ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

2012年08月

豚そば成呑み会4

冷や奴


 今日は、下永谷にある『豚そば成』で開かれた、ラーメン呑み会にお呼ばれしたので参加してきました。お誘いいただき、ありがとうございます。続きを読む

ShiNaChiKu亭@反町4

エシャロットオイル塩味

エシャロットオイル塩味(750円)


 支那そばや出身の店主が腕を振るう絶品ラーメン店。支那そばやとはかつて色々とやり合った仲なんだとか。店主さんと奥さんの夫婦喧嘩も名物の一つです(笑)
 L字のカウンター席のみ。営業時間が平日昼と土日のみなので、家庭持ちのサラリーマンにはなかなか難易度の高いお店でもあります。続きを読む

めん処 樹@天王町

つけ麺

つけ麺(650円)


 愛川町にある「隠國」出身の店主が作る、天王町が誇る安くて旨いラーメンのお店
 天王町のサティ隣にあり、カウンターのみの小さなお店にも関わらず家族連れやカップルが多いのは、女将さんの人柄かな。

 夏麺スタンプラリー参加メニューのタイカレーつけ麺狙いで行ったのですが、回転早々売り切れたそうで。いつもここの限定は難易度高いなあ。続きを読む

麺場 浜虎 横浜店@横浜4

帰ってきた冷し醤そば

帰ってきた冷し醤そば(850円)

【夏麺スタンプラリー】

 横浜のラーメンに新風を吹き込んだラーメン店。横浜のほか、日吉や東戸塚にも店舗があります。
 店主さんは、ラーメンのルーツである中華料理にこだわり、中華の技法を用いたラーメンを開発。店名は、新たな横浜のトラディショナルとなるとの意味を込めてだそうです。
 内外装は、工事現場のよう。店員さんも、つなぎを来ています。場所が鶴屋町ということで、あまり家族連れや女性客は多くはないのかなと思いますが、綿飴無料など、色々と面白いサービスがあります。続きを読む

流星軒@吉野町4

枝豆SEXY DUCK

枝豆SEXY DUCK(1,000円)

【夏麺スタンプラリー】

 矢沢永吉ファンの女性店主が腕を振るう、横浜でも指折りの人気ラーメン店。店内は、矢沢永吉グッズでいっぱいです。店主さんは物腰柔らかく、仕事も丁寧です。
 最近は、上大岡にある『G麺7』の店主さんとのコラボ企画の限定メニューが有名です。続きを読む

らーめんの駅@新横浜4

味噌ラーメン

味噌ラーメン(900円)


 札幌ラーメンの潮流「純すみ系」の元祖とも言うべきお店。名店「純連」「すみれ」の店主の母親のお店です。
 札幌のお店は随時前に閉めたそうで、こちらで復活したときは、大層な話題となりました。
 それが、この8月26日で店主の村中明子さんが引退のため閉店するとのことで、急遽行ってきました。

 お店は思いの外混雑することもなく、スムーズに入ることができました。どのお客さんも、閉店の話題で持ち切りでした。続きを読む

こむらさき 新横浜ラーメン博物館店@新横浜4

冷やし王様ラーメン

冷やし王様ラーメン(800円)

【夏麺コレクション2012】

 昭和29年創業の熊本ラーメン発祥のお店。新横浜ラーメン博物館ではかなり古参の部類になるのではないでしょうか。
 ラー博では8月末まで夏麺コレクションを実施中で、その中でもこちらの夏麺がとても気になったので、入ってみました。続きを読む

一風堂 横浜ポルタ店@横浜4

白丸元味

白丸元味(750円)


 神奈川県で最も古参の一風堂。10年くらい前にはもうあったと思います。売上も神奈川県で一番だそうで、絶えず行列しているお店です。
 店内は割と広く、客層もグループが多い傾向にあるようで、家族連れも多いです。まあ、デパートなどが近いですしね。
 接客も丁寧で、ラーメン店にここまでのホスピタリティを求めていいんだろうかというレベル。本当に、素晴らしい。続きを読む

老郷 本店@平塚4

湯麺

湯麺(550円)


 平塚で個性的な麺料理を食べたいと言われたら、まず真っ先に思いつくのは、このお店でしょう。平塚系ラーメンのお店、老郷(ラオシャン)。なんでも、先日は「ケンミンショー」にも登場したとか。
 私くらいの世代だとそれほど知名度はないのですが、同郷の会社の先輩などに聞くと、知名度はほぼ100%。なんでも、昔は駅前でCM放送がされていたとか。
 コの字カウンターのみで、カウンターが高いので、あまり子供向きではないかな。ここはラー油が肝心のお店ですし。お客さんはほぼ1人客です。続きを読む

らーめん直久 川崎店@川崎3

八王子直久らーめん

八王子直久らーめん(480円)


 大正5年創業というラーメンチェーン店。元々は普通のラーメン店だったんでしょうね。
 川崎駅構内に店舗があり、こちらの店舗はJR系の会社が運営しているそうです。いつも素通りしてしまっていましたが、気にはなっていたので入ってしまいました。
 中は立ち食いスタイルでした。なるほど。お客さんが男性ばかりでないのは、最近の傾向でしょうか。続きを読む

麺屋 一番星@川崎4

塩ラーメン

塩ラーメン(700円)
明太子飯(350円)


 神奈川県で札幌ラーメンを食べるなら、ここがオススメ。
 かつては渋谷の百軒店商店街に支店があり、そこへはよく行っておりました。一番星ラーメンが半端でなく辛く、癖になる味でした。
 渋谷店はしばらく前に閉店してしまいましたので、こちらの本店へいつかは来てみたいなと思っていました。続きを読む

べにはま@日本大通り4

ランチA

ランチA(700円)


 沖縄タウン鶴見の名店「ヤージ小」出身の店主が腕を振るうお店。関内のベイスターズ通りにあり、ランチタイムは外待ちの列ができています。
 店内は、L字カウンター席のみ。正直、味はいいのですがカウンター席のみだと夜お酒を飲むには落ち着かないなあと、夜は敬遠しているところがあります。ちょっと残念。続きを読む
Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ