む
Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ