ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

2006年11月

つけ麺屋 やすべえ 渋谷店@渋谷4

つけ麺+中盛つけ麺+中盛(¥680)

 学校帰りにW.Dに電話したところ、「ちょうど今、仕事が終わった」とのことだったので、渋谷でラーメンを食べることにしました。
 もうね、彼は本当に上司に恵まれなかったようで、会うなり終始愚痴ってました(^^; ホント、大変そう。
 お店は、後期に入ってから、ほとんどここで食べていなかったので、私の希望でやすべえを食べることにしました。
 残業続きで完全にやさぐれているW.Dの分は私のおごり(笑)

 今回は、久しぶりということで、中盛りにしました。で、後から後悔。大盛りにすればよかったな。
 それにしても、ここのつけ麺は本当に美味しいです。今では大勝軒よりも好きかも。
 味の調整は、魚粉で。シャキシャキのタマネギを加えて歯ごたえの良し。
 なんといっても、ここの醤油味のハッキリとしているところが好きです。ここの醤油ダレと、穣のスープを使ってスープを作ると、なかなか絶妙なものができるのではないかなあ。

東京都渋谷区渋谷3-18-7
TEL:03-3400-3011
東急東横線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(明治通り沿い)
《11:00 - 翌02:00[年中無休]》

麺屋 梵天@渋谷4

らーめん+野菜増らーめん+野菜増(¥650)

 再び2ヶ月あいてしまいました。なかなかここって来られないんですよね。
 いつも、道玄坂や文化村、センター街方面へは行くのですが、宮益坂方面へは行かないんですよね。他にお店がないですからね、致し方なし。
 しかし、逆にこちら側は青学やオフィスがあるので、それなりにお客さんは入っているんですよね。今日も、客の半分は学生でした。

 どうしようか30秒ほど考えた末、やはり普通のらーめんにしてしまいました。その代わり、また野菜は増し。
 ここの野菜は、下処理をちゃんとやっているので、二郎と違い、青臭さを強く感じることはありません。でも逆に、茹ですぎで歯ごたえが若干弱いです。
 今度こそ、味噌を食べてやる・・・。

東京都渋谷区渋谷1-13-7
TEL:03-3400-0588
東京メトロ半蔵門線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(宮益坂通り沿い)
《11:00 - 24:00(日22:00迄)[年中無休]》

松壱家 平塚店@平塚4

ネギラーメン[醤油とんこつ]ネギラーメン[醤油とんこつ](¥800)

 彼女さんと東京ディズニーシーへ行ってきたのですが(詳しくはこちら)、夕飯は都合により端折られてしまったので、お腹が空いてしまいました。
 ということで、またしてもラーメンとなってしまいました(^^;

 今回は、ちょっと気が大きくなっていたのか、なんとネギラーメンなんてものを食べてしまいました。もしかしたら、去年の年末に食べた以来じゃないかなあ。
 正直いうと、別にネギはなくてもいいなあ。

神奈川県平塚市紅谷町8-8
TEL:0463-23-9008
JR東海道線 平塚駅下車 徒歩5分(平塚駅西口そば)
《11:30 - 翌03:00(日02:00迄)[第1日曜定休]》

味の味噌一@東海大学前4

味噌ラーメン味噌ラーメン(¥700)

 ここでラーメンを食べた結果、二人とも「物足りない」ということになったので、そのまま近くにある『味の味噌一』まで行ってしまうことにしました。
 国道246号線からは若干離れたところにあるのですが、平塚というよりはむしろ伊勢原寄りにあるこのお店、距離的にはそれほど離れていません。
 今日は日曜ということもあり、家族連れが多く並んでいました。というか、食事時はもはや過ぎていたのに、まさかこんなに並んでいるとは。およそ20分待ちで入店。

 当初は「餃子も食べるか」なんていってましたが、待っている間に先ほどのラーメンが効いてきて、ラーメンだけを食べることにしました。
 ここのラーメンは、クリーミーで甘めの味付けの味噌ラーメン。東京近郊で最近流行のタイプです。それにしても、味噌で平打ちの縮れ麺は珍しいんじゃないかな。
 メンマも甘めの味付けで、私は好きです。

 そういえば、ここのバイトの娘、「若いよね、高校生かな」なんて話してたら、どうも大学1年生みたいです。なかなか可愛かった(笑)

神奈川県平塚市南金目709
TEL:0463-58-9371
小田急小田原線 東海大学前駅下車 車15分(東海大学そば)
《11:30 - 翌02:00[年中無休]》

醤家@秦野3

中華ソバ中華ソバ(¥600)

 今日は、以前から約束していたW.Dとのラーメン食べ歩きの日でした。
 特に決めてはいなかったのですが、今日は県央方面へ行ってみようということになり、適当に走っていたところ、国道246号線へ出たので、「いっそ、なんつっ亭まで行ってみようか」ということになりました。
 しかし、着いてみてびっくり。長蛇の列。前回、平日に来たときは、全く並ばずに食べられたのになあ。やっぱり、休日って凄いですね。
 ということで、心が挫けてしまって、戻ることにしました。で、戻っている間に最初に見えたのがこのお店でした。

 なんでも、平塚を中心として展開するレストラングループ『みずほ野グループ』のラーメンの業態のお店のようです。なるほど、ちょっとチェーン店っぽい感じがしたんですよね(もっともラーメン業態のお店はここ一店舗だけみたいですが)。
 出てきたラーメンも、まさしくチェーン店っぽいもの。見た目もそうですが、正直いってスープも麺も、業務用のレベルを全く超えないものでした。なぜこれで600円もの価格が設定されているのか。まあ、王将のラーメンよりは美味しいと思うのですが・・・。
 まあ、席の間隔も広いですし、駐車場も広いので、家族連れにはオススメかも知れません。

神奈川県秦野市曽屋1547
TEL:0463-85-3711
小田急小田原線 秦野駅下車 車10分(国道246号線沿い)
《11:30 - 24:00[年中無休]》

橙@池尻大橋4

太肉担々麺太肉担々麺(¥1,050)

 以前、池尻大橋駅で下車する機会があり、その際に「担々麺」の文字が目に入ったお店です。
 もとより、担々麺の好きな私は、ずっと「行きたい」と思いつつ、池尻大橋という微妙な位置から行く機会を逸していました。今回は、ちょっと時間ができたのでね、行ってみたのですよ。
 お店に着くまでにね、高校生の集団にたくさん会いました。ここは、駒場高、筑波大付属駒場、駒場東邦という3つの高校がそばにあるんですね。なるほど、いっぱいいるわけだ。

 お店は、担々麺とかラーメンの専門店ではなく、ちょっと凝った感じの中華料理店といった内装。メニューも、中華一般がそろっています。ただ、メインメニューはやはり担々麺のようで、いろいろな種類の担々麺がありました。
 初めての今回は、イチオシ的アピールがなされていた「太肉担々麺」にしてみました。
 担々麺自体は、特段辛いものではなく、中華料理独特のあっさりな鶏ガラ(豚)+魚介の中華スープに練りゴマを溶かした感じ。角煮はこの手の具にありがちな、嫌みなくらいの甘さはなく、脂分もできるだけ取り除いています。私はこっちの方が好きです。ってか、素直に美味しいです。
 今度は、薬膳の担々麺にチャレンジしたいと思います。

東京都目黒区大橋2-16-24
TEL:03-5790-2528
東急田園都市線 池尻大橋駅下車 徒歩10分(氷川神社そば)
《11:30 - 翌05:00[日曜定休]》

中華そば のりや 東京店@東京4

中華そば中華そば(¥630)

 前の店で全然お腹が一杯にならなかったので、立て続けに食べてしまいました。
 ここは、和歌山ラーメンのお店。なんでも、店主は和歌山では修行していなかったとか。

 和歌山ラーメンらしく、店内は凄い豚骨臭。ジャケットに臭いがつかないか心配になってしまいました(笑)
 ねっとりとした、和歌山ラーメンらしいスープです。スープも麺も、なかなかのものでしたが、ちょっと量が少なかったかな。まあ、おかげで2杯目でも順調に食べられましたが。
 ネギがなかなかあって美味しかったです。

東京都千代田区丸の内1-9-1
TEL:03-3201-6016
JR東海道本線ほか 東京駅下車 徒歩5分(東京駅一番街 ラーメン激戦区)
《11:00 - 23:00[年中無休]》

ばくだん屋 東京八重洲店@東京3

つけ麺つけ麺(¥780)

 あね3とのランチに遅刻した私は、食事をすることができませんでした(詳しくはこちら)。ということで、解散後、東京駅で食事をしようと考え、ちょっとうろついてみました。
 東京駅で食事をするのは、大学のときのゼミの先輩が札幌に転勤にするときの送別会以来なので、およそ1年半ぶりくらい。あのとき食べた茶漬けのカツ丼は美味しかったなあ。
 歩いていると、しばらくして『ラーメン激戦区』という文字が見えました。どうも、ラーメンテーマパークのようです。そんなもの、東京駅にあったんですねえ。早速行くことにしました。
 丸の内側に出た私には、遠かったです。大丸のさらに奥、一番街の一番奥にあるんですもん。どのお店に入ろうか迷いましたが、一度も食べたことがないということで、広島つけ麺のお店に入ることにしました。

 広島つけ麺、東京のつけ麺とは全くルーツを別にするもので、同じなのはソバとつゆが別になっているという点だけ。どちらの方が古いかはよくわかりませんが、一見して別物であるのは明らかでした。これならば、どっちが元祖かなんて議論はそもそも意味がない気がしますね。
 こちらのつけ麺は、スープがラー油などで味付けされていて辛口、ソバは細麺で、具はまるで冷やし中華のようです。全体的に冷たいこのつけ麺は、秋冬に食べるものではない気がします。失敗しました。
 辛さも大したことはなく(もっとも、激辛を注文すればよかったのかもしれませんが)、スープも特に個性はない醤油味。具はあっさりの野菜サラダのようなもの。ちょっと量的にも足りませんでした。
 なるほど、私以外、ほとんどの人はつけ麺でなく、ラーメンを食べていました。みんなこれを知っていたんですね。

 夏ならば、なかなかのものなのかもしれません。女性にも、人気がありそうです。しかし、秋冬に食べると、身体が冷えてしまいます。オススメできません。

東京都千代田区丸の内1-9-1
TEL:03-3217-8877
JR東海道本線ほか 東京駅下車 徒歩5分(東京駅一番街 ラーメン激戦区)
《11:00 - 23:00[年中無休]》

一蘭 渋谷神南1丁目店@渋谷4

ラーメン+追加ネギラーメン+追加ネギ(¥850)

 M.HさんとS.Eさんと三人で、渋谷で飲んだ後、M.Hさんの提案でラーメンを食べに行くことになりました。
 M.Hさんの希望で一蘭へ行くことに。一蘭は、およそ1年ぶりくらいでしょうか。確かに旨いのですが、高い割に量が少ないのと、豚骨ラーメンにしては甘いので、どちらかというと一風堂などに流れてしまうのです。

 ちょっと風邪気味だったので、ネギを多めに。ただ、ただのネギなので、追加してもあんまり変化はなく。全体的に歯ごたえが弱いラーメンなので、きくらげあたりにしておけばよかったかなあ。
 にんにくは入れず、味を濃いめにしました。そうしたら、濃すぎて(^^; 飲んだ後だし、ちょっと気持ち悪くなってしまいました。普通くらいがちょうど良いですね。
 秘伝のたれは、2倍にしたのですが、もうちょっといけそうです。

 しかしなあ、高いなあ。

東京都渋谷区神南1-22-7
東京メトロ半蔵門線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(丸井向かい)
《00:00 - 24:00[年中無休]》



ひろの亭@駒沢大学3

ひろの亭らーめん+大盛ひろの亭らーめん+大盛(¥700)

 さて、2週間ぶりのひろの亭です。昼食をどうしようか彷徨っていたところ、「ラーメン」の電光掲示板が出ているのが見えたので、行ってしまいました。
 やっぱりここのラーメンって美味しいです。なんといっても、バランスが良い。
 カウンターで作るところを見ていたのですが、ここは注文順にラーメンを作るわけではなく、メニューごとに作っているようです。多くのお店はそんな感じだとは思いますが、ここは極端で、今はいってきたばかりの客でも、ちょうど作っている最中であればすぐに出てくるし、ずいぶん待っていても、そのメニューを作る順番が後であれば、平気で20分くらい待たされる。つまり、順番がメチャクチャなのです。ここら辺、ちょっとちゃんとした方が良いんじゃないかな、と思います。夜の居酒屋ならそれでも良いんでしょうけれど。

 加えて、今日はちょっと残念でした。なんだかね、隣に座った人が食べ方が汚かったのです。変な音を立てて食べるし。正直言って、食欲が減退すること甚だしかったです。
 今日は辛かったあ・・・。

東京都世田谷区駒沢3-14-2
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(玉川通り沿い)
《11:00 - 14:00,18:00 - 24:00[火曜・第2水曜定休]》



狸小路@狛江4

狸小路ラーメン狸小路ラーメン(¥900)

 熊大路と並んで、狛江の老舗ラーメン店の一つです。なぜこの近距離に、北海道ラーメンのお店が2軒もあるのでしょうか?しかも、名前までそっくり。
 ここは、私が狛江に住んでいた頃に、時々片道20分かけて食べに行っていたお店です。まあ、何でわざわざここまで食べに行ったかというと、狛江市内で最も遅くまで営業しているお店だったからです。時間にとらわれない生活をしていた大学生の時、午前3時まで営業していたこのお店は、なかなか重宝したのです。
 遅くまでやっているということもあってか、ここは特定の常連が多いです。親父さんとお客さんが会話して、酒を飲みながら餃子をつまんだり。一種の居酒屋みたいな空気も流れます。

 ここのうりは、味噌ラーメンと餃子。今回は、餃子はパスして、ラーメンのみ食べました。かなり久しぶりなので、ちょっと豪華に狸小路ラーメンを食べてしまいました。いわゆる、全部のせラーメンです。
 以前食べたときよりも、スープにコクが増えたような気がします。確か、前は昔ながらの味噌ラーメンで、味噌の力が味のほとんどだったと思いますが、ちょっと動物系の脂分を増やしたのかな、という感じです。確実に、以前よりも美味しくなっています。
 具で注目すべきはチャーシュー。厚切りで、食べ応えがあります。味もよくしみこんでいて、いい。そういえば、玉子が煮玉子になってました。色は濃いけれど、味噌にはちょうど良いくらいの味付け。

 狛江時代が懐かしくなる一杯でした。

東京都狛江市岩戸南1-3-6
TEL:03-3489-7814
小田急小田原線 狛江駅下車 徒歩15分(世田谷通沿い)
《17:30 - 翌03:00[水曜定休]》



味の時計台 渋谷センター街店@渋谷4

バターコーンラーメン[味噌]バターコーンラーメン[味噌](¥798)

 学校帰りにラーメンでも食べていこうということで、法科大学院の仲間3人で食べに行きました。

 今回注文したのは、バターコーンラーメン。味噌ラーメンにバターというのはベタな組み合わせてありますが、やっぱり合いますね。ただ、ここのラーメンは結構とんこつダシが効いているので、まあなくてもいいかな、とはおもいますが。
 コーンも札幌味噌ラーメンとしては、やはりベタな組み合わせてはありますが、定番には定番なりの理由があるというもので、これもまた合います。
 トッピング、冒険するのも良いですが、定番もまた良いものです。

東京都渋谷区宇田川町21-7
TEL:03-3461-8081
東京メトロ半蔵門線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(渋谷センター街)
《11:00 - 翌06:00[年中無休]》



味の大西 平塚店@平塚4

ワンタンメンワンタンメン(¥1,000)

 またしても、「大西が食べたい」症候群が発症してしまったので、食べに行くことにしました。
 行ってみると、13時を回ったばかりなのに、ちょうど暖簾を下げるところでした。一応、「2人なんですけど、大丈夫ですか?」ときいてみたところ「なんとか」との返事。どうも、チャーシューが切れてしまったみたいです。いつもよりもチャーシューメンを注文する人が多かったんですかね。
 ということで、チャーシュー関係は品切れとのこと。今日はワンタンメンにすることにしました。

 来てみてびっくり。本当にチャーシューが足りなくなってしまったようで、いつもの1/2くらいしか入っていませんでした。その代わり、ワンタンがいつもより多めでした。
 いやあ、本当にここのラーメンは旨いなあ。スープは、最近ちょっと魚介系が強めかな。
 しかし、相変わらず、量が多いなあ(^^;

神奈川県中郡大磯町高麗3-1-15
JR東海道本線 平塚駅下車 車10分(高麗大橋そば)
《11:00 - 14:30頃[土日祝休]》



餃子の王将 駒沢大学前店@駒沢大学2

ラーメンラーメン(¥450)

 かなり久しぶりにここに来ました。
 駒沢交差点付近は、俗に「駒沢王将抗争」といわれる(誰もいってないって)、数メートル離れて『餃子の王将』と『大阪王将』が並ぶ一帯。私の周りでは、ダントツで大阪王将派が多いので、基本的にはこちらには来ないのです。しかし、価格的には、こちらの方が格段に安いので、久しぶりに入ってみました。

 ラーメンは、もろ化学調味料の味が満載で、もはや醤油の味すらしません。この価格でラーメンを出しているのですから、致し方がないことですが、これはもはやラーメンとはいえない代物です。
 ここでは、汁ソバ系は食べない方が良いのでしょうね。

東京都世田谷区駒沢2-17-1
TEL:03-3487-2611
東急田園都市線 駒沢大学前駅下車 徒歩10分(駒沢交差点付近)
《11:00 - 23:00[年中無休]》



松壱家 平塚店@平塚4

特製らーめん国特製らーめん国(¥800)

 今日は、大学のゼミの先輩の結婚式の二次会でした(詳しくはこちら)。もちろん、御馳走は出てきましたが、そんなの食べている暇もなく・・・。
 ということで、大変お腹が空いてしまったので、帰りにラーメンを食べることにしました。非常に健康に悪いです(笑)

 まあ、結婚式だったということで、今日はちょっと豪華に「国」にしてみました。
 旨いですねえ。他のスープとちょっと味が違うところが良いです。確か、醤油と塩を混ぜてるんですよね。マー油は、何となくただにんにくの香りがするだけのような気もしますが(にんにくを入れればいいだけなんじゃないかと・・・)。

 ああ、俺も人生考えないとなあ。

神奈川県平塚市紅谷町8-8
TEL:0463-23-9008
JR東海道線 平塚駅下車 徒歩5分(平塚駅西口そば)
《11:30 - 翌03:00(日02:00迄)[第1日曜定休]》



むつみ屋 平塚店@平塚4

50e8b6f6.JPG赤みそラーメン(¥750)
【閉店】

 平塚に着いたときに、ちょっと小腹が空いていたので、食べに行ってしまいました。気がついたら、もう半年近く行っていなかったみたいですね。
 流石に、最近はちょっと気温も下がってきて、そろそろ味噌ラーメンの季節ですね。

 ここのラーメン、具が少ないのが難点ですが、やっぱり美味しいです。
 そういえば、いつも店員さんは2人だったのに、今日はおじさん一人だったなあ。どうしたのかな。

神奈川県平塚市紅谷町4-13
JR東海道本線 平塚駅下車 徒歩5分(紅谷町商店街裏)
《11:00 - 翌02:30(金土祝前翌03:30迄)[年中無休]》



ひろの亭@駒沢大学4

ひろの亭らーめん+大盛ひろの亭らーめん+大盛(¥700)

 最近、法科大学院で「朝勉強会」というのをやっているのですが、そのときに不意にラーメンのダシの話になりまして。「よし、お昼はラーメンだ!」ということになりました。
 ひろの亭、久しぶりです。好きなんですけどね、夜は飲み屋になっちゃうし、昼なら麺大盛り無料ということで、お昼にしか来ない関係で、ちょっと回数が少なくなってしまっています。

 今回は、スタンダードなひろの亭らーめんで。前回、うすくちにして、ちょっと大人の味を味わってしまったのでね。
 やっぱり美味しいなあ。バランスが良いというか。インパクトはないんですが、これだけの醤油ラーメンを出すお店はあまりないと思います。

東京都世田谷区駒沢3-14-2
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(玉川通り沿い)
《11:00 - 14:00,18:00 - 24:00[火曜・第2水曜定休]》



Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ