ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

せんだい 横浜駅西口店@横浜4

らーめん

らーめん(700円)

【平成29年2月5日新規オープン】

 鶴ヶ峰に本店を構える「せんだい」が、今年の2月に横浜駅西口の新店をオープンしたということで、早速行ってみました。

 せんだいは、鹿児島県の「川内」から取った店名で、『とんぱた亭』出身の亜流の家系のお店。
 本店には何度か行ったことがありますが、あそこはとてもじゃないですが車でないと厳しいお店。
 今度は、横浜駅から歩ける場所ということで、一気にせんだいが身近になりました。

 こちらは、居酒屋さんの跡地か何かでしたっけ?カウンター席の他、テーブル席のある、ザ・居酒屋な造り。
 横浜ベイシェラトンの裏手で駅から近いことは近いですが、人通りという意味ではちょっと少ない一帯かな。
 
続きを読む

長尾中華そば@大東北展4

こく煮干し

こく煮干し(850円)


 飯田まつりの際に、京急百貨店の大東北展に長尾中華そばが出店していると聞いて、これは行かねばと、早速やってきました。

 催事でしか食べたことがありませんが(笑)、実に5年ぶり。
 最近は、催事にもあまり行かなくなっちゃったので、かなりご無沙汰になりました。

 青森を代表する、煮干しラーメンのお店。ラヲタ的には「ごぐ煮干し」というちょっとやり過ぎメニューもありますが(笑)、今回はそういうのは用意されていないようです。
 それにしても、凄いな。結構な行列。
 
続きを読む

にこり@湯河原5

にこり@湯河原

特製コース


 さて、飯田商店七周年のお祝いは、いつもどおりに、にこり@湯河原。
 今回も、お店を貸切。なんだか申し訳ない気もしますが、下手に半貸切だと、他のお客さんにご迷惑ですしね。

 さて、今回は飯田商店の後は、リルさんのお宅にお世話になったので、別のお店へ行かなかったため、お腹に十分な余裕がございますよ!
 
続きを読む

飯田商店@湯河原5

三大地鶏の醤油らぁめん

三大地鶏の醤油らぁめん(1,200円)


 湯河原を代表するラーメン店、飯田商店@湯河原。
 というか、もはや日本を代表するラーメン店になりました。


お花

 今回は、オープン七周年記念。もう、7年も経ったんですね。
 湯河原は、年に3、4回くらいしか来られませんが、本当はもうちょっと来たいんだよなあ。

 私はいつもの如く閉店直前というか、ビリ4でしたが、それでも50人くらいの行列でした。いやあ、なんでこんなに並んでるの?アド街効果?
 七周年の花を見て、七周年なんだと言っているお客さんが少なくなかったので、周年だからというわけではなかったと思われ。
 
続きを読む

まる玉 辻堂店@辻堂4

からし入りらーめん

からし入りらーめん(780円)


 久しぶりのまる玉@辻堂。
 今年初めてのまる玉。というか、1年ぶりくらいかしら。

 後輩と悪巧みの打合せを兼ねて食事。
 なんというか、色々と大変みたいだなあ。悪巧みの方も、私の役割はなかなか大変そう。
 
続きを読む

武虎家 綱島店@綱島4

味玉ラーメン

味玉ラーメン


 しばらく前にオープンした、横浜家系のお店、武虎家@綱島。

 本店は武蔵小山にあるお店ですよね?
 中野武蔵家にルーツを持つこちら。特徴のライス無料はここでも生きています。

 カウンターのみの小さなお店。
 前のお店も前の前のお店も一度いただきましたが、どちらも短命で終わっています。
 立地は駅前で、そんなに悪いとは思えないんですけどね。お店の造りが悪いんだろうか。それとも、家賃が高すぎるとか?
 
続きを読む

蓮香園 新館@元町・中華街4

手作りワンタンメンランチ

手作りワンタンメンランチ(648円)


 台湾料理のお店、蓮香園新館@横浜中華街。市場通りにあるお店です。

 本館は、中華大通りにある大店。新館が路地裏というのも珍しいのかな。
 店員さんは、バリバリ中国語です。日本語もバッチリですが。

 ガチ丼で入賞したのかな?かなり大きくポスターが張り出されておりました。
 
続きを読む

小松屋@藤沢4

味噌卵ラーメン大盛り

味噌卵ラーメン大盛り(760円)


 藤沢で深夜でもラーメンが食べられるお店の一つ、小松屋@藤沢。
 藤沢本町と藤沢の中間かな。やや藤沢寄り。

 今回は、エノシマトレジャーのチェックポイントになっていたので、お昼ご飯にいただきました。

 どの駅からも、徒歩10分以上かかる立地で、主要地方道路の路面店とはいえ、三等立地。
 しかし、我々が入ったときは満席で、15分くらい待つことになりました。
 店頭の駐車場は満車。凄い人気です。

 お客さんは、家族連れ中心でしたが、これは、エノシマトレジャーの影響もあるかな。
 子供用の食器もしっかりしてて、普段から家族連れもたくさん来てるんでしょうね。
 
続きを読む

おらが@内幸町4

ホタテの69

ホタテの69(850円)


 移転後初の、おらが@新橋。
 移転と言っても何度も移転してるこちら。いったい何度目の移転のときに行ったのか、わからない(^−^;

 木目を基調とした落ち着いたインテリア。
 カウンター席が中心ですが、奥にテーブル席があるのかな。

 食券を渡すと、少し時間がかかる旨のアナウンス。
 どうやら、つけ麺とラーメンを交互に作ってるのかな。それとも、たまたまかな。私より、だいぶ後に来たお客さんと同時に提供されました。
 
続きを読む

古久家 石川店@湘南台3

サンマーメン

サンマーメン
チャーハン
餃子


 藤沢市を中心に展開するローカル中華料理チェーン店、古久家。その石川店へやってきました。駅だと湘南台かな。

 この辺りに住んでいれば絶対に一度は見掛けたことがあるであろう、目立つ場所に建っています。
 場所としては、イトーヨーカドーのすぐそば。斜向かいくらいにあります。

 安定した味と、子連れでも入れる気軽さから選択しましたが、やはり家族連れは多かったですね。
 お昼オンタイムではなかったのですが、少しの間待ちました。
 
続きを読む
Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ