ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

2006年01月

優華@佐野4

佐野ラーメン@優華佐野ラーメン(¥550)

 佐野プレミアムアウトレットに居すぎたせいで、行こうと思っていたお店は軒並み閉店。地方を東京の感覚で動いちゃダメだね。
 携帯で色々と探していたところ、相棒が「ここ評判だし、まだやってるみたいだよ」というので、電話をして営業時間を確認、行ってみました。駅前なんだねえ。
 チャーハンや定食類のメニューからして、ラーメン店というよりは中華料理店みたい。

 ここもおぐら屋同様、麺はツルツルシコシコ、コシが強いです。ただ違うのは、おぐら屋がきしめんの様だったのに対して、こちらは喜多方の麺くらいの横幅ということ。その分こちらの方が歯ごたえが強いかな。スープは中華料理店のラーメンらしく、中華っぽい鶏ガラの醤油味。こういうのもなかなか合いますね。
 ホントは餃子が美味しいらしいんですが、それを食べるほど胃に空きが無く。今度機会があれば、食べてみたいです。

 それにしても、佐野ラーメンのお店って、必ず餃子を出してますよね。そして、なかなか力を入れている。東京ではただのサイドメニューですが、佐野ではラーメン・餃子をセットで食べるのが普通みたいだし。宇都宮が近いということとの関係は・・・無いかな。でも、なぜ餃子なんだろう。まあ、美味しいから良いけどね。

栃木県佐野市若松町178
JR両毛線 佐野駅下車 徒歩5分(駅前商店街内)
《11:30〜15:00,18:00〜21:00[木曜定休]》

優華ラーメン / 佐野駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

おぐら屋@田沼5

ラーメン@おぐら屋ラーメン(¥525)

 W.D氏と一緒に、佐野厄除け大師へ行ってきました(それについてはこちら)。そして、佐野まで行ったときに必ず食べるのがこの佐野ラーメン。昨年食べて感動したここのお店に、今年も行くことにしました。
 栃木は首都圏とは違い、車社会。なので、ここも広い駐車場を持っています。アクセスも、電車だと東武佐野線田沼駅またはJR両毛線佐野駅からそれぞれ15分または20分かかります。車がないと行けません。

 お店は一見してとてもラーメン屋さんには見えません。なんでも、2年前に移転したんだとか。去年は休日に行ったので長蛇の列ができていましたが、今年は平日だったこともあり、スムーズに入ることができました。
 私は佐野ラーメンをそれほど多く食べたことはないので、ここのラーメンがスタンダードなのかは解りませんが、ここのは「関西風うどんみたい」という表現がぴったり当てはまるようなラーメンでした。麺はツルツルシコシコ、コシのある平打ちの縮れ麺。スープは鰹だしの効いた、若干鶏ガラの味のするあっさりで透明感のあるスープ。兎に角美味しい。あっさりで旨いラーメンってのがやっぱり一番旨いラーメンだよ。

栃木県佐野市出流原町993-1
東武佐野線 田沼駅下車 車15分(出流原小そば)
《11:00〜19:00[月曜定休]》

おぐら屋ラーメン / 田沼駅吉水駅

夜総合点★★★★ 4.5

千人同心@京王堀之内4

醤油らーめん@千人同心醤油らーめん(¥600)

 W.D氏を家まで迎えに行った際、ちょうど昼過ぎだったので、野猿街道沿いラーメン店の一つに入ってみました。中央大学が近くにあるので、ここのお店にも中央大生がよく出没するらしいです。
 お店はお昼だけの営業です。ご夫婦でやっているようで、なかなか雰囲気が良いです。

 スープはあっさり目。魚介系で、ダシは濃い鰹節とおそらく昆布。もしかしたら、魚は種類が違うかも知れないです。あっさりなので食べやすく、ありそうでなかった味なのでクセになる。いいですね。下味のしっかり付いたチャーシューもなかなか美味しいです。
 そうそう、このラーメンは長ネギではなくタマネギが乗っていました。タマネギが乗ってるラーメンって『八王子系』っていうんですか?私は聞いたことがないのですが、たまにそういう名称を見かけます。平塚系と同じように、地元でない人が勝手に言ってるだけなのかな。
 それにしても、千人同心とは八王子らしいネーミングですね。八王子に対する愛情が感じられます。

東京都八王子市堀之内2-29-3
京王相模原線 京王堀之内駅下車 徒歩15分(野猿街道沿い)
《11:30〜15:00(土日祝16:00迄)[月曜定休]》

千人同心ラーメン / 京王堀之内駅大塚・帝京大学駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

道玄亭@渋谷4

尾道らーめん@道玄亭尾道らーめん(¥500)

 醤油ラーメンが食べたくて、またもここに来てしまいました。特別ここでなければいけない理由はないのですが、やっぱり場所がいい。井の頭線のエスカレーターを降りるとすぐという立地は、時間がないときには最高のセールスポイントになります。
 毎度毎度食べるのは、同じ「らーめん」なので、今回は少々トッピングに凝ってみました。まあ、「にんにく」を入れただけなんですけど(^^;
 ラーメン店に行くと、ほぼ必ずあるこの「にんにく」ですが、ラーメンはそれぞれのお店で個性がありますから、当然合う合わないがあります。ここのお店のラーメンは、とてもにんにくと馴染むタイプですね。
 にんにくを入れることで元のスープの味とは異なってしまいますが、サジ1/2杯くらいならば、ちょっと控えめに主張していたコクが、一変に強調される感じになります。
 入れなければ入れないで、それぞれの味がそれぞれの担当分野をしっかりこなしているのですが、一度入れたならば別々に仕事をしていたものが、スクラム組んでやってくるという感じでしょうか。適度な量ならばオススメです。
 そういえば、ここってスープのダシを変えてからスープの脂の量が増えて背脂の量が減りました。やっぱり今時背脂って流行らないのかな。

東京都渋谷区道玄坂2-4-5
京王井の頭線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(マークシティ渋谷隣)
《11:00〜23:30[年中無休]》



麺飯食堂 なかじま@渋谷5

酸辣湯麺@麺飯食堂なかじま酸辣湯麺(¥800)

 渋谷で勢力拡大中のムジャキフーズ系列のお店。やすべえごっつおと三軒並ぶラーメン屋の中で一番恵比寿寄りのお店です。
 ここの特色は、メニューの種類が多いこと。ラーメン屋というよりは中華料理屋といったメニューで、海老そばや広東麺などがあります。そして本日は、最初にお店の前を通ったときから気になっていた『酸辣湯麺』を食べるべく、立ち寄りました。

 酸辣湯麺は、その名の通り「酸っぱ辛い」もので、四川料理の一つ。ここの酸辣湯麺は、酸っぱすぎない滑らかな酸っぱさと、独特の強烈なしかし風味を殺さない感じの辛さを持った、ホントに旨いものでした。少しとろみがあるのも私のツボをついてます(笑) 具のもやし炒めも、スープに良く馴染みそして喧嘩しない程度の存在感。なかなかいい感じ。

 店員さんの接客も行き届いていて、感じのいいお店でした。近いうちにまた行きたいですね。

東京都渋谷区渋谷3-18-7
東急東横線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(明治通り沿い)
《11:00〜28:00(日祝22:30迄)[年中無休]》

なかじま

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 渋谷駅神泉駅代官山駅

ばり麺 ごっつお@渋谷4

辛味噌らーめん@ばり麺ごっつお辛味噌らーめん(¥900)
【閉店】

 やすべえに行ったら、長蛇の列で。もはや入る気が失せ。今回は隣のラーメン屋に入ってみました。
 北海道ラーメンのお店なのに、名古屋コーチンのスープがウリというちょっと変わったお店。『麺ばりらー麺』という大宮にあるお店の系列店だそうです。入り口が2階にあり、入り方がわかりにくいですが、入ってみると店内は明るくて綺麗。
 メニューを見る限り、鶏ガラベースの醤油又は塩がオススメのようです。でも今日は、お店に入る前から「味噌ラーメン」と決めていたので、ここは信念を曲げずにとんこつベースの辛味噌らーめんにしました。
 スープはラードタイプでこってり。辛味はちょっと物足りない感じですが、良くいえばスープの味を損ねない程度。具のもやしと細かく切ったチャーシューの繊維質が、噛み応えがあってなかなかグー。スープを最後まで飲みきるのにはきついですが、なかなか旨いラーメンでした。
 そうそう、肝心の麺ですが、私はそれほどコシは感じなかったんですけど。むしろ、スープに完全に負けていた感じ。
 サービスでチャーシューおにぎりを頂きました。ランチタイムサービスか何かかな。

東京都渋谷区渋谷3-18-7
東急東横線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(明治通り沿い)
《11:00〜24:00[年中無休]》

麺屋梵天@渋谷4

らーめん@麺屋梵天らーめん(¥650)

 およそ2ヶ月ぶりの梵天です。ここは所謂『ラーメン二郎インスパイア系』のお店。なので、先日ラーメン二郎の歌舞伎町店に行ったこともあり、食べ比べようと思っていってみました。しかし・・・ここは時間がないときに行くお店ではありませんね。お昼時はいつも列ができており、まあ回転は早いほうだと思いますが、それでも着席までに10分は待ちます。そして、出てくるまで若干時間がかかるので、食べ終わるまで30分以上かかってしまいます。今度は時間のあるときに食べに来よう。

 で、二郎との比較ですが、まず野菜。もやし中心にキャベツが少々という構成は同じですが、これは明らかにここの方が美味しいです。適度に火が通っていて、柔らかいが柔らかすぎない。野菜の青臭さも感じない。
 スープは、あっさり目の二郎に似ているかな。でも、こちらの方が生醤油っぽいというか、醤油の味が強いと思います。やっぱり二郎とは別物です。二郎のあの雑っぽさがない分こちらの方が完成度は高いのでしょうが、二郎は雑っぽさが逆に人気といったところがありますからねえ。
 麺は、なんとなく歌舞伎町店に似ている気がします。ツルツルッとした感じ。太さはどちらも同じ感じですね。

 全然比較になっていませんが、まあやっぱり全然別物ってことですかね。どちらも美味しいので、どうでもいいことですが(笑)

東京都渋谷区渋谷1-13-7
東京メトロ半蔵門線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(宮益坂通り沿い)
《11:00〜24:00(日は22:00迄)[年中無休]》



福豊 新宿小田急エース店@新宿4

福豊新宿小田急エース店@新宿排骨担々麺(¥990)

 とんかつの新宿さぼてんのグリーンハウスフーズが経営するお店。
 店内はバーのようなイメージ。店員もギャルソン風の制服を着ていて「いかにも」飲食店の経営慣れしていそうな会社が運営する今風のお店。
 私は正直ここまで狙い澄ましたお店は逆にあまりいい印象がありません。たいてい、いい加減なラーメンが出てきますから。しかし、このお店はちょっと違いました。空回り過ぎなくらい働く店長に好印象。彼の仕事ぶりは賞賛に値します。こういうお店は味はともかく気持ちがいいです。
 肝心のラーメン。スープは芝麻醤の味が濃く、胡麻の香りが漂います。これはこれで美味しいです。が、ちょっと女性を意識しすぎなのか、甘みが強すぎます。このままでもいいのですが、個人的にはもう少し刺激が欲しいかと。麺は空気を抜いて密度を高くしたという真空麺。コシが強く、甘みを感じるこの麺は、飛び切り美味しいというわけではないものの、なかなかお気に入りです。
 問題は、得意分野の筈の排骨。スープに沈めた状態で出てくるので、食べる頃にはもう衣がボロボロ。折角カリッとしてるのだから、スープに沈めないで上に乗っけてきて欲しいです。それが不満といえば不満。

東京都新宿区西新宿1-1
京王本線線ほか 新宿駅下車 徒歩5分(小田急エース南館)
《11:00〜23:00(土日祝23:30迄)[年中無休]》

本格香湯麺 橡ラーメン / 新宿駅新宿西口駅都庁前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7

ラーメン二郎 歌舞伎町店@西武新宿3

ラーメン+野菜増+辛口@ラーメン二郎歌舞伎町店ラーメン+野菜増+辛口(¥600)

 私が初めて食べた『二郎という食べ物』は、ここでした。あのときは、N.K先輩とT.Y先輩に強制連行され、有無を云わさず『大盛豚ダブル』を注文され、更にそれを『野菜増のニンニク増』にされました。あのときは、もう本当に「こんなもの食えねえ」と思ったものですが。今はこうしてたまに食べないと禁断症状が出ます(笑)

 ここの二郎は、比較的あっさりだと思います。醤油ラーメン二郎版という感じです。武蔵小杉のように、油っぽさを強く感じるようなことはありません。醤油が味わいたかったからですが、思わず「辛口(醤油)!」なんてコールしてしまったために、とてもしょっぱいラーメンになってしまいました。辛口はオススメしません(^^;
 ここって、いつも思うのですが、野菜が冷たくありませんか?野菜が冷え切っているために、スープが完全に冷めてしまっています。うわ!なんじゃこりゃという感じ。なんだか、凄くこれが引っかかるわけです。だって、冷製スープのラーメンなんて、冷しラーメンじゃないんだから、美味しくないっしょ。あとは、チャーシューがちょっと筋張り過ぎかな。
 でも、私はネットでの評判ほどここに文句はないです。というか、私の中ではカブ二郎の順位は結構高い方です。野菜をなんとかしてくれれば、一挙に2位に躍り出るでしょう(1位は旧仙川店)。

東京都新宿区歌舞伎町1-19-3
西武新宿線 西武新宿駅下車 徒歩10分(新宿コマ劇場裏)
《11:30〜27:00(日祝22:00迄)[年中無休]》

【同店に対する他の方の記事】
マッシーのグルメ日記

ラーメン二郎 歌舞伎町店ラーメン / 西武新宿駅新宿西口駅東新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

中国料理 一番@渋谷4

雲呑麺@中国料理一番雲呑麺(¥780)

 まあ、また性懲りもなくこのお店へ行き、また性懲りもなくワンタンメンを食べてきたわけです。ここは駅のすぐそばにあって、とても利便性がいいんですよ。
 時々ここのラーメンのように「ザ・中華そば」といったものを食べると、とても美味しく感じます。そういう事ってありませんか?
 ここの雲呑は、口の中に入れると雲呑の皮がトロッと溶けて、ホントに美味しいです。やっぱり雲呑はこうでないとね。

東京都渋谷区道玄坂1-3-11
京王井の頭線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(マークシティ隣)
《11:00〜24:00(土日祝23:30迄)[年中無休]》



らーめん伝丸@渋谷1

伝丸らーめん@らーめん伝丸伝丸らーめん(¥600)
【閉店】

 ムジャキフーズ系のお店。以前行ったのは2〜3年前。あの頃は、ビルの一階にある店舗なのに、屋台風の内装(ドアも壁もなく、厚手のビニールだけで区切られていた)がウリでしたが、今日行ってみるとまるで違う、今時よくあるスタイリッシュな内装に変わっていました。前の店主がクビになったという話は本当だったようですね。

 まあ、久しぶりということで、伝丸ラーメンを食べてみました。で、来たのがこれ。・・・。「これ、塩ラーメンじゃないの?」。ここの基本は豚骨醤油。でも、これはどう見ても、塩。一応、「醤油です」といわれて出されたので食べましたが・・・やっぱり塩じゃない?見た目はもろ豚骨といった感じですが、味はどちらかというと鶏の白湯スープといった感じ。まろやかでアクがないです。
 気になったのは、麺の太さ。ここの麺は昔からですが、太麺です。これがどうにもスープと合っていない気がします。なんとなくですが、スープと麺が別々に分離しているような感じ。

 最後に。ここは前店主時代は天才的に、ありえないオーダーミスをすることで有名なお店でしたが、それは現在も変わっていない模様。この日、私がお店にいる間、3度のオーダーミスをしていました。ミスをするほどお客さん入ってないのに。こういう、接客業として最低限のことができていないお店は嫌いです。

東京都渋谷区宇田川町28-1
京王井の頭線ほか 渋谷駅下車 徒歩10分(渋谷センター街、宇田川交番付近)
《11:00〜翌06:00(土翌07:00迄,日翌04:00迄)[年中無休]》

らーめん伝丸ラーメン / 渋谷駅神泉駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1

道玄亭@渋谷4

尾道らーめん@道玄亭尾道らーめん(¥500)

 2ヶ月ぶりに行きました。
 久々だからなのかどうなのか?スープの味、変わってません?なんというか、以前よりも動物系スープが強くなったというか。要するに、以前よりもこってりになってます。ただ、そんなに諄くないので、悪くない感じのこってりさですが。スープの見た目も、以前の澄んだスープから一転、黒いカスが浮いてます。魚介系スープも、どうも以前と違うように感じました。以前はこう鋭い感じの味があったのですが、今は柔らかい感じの味。
 お店の中を見てみると、ダシに『焼鯵』を使用し始めたとか。ああ、確かに鯵といわれれば鯵のあの独特の味がするかな。でも、鯵ダシのラーメンっていうのは初めてですね。鯵は味がいいから鯵という名前になった魚。思えばなぜ今まで使われてこなかったのかと思うものですね。

東京都渋谷区道玄坂2-4-5
京王井の頭線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(マークシティ渋谷隣)
《11:00〜23:30[年中無休]》



味の大西 平塚店@平塚4

チャーシューワンタンメン@味の大西平塚店チャーシューワンタンメン(¥1,200)

 試験期間中にも拘わらず、行ってしまいました(^^;
 学校から直行したのですが、ギリギリでした。入店直後に暖簾を下げられました。やっぱり、14時半付近で閉店するようです。
 そういえば、この前に乗ったタクシーの運ちゃんに「大西のラーメン美味しいよね」と突然振られました(笑) やっぱり、なかなかの評判のようです。ってか、昔から平塚に住んでいれば、大西の名はなかなか有名ですからね。

 久々に食べたというわけではないですが、ちょっとラーメン変わりました?麺が若干太くなった気がするのと、スープの動物系スープの割合が若干増えた気がします。前はもっと「魚介系」って感じだったから。私は今の味もなかなかいいなと思います。
 ここのラーメンは、ちょっと大西っぽくないのが特徴ですが、若干元に戻った感じですか(昔ながらの大西の味は、伊東店(或いは小田原店)が近いかと思います)。

 最後に、「いつもありがとうございます」といわれました。完全に覚えられてる(^^;

神奈川県中郡大磯町高麗3-1-15
JR東海道本線 平塚駅下車 車10分(高麗大橋そば)
《11:00〜14:30頃[土日祝休]》

味の大西 高麗店ラーメン / 平塚駅大磯駅

つけ麺屋やすべえ 渋谷店@渋谷5

辛味つけ麺+中盛@つけ麺屋やすべえ渋谷店辛味つけ麺+中盛(¥680)

 明治通りを、渋谷駅から恵比寿駅方面へ抜ける間には、山ほどラーメン店がありますが、ここはその中でも一番渋谷駅に近いところにあるお店。
 お腹が空いていたので何か食べようと思って歩いていたのですが、「(並〜大盛)全品680円」という看板が目に入り、このお店に決めました。

 とりあえず、辛味の中盛を注文。大盛りにしようか迷いましたが、以前、経堂大勝軒で大盛りを注文して思わず笑ってしまったくらいの大盛りが出てきてしまった経験から、それ以来初めてのお店は中盛までって決めてます。
 辛味は、それほど強くはないのですが、なかなかに存在感のある辛味で。スープの風味は殺してしまってますが、うまいこと魚介系ベースの甘みのある味を際だたせています。
 そうそう、思ったのですが、ここのお店って東池袋系大勝軒の味と似てますね。魚介系ベースで、動物系スープでコクを出し、ちょっと甘め。
 いやー、久々にホント美味しかったです。

東京都渋谷区渋谷3-18-7
東急東横線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(明治通り沿い)
《11:00〜翌02:00(日祝23:00迄)[年中無休]》

つけ麺屋 やすべえ 渋谷店つけ麺 / 渋谷駅神泉駅代官山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

麺屋空海 渋谷店@渋谷3

味玉そば[塩]@麺屋空海渋谷店味玉そば[塩]+替玉[ランチ](¥830)

 「まずはこれ」と券売機に書いてあったので、選びました。
 お店自体は聞いたことがあるなくらいで入ったのですが、とてもスタイリッシュな造りのお店ですね。『Cafe MIRAC』というところとコラボレーションで出しているお店だとか。なるほど、メニューに渋谷店限定の「東京加里ラーメン」なるものがありました。今度はこれを食べてみたいな。
 店内は、競馬開催日ということもあってか、競馬新聞を広げたおっさんがわんさか。お店の造りと違和感があるの何のって(^^;

 塩スープは、最初プーンと噎せ返るくらい強いエビの香りがします。へぇと思ってスープを飲んでいたら、今度は動物系の味が出てきました。所謂ダブルスープ方式のようですね。なんでも、動物系スープはげんこつや鶏ガラを先にローストしてからダシをとっているとか。塩なので仕方がないかも知れませんが、ちょっと上品すぎる仕上がりのような気もします。
 麺はこれまた変わっていて、コシが強い中華麺です。最近はあまり見ない麺ですね。なんかちょっと懐かしかった。ロースとしたチャーシューや、しっかりと味の付いた卵も秀逸です。
 お腹が空いているときなどはちょっと物足りない感もありますが、細かいところに凝った美味しいラーメンでした。
 最後に一つ。替玉はオススメしません。替玉の麺の量に対して、スープが圧倒的に足りない。麺だけ食べている感じがします。

東京都渋谷区渋谷3-10-11
東急東横線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(明治通り沿い)
《11:00〜翌05:00[年中無休]》

空海 渋谷店ラーメン / 渋谷駅代官山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

九州一番 駒沢店@駒沢大学3

長浜ラーメン@九州一番駒沢店長浜ラーメン(¥600)

 東京で人気の九州は長浜ラーメンのお店。都内では、比較的よく見かけます。
 所謂昔ながらのとんこつラーメンのお店で、店の外を通りかかるだけで、あの独特の豚骨臭がします。よく近隣から苦情が出ないもんだというくらい。

 ラーメンは、昔ながらのとんこつであるので、見た目にはこってりっぽく感じますが、実はあっさりです。というか、最近のラーメンになれてしまった人間には、かなりあっさりに感じます。その分、コクも弱く、薄く感じてしまいます。しかし、甘みがあってとんこつらーめんとしては、なかなか美味しいです。
 麺は例の細麺なので、伸びないうちにどうぞ。

東京都世田谷区駒沢4-18-15
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(玉川通り沿い)
《−[−]》

九州一番 駒沢店ラーメン / 駒沢大学駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

神座 新宿店@西武新宿4

おいしいラーメン@神座新宿店おいしいラーメン(¥700)

 新年会の帰り、C.T氏とラーメンを食おうという話になり、久々に神座へ行きました。このお店はやはりC.T氏が見つけてきたお店で、「テレビで観たんだけど」ということで行ったのが最初。なんでも、女性が一人でも入れるお店ってコンセプトで、一見ラーメン屋には見えません。店員さんも、洋食のシェフといった出で立ちです。
 ちなみに、休みや夜はいつも行列を作っていますが、これは店内が満席で列を作っているのではなく、店側の不手際(実は作戦?)です。待たされるのが嫌いな私は、空席が少なからずある店内を見て、ちょっとカチンと来ました。短気ですいません。
 肝心のラーメンは、一部のラーメンマニアには受けが宜しくありません。兎に角独特のスープで、おそらく鶏と野菜がベースになってるんじゃないかなと思います。白菜からの甘みがあり、上品な仕上がり。ただ、印象としては若干「中華三昧に似てる!?」という感じ。私はあの味が嫌いじゃないですが、ここら辺がウケが悪い理由かなと。
 野菜がたくさん採れるので、その点オススメします。

東京都新宿区歌舞伎町1-14-1
西武新宿線 西武新宿駅下車 徒歩5分(歌舞伎町内)
《11:00〜翌08:00[年中無休]》

どうとんぼり神座 新宿店ラーメン / 西武新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3

明けまして、おめでとうございます

 今年もよろしくお願いします。
 今年は健康のため、若干ラーメンを食べる回数を減らしたいと思っています(^^;
 ってか、最近が食べ過ぎって話で、元に戻すだけですが。

 それでは、「ラーメン初め」の記事でお会いしましょう!



Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ