ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

三友軒 駒沢店@駒沢大学4

味噌ラーメン味噌ラーメン(¥500)

 前回「違うメニューを食べよう」と固く誓ったので、今回は味噌ラーメンを食べました。ここの味噌ラーメンは、昔ながらのまろやかな味噌味で、実は私はこのお店で一番好きなメニューです。
 意外と麺があまり主張しないものなので、ちょうどいいくらいにスープと合って美味しいです。なんといっても一番のお薦めポイントは上に乗っている肉もやし炒め。何がって、凄く肉が乗ってるんです。この価格でこの肉の量は嬉しい限りです。

東京都世田谷区駒沢2-18-5
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩5分(駒沢公園通り沿い)
《11:30〜20:00[日曜定休]》



一心亭 狛江店@狛江4

20e0d186.JPG野菜つけ麺(¥650)

 大学生時代にこのお店の近所に住んでいたので、よく行きました。
 ここはラーメンよりもつけ麺をウリにしているお店。ただ、ここのつけ麺は一般的な『大勝軒型』とは違い、醤油ダレがそのまま出てきて別につけられてくるスープで割るというタイプ。野菜つけ麺の場合、その醤油ダレの器の中に、野菜炒めが入っています。
 醤油ダレ自体は、それほどしょっぱいものではなく、やや丸い感じの味わい。スープは海藻からとったと思われる感じ。割れば割るほど甘みが増してきます。更に、そこに野菜炒め香ばしさが入ってきてとても美味しいです。麺と一緒に食べると、歯ごたえも味わえてなおグー。このお店で一押しのメニューです。

東京都狛江市和泉本町1-2-12
小田急小田原線 狛江駅下車 徒歩5分(いちょう通り沿い)
《?〜26:00[定休日不明]》

一心亭 狛江店中華麺(その他) / 狛江駅喜多見駅和泉多摩川駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

昼総合点★★★☆☆ 3.5

新福菜館 モザイクモール港北店@センター北4

新福菜館ラーメン@新福菜館モザイクモール港北店新福菜館ラーメン(¥700)

 以前、京都で『第一旭』を食べたときから気になっていたお店、新福菜館(新福菜館本館は第一旭の隣)。Manaさんから「センター北に支店があるよ」と聞いてから、ずっと行きたかったのですが、行けず仕舞いで一年。しかしこの度ついに行くことができました。

 なんでも、ここの本店は京都で最も歴史のあるラーメン屋さんらしいです。ということは、京都ラーメン特有の醤油スープや薄切りのチャーシューはここが起源なのかな。スープは豚骨と鶏ガラベースで、かなりガツンと来る濃厚な醤油味。麺は独特の中太ストレート麺。スタンダードラーメンにはちょっと多めの薄切りチャーシュー。シャキシャキする味わいの九条ネギ。なかなか美味しかったです。
 ただ、私は『本家第一旭たかばし本店』の方が好きですね。麺はかなり伸び気味だったし・・・。本館で一度食べてみたいな。

神奈川県横浜市都筑区中川中央1-31-1
横浜市営地下鉄 センター北駅下車 徒歩5分(モザイクモール港北)
《11:00〜22:30[年中無休]》

新福菜館 モザイクモール港北店ラーメン / センター北駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4

廣功秀@駒沢大学4

らーめん功@廣功秀らーめん功(¥650)

 今日はまだ昼食をとっておらず。ということで、食べました。
 ここではいつも、『秀』を食べる私ですが、実は『功』も結構好きです。なぜあまり食べないかというと、『功』は熊本ラーメンであるため、焦がしニンニクのチップがのっているのです。ということで、食べたあとはその臭いが残ってしまうため、なんとなく遠慮しているわけです。
 功は、ただの豚骨ではなく、しっかりニューウェーブ系。ほぼ間違いなく、ベースのスープは『秀』と同じもの。違いは鰹節の量とみた。
 ちょっと炙ったチャーシューの香ばしさや、茹で野菜と一緒に食べる極細麺がたまりません。

東京都世田谷区駒沢1-17-16
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩5分(玉川通り沿い)
《12:00〜23:00[年中無休]》



吉村家@横浜4

チャーシューメン+中盛@吉村家チャーシューメン+中盛(¥870)

 言わずと知れた、家系の総本山。横浜のあの独特のとんこつ醤油らーめんは、ここが発祥です。今ではこのラーメンは日本中で食べられてますね。
 このお店に初めて行ったのは、浪人中のこと。ここの裏にある『河合塾 横浜校』に通っていたんですよ。確か、ここの親父が逮捕されたのもその頃だったと思います。

 ここのラーメンは、食べるたびに味が変わってます。まあ、インターバルが長いためというのもありますが、兎に角味を変えていくのです。一時期はもうホントに油っぽかったし、と思えば妙にしょっぱいこともありました。
 今は、醤油がやや強いかな。家系が有名になった頃の味に似ていると思います。それでもやっぱりこってりめ。ということで、お薦めは刻みショウガ。これと一緒に食べると、少しあっさりに感じます。
 今回はチャーシューメンを食べましたが、正直いえばお薦めしません。ここのチャーシューは、ホント出がらしのようなものなので、わざわざお金を出してまで食べるもんじゃない・・・。

神奈川県横浜市西区南幸2-12-6
相鉄本線ほか 横浜駅下車 徒歩5分(岡野交差点付近)
《11:00〜24:00[月曜定休]》

吉村家ラーメン / 平沼橋駅横浜駅戸部駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

らーめん 若大将@平塚3

ネギチャーシューメン@らーめん若大将ネギチャーシューメン(¥800)
【閉店】

 W.D氏が週末実家に帰って来るというので、伊勢原まで迎えに行ってその足でラーメンを食べてきました。行ったお店は、昔、味噌一があった場所に最近できた『らーめん若大将』。おそらく、店主がファンなのでしょう。店主はお客さんと話すのが好きらしく、一見さんのお客さんでも次々と声をかけていってました。
 ちょっと豪華に醤油ベースのネギチャーシューメンを食べたのですが、店主の話しぶりからすると、どうも「塩>味噌>醤油」の順でお薦めらしいです。でも、一押しは醤油ベースのニンニクバターらしいですが(^^;
 醤油はいたってシンプル。単調とさえいえるくらいスッキリしています。印象としては、ちょっと甘めかな。ネギはラー油で味付けをしてあるので、全体としては辛めになりますけど。あと、ここのチャーシューは煮豚ではなく、焼き豚でした。本物のチャーシュー。ここら辺、こだわりなのかな。

神奈川県平塚市追分7-3
JR東海道本線 平塚駅下車 バス10分(追分交差点付近)
《営業時間ほか不明》



三友軒 駒沢店@駒沢大学3

ラーメン@三友軒駒沢店ラーメン(¥300)

 またしても、お昼は三友軒。お金のない月末には、これ以上ないというくらい嬉しいお店です。
 今日は、この前よりもスープがちょっと濃いめ。いつもこのくらいだといいのになあ。やっぱりお兄ちゃんちょっtいい加減な目分量で作ってるよなあ。
 それにしても、ここの麺ってたいして太かったりはしないのですが、なかなか伸びません。出前にはもってこいの麺だなあ。
 久々に、今度は別のメニューを頼んでみよう。

東京都世田谷区駒沢2-18-5
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩5分(駒沢公園通り沿い)
《11:30〜20:00[日曜定休]》



老郷 宝町店@平塚3

タンメン@老郷平塚駅前店タンメン(¥550)

 雑誌などに平塚系と書かれているのに、当の平塚人のほとんどが知らないお店、それが老郷。ラオシャンとあわせると、平塚市内に5軒くらいあるんじゃないかな。
 タンメンは、豚骨ベースらしいですが、ハッキリいってわからないほど薄いです。もうまさに『湯麺』という感じ。ほとんどお酢の味がします。あっさりといえばあっさりだし、薄いといえば薄い。
 ここの特徴は食べ方。そんなあっさりスープなので、そのまま食べても大して美味しくありません。そこで出てくるのが特製のラー油。この湯麺がラー油を入れることによって、香ばしく辛いのに酸っぱいという複雑な味が出てきます。イメージとしては、酸辣湯麺を極めてあっさりさせた感じかな。なんでもこの食べ方は、初代が中国の一般家庭で食べたものにヒントを得たとか。
 その他に、麺も特徴的で、うどんのようなツルツルシコシコ。腰のある麺です。なかなかにはまります。あと、嬉しいのは、この価格なのにワカメやネギが「もういらないよ」というくらいのっているところ。

神奈川県平塚市宝町2-2
JR東海道線 平塚駅下車 徒歩5分(北口バスロータリー)
《営業時間ほか不明》

老郷 宝町店ラーメン / 平塚駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3

味の大西 平塚店@平塚4

チャーシューワンタンメンチャーシューワンタンメン(¥1,200)

 久々に味の大西。大磯にあるのに平塚店(笑) これは、元々は南原にあったお店が現在の場所に移転したため。ちなみに、味の大西は平塚に計3店舗あったんです。南原と八間通と紅谷町の三つ。このうち南原は現平塚店。紅谷町は現松田店となっています。私は八間通店によく行っていたのですが、ここは15年くらい前に女将さんと娘さんが相次いで厨房で事故に遭うという不運が続き、ついに閉店してしまいました。当時お店があった場所は、八間通で唯一空き地になっているあたりです。まあ、詳しくは後日。

 この平塚店は、動物系中心の「味の大西」の中で唯一魚介系を全面に出したスープが特徴です。他の店舗は豚のダシがメインなのです。但し、魚介系だからといってサッパリかといえば、そこは大西、そんなわけありません。あのしょっぱいくらいの醤油味に油がだいぶ浮いています(^^; ただ、昔からのお店なので、今風のこってりではないです。もっともたれない感じのこってり。
 私のここでのオススメは、やはり小田原系の特徴であるワンタン。できればチャーシューワンタンメンをお薦めしたいですが、ちょっと高いですからね。ワンタンメンをお薦めします。
 少々女将さんの態度がでかいのさえ目を瞑れば、大好きなお店です。

神奈川県中郡大磯町高麗3-1-15
JR東海道本線 平塚駅下車 バス10分(高麗大橋そば)
《11:00〜14:30頃[土日祝休]》

味の大西 高麗店ラーメン / 平塚駅大磯駅

昼総合点★★★★ 4.0

味金@平塚3

みそチャーシュウーメン@味金みそチャーシュウーメン(¥850)

 出前といえばいつもここ。店主が電話に出れば、名前をいっただけでどこの誰だかわかるくらい。でも、今回は久しぶりかなあ。

 今回はみそチャーシュウーメンを食べたのですが、だいぶ味が変わったなあと。相変わらず、ニンニクたっぷりの味噌ラーメンなのですが、辛みがない。昔は頼んでもないのに辛口ラーメンになっていたのに・・・。最近そういう味噌ラーメンは流行らないんですかね。
 麺は相変わらずの出前でも大丈夫な極太麺で、チャーシューはバラの脂身が甘い代物。このしょっぱい味噌ラーメンにはなかなか合います。
 昔ながらのラーメン屋さんのラーメンとしては、好きな部類に入ります。

神奈川県平塚市出縄217
JR東海道本線 平塚駅下車 バス20分(下出縄バス停前)
《11:30〜14:00,17:30〜20:00[火曜定休]》

味金担々麺 / 大磯駅平塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ