ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

松壱家 平塚店@平塚4

とんこつ醤油ラーメンとんこつ醤油ラーメン(¥650)

 今日は、朝から忙しく、ここまで何も食べていませんでした。しかし、もう時間はギリギリ、朝食も昼食も食べている時間はありません。そこで、お腹が空きながらも、そのまま大学院へ行くことにしました。
 で、気合いを入れて駅まで来てみたら、なんと時刻表を見間違えていて、当分電車は来ません。オイオイ。
 まあ、それならと、誘惑に負けて駅前のこのお店に入ってしまいました(^^;

 さあ、次の電車が来る予定時刻まで、あと20分。それまでに食べ終わるでしょうか。今日は、運悪く(というか、昼飯時なんだから当たり前に)お客さんが多いです。私の前のお客さん数名に、まだラーメンが出てきていません。
 さあ、ピンチだ。ラーメンが出てきた時点で、残り5分。5分で熱々のラーメンが食えるか(苦笑)

 食べ終わった時点で、既にタイムリミット。走って走って、ギリギリ扉が閉まる瞬間に駆け込みました。
 やっぱりね、ラーメンは急いで食べるもんじゃあ、ありません。反省。

神奈川県平塚市紅谷町8-8
JR東海道線 平塚駅下車 徒歩5分(平塚駅西口そば)
《11:30〜翌03:00(日は11:30〜23:00)[第1,3日曜定休]》



麺飯食堂 なかじま@渋谷4

醤油らーめん[全部のせ]醤油らーめん[全部のせ](¥950)

 前回食べてみて、中華風のラーメン店であるこのお店は、お店の雰囲気も含めて「これは彼女が好きなタイプのお店かも」と。そこで、今回は彼女を連れて行ってみました。
 私は、醤油が食べたかったので、これ。まあ、ちょっと豪華にね(笑) 彼女は『ナス味噌丼』を選びました。ラーメン屋にはないメニュー。ここまで来て、ご飯ものが食べたくなったんだと。

 醤油らーめんは、ややこってりくらいで、鶏と豚のダシが効いているもの。最近のラーメン店のひたすらのこってり化や奇抜さを狙う等の傾向とは違い、昔ながらの東京ラーメンを現代風にアレンジした感じのラーメンでした。常食のお店には、やっぱりこっちの系統のお店の方が良いです、私は。
 そのスープに、細麺が良く絡んで絶妙でした。やっぱり、ここは地味ですが美味しいです。でも、チャーシューは、もうちょっと脂っ気がない方が好きです。

 ところで、彼女が食べていた『ナス味噌丼』。こちら、かなり旨かったです。是非、一度どうぞ。

東京都渋谷区渋谷3-18-7
東急東横線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(明治通り沿い)
《11:00〜28:00(日祝22:30迄)[年中無休]》

なかじまラーメン / 渋谷駅神泉駅代官山駅

夜総合点★★★★ 4.0

九州一番 駒沢店@駒沢大学4

長浜ラーメン長浜ラーメン(¥600)

 彼女と待ち合わせていたのですが、仕事で遅くなるそうなので、先に食べてしまうことにしました。
 なんとなく、辛いものが食べたくなって、このお店をチョイス。

 ここに来ると、この何の変哲もない豚骨ラーメンに、大量の『辛し高菜』を入れてしまいます。今回は、なんと5摘み。なんだ、たったの5摘みかと思われるかも知れませんが、これがなかなか辛いです。汗が噴き出てきます。そして、後悔します(^^;
 おいしく食べるには、3摘みがやっぱりいいや。

東京都世田谷区駒沢4-18-15
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(玉川通り沿い)
《−[−]》

九州一番 駒沢店ラーメン / 駒沢大学駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

渋谷ハイカラ亭@渋谷1

ラーメンラーメン(¥280)

 お腹が空いていたので、学校へ行く途中で入ってしまったお店。だって、安かったんだもの。
 しかし、安物買いの銭失いとはよくいったものですね。この値段でまともなものが出てくるわけがない。
 出てきたラーメンは、化学調味料の味以外しない、例の『びっくりラーメン』と同じような代物です。マズイです。しかも、こちらはびっくりラーメンよりも3倍の値段がする分、余計びっくりです。
 二度と行きません。

東京都渋谷区渋谷1-27-1
JR山手線他 渋谷駅下車 徒歩5分(ハチ公口高架下)
《−[−]》

渋谷ハイカラ食堂ラーメン / 渋谷駅神泉駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.3

三友軒 駒沢店@駒沢大学3

ラーメンラーメン(¥300)

 もはや、何もいうことはない、いつものお店です。
 ここはいつも、競馬好きのおじさん達が集まっています。もう、月曜日なんか競馬の話しか聞いた記憶がない(^^;
 私が話題に上っていたドリームパスポート号の一口馬主だとわかったら、どうなるだろうか(笑)

東京都世田谷区駒沢2-18-5
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩5分(駒沢公園通り沿い)
《11:30〜20:00[日曜定休]》



天手毬 下北沢店@下北沢5

担々麺担々麺(¥800)

 以前、『どっちの料理ショー』などに紹介されたことのあるお店。今のところ、私が食べた担々麺の中で、Best5に入るお店です。

 ここの担々麺は、重慶飯店などで出てくる中華料理店の担々麺と違い、ラーメン風とでもいいましょうか、豚骨ダシの効いたこってり系の担々麺です。これがまたキツ過ぎず、まったりとした感じでゴマと良く合うんです。また、ゴマの甘さとラー油の辛さがちょうど良いバランスを保っているのもいいです。ここのラー油はゴマ油かな、たぶん。
 辛さは普通、中辛、大辛の3種類から選べ、辛いものが苦手な女性でも大丈夫です。ちなみに、辛党の方は遠慮せずに大辛を選びましょう。実はここ、そんなに辛くないんですよ。

 あと、サービスで小ライスがついてくるのですが、これがまた旨い。何のお米を使ってるのかな。このライスは単独で食べても良いし、担々麺のスープに入れて坦々ライスにしても美味しいです。私は後者派。

東京都世田谷区北沢2-12-7
小田急小田原線他 下北沢駅下車 徒歩5分
《11:00-27:30(日月祝23:00迄)[年中無休]》

天手毬 下北沢店担々麺 / 下北沢駅池ノ上駅新代田駅

夜総合点★★★★ 4.0

麺屋 千代松@渋谷2

らーめんらーめん(¥600)

 JR東日本が経営するお店。JR渋谷駅の高架下にあります。
 お店の名前は、「日本で最初にラーメンを食べた人『水戸黄門』」に因んで付けたとか。なんとも大仰です。
 しかし、なんというか。そんなに大層なことをいうから、どんなものが出てくるのかと思えば、なんということはないただの立ち食いそば屋のラーメンです。流石JR東日本。
 まあ、若干ね、マシですが。鶏ガラなんだろうなというレベルまではわかりますから。しかし、駅前になかったら、3ヶ月で無くなっているだろうな。

東京都渋谷区渋谷2-24-26
JR山手線他 渋谷駅下車 徒歩1分(高架下)
《11:00-26:00(LO25:40)[年中無休]》

麺屋 千代松ラーメン / 渋谷駅神泉駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

こだわり亭 麺道楽@平塚5

ちゃーしゅーめんちゃーしゅーめん(¥850)

 W.D氏から「花水川沿いに、旨い店がある」といわれたので、今日はそのお店へ行ってみることにしました。
 東京方面から向かって、国道一号線を花水橋を渡らずに左折し、川沿いを走っているとしばらくして左手に唐突に見えるお店がここです。ちなみに、駐車場があります。

 お店は、ちょっと凝った感じで、山小屋をイメージしたのかなという内装です。
 メニューはやや控えめの価格設定で、オーソドックスなものが並びます。とりあえず、お腹が空いていたということもあり、ちゃーしゅーめんを頼むことにしました。

 私より後から入ってきた人の方が先にラーメンが出てきたのは、まあこの際許すとして、肝心のラーメンです。鶏ガラベースでスッキリしたスープは、私が最も好むタイプの醤油スープです。麺も平打ち麺で、これも私の好み。メンマが甘いのは湘南・西湘地区のお店によくあることで、ここら辺のお店だという特徴を表しています。そして、チャーシュー。柔らかすぎず、かといって硬すぎず、歯ごたえを楽しめるちょうど良い塩梅。醤油ダレがよく染みているのも良い。凄く旨いです。
 そうそう、ここって海苔が布海苔なんですね。これもまた、いつもと違ったものが味わえてよかったです。
 そして、最高に良い点は、親父さんの人柄。接客業はこうじゃないとね。

 良いお店を紹介してもらいました。

神奈川県平塚市撫子原4-17
JR東海道線 平塚駅下車 車10分(花水川沿い)
《11:30-15:00,17:00-21:30[水曜定休]》

麺道楽ラーメン / 大磯駅平塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

拉麺 岩男@駒沢大学4

らーめん+野菜大盛らーめん+野菜大盛(¥650)

 先日、車で駒沢公園通りを通ったときに気になったお店。お店の外見がどう見ても『二郎系』でした。そこで、今日、満を持して突入してみました。
 聞くところによると、先月できたばかりのお店だそうです。なるほど、今まで見たことがなかったわけだ。

 中にはいると・・・予想通り二郎系。野菜増しとニンニク増しがあり、麺大盛も無料。とりあえず、野菜のみ増しで注文しました。そしたら、これが出てきました。この野菜は、二郎の比じゃありませんよ(^^; 凄い量。麺が見えないどころではありません。
 スープは、二郎よりもちょっとこってり系かな。兎に角脂の量が多いです。もしかしたら、脂少なめといった方が良いのかも。問題は、麺。これがまた、とんでも無く太麺です。5m×5mくらいの超極太面です。うどんを食べている感覚すらします。
 二郎には、それほど似てはいませんが、梵天よりもスープは二郎に似ていると思います。

東京都世田谷区駒沢2-20-7
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(駒沢公園通り)
《11:30-15:00,17:00-23:00[月曜定休]》

拉麺 岩男ラーメン / 駒沢大学駅桜新町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

ポルックス@函館4

函館空港ラーメン函館空港ラーメン(¥770)

 私のミスで、乗車予定の特急に乗り遅れてしまい、致し方なく空の便で帰ることになりました。そんな、失意(苦笑)の中で食べたのがこのラーメンでした。

 函館空港は、それほど大きな空港ではないので、飲食店は3店舗しか無く、また、最終便に乗る予定だった私たちが空港に着いたときにまだ営業していたのはここ『レストラン ポルックス』だけでした。
 注文したのは『函館空港ラーメン』。塩ベースのスープは、しっかりとそれでいて濁らない程度に豚でダシを取っています。写真で白く見えるのは、背脂。なので、若干こってり系に仕上がっています。
 具は、キャベツ、白菜、玉葱、人参、木耳、豚肉、蒲鉾といったものの炒め物。イメージ的には、極めてチャンポンに似ていると思います。

 まあ、空港のレストランで出てきたラーメンなんですが、このラーメンが、函館で一番旨いラーメンでした。海鮮系(いくらとかウニとか)は美味しいんですけどねえ。ラーメンはあまり・・・。

ポルックスレストラン(その他) / 湯の川駅湯の川温泉駅市民会館前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



北海道函館市高松町511
JR函館本線 函館駅下車 車20分(函館空港内)
《06:30〜22:00(LO23:30)[年中無休]》



Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ