ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

三友軒 駒沢店@駒沢大学2

ラーメン@三友軒 駒沢店ラーメン(¥300)

 いやもう、腹を満たすためのラーメンですよ。何しろ300円でちゃんとしたラーメンを出してくれるのはここくらいでしょうから。
 ただ、300円だけあって、少々スープが薄いです。今日なんか白湯を飲んでいるようでした。まあここまで薄いのはかなり珍しいですが。
 ちなみに、300円なのは店内で食べるときだけで、出前の場合は500円です。ベストチョイスはラーメンとカレーライス。二つ合わせて600円。

東京都世田谷区駒沢2-18-5
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩5分(駒沢公園通り沿い)
《11:30〜20:00[日曜定休]》



道玄亭@渋谷3

肉弾麺@道玄亭肉弾麺(¥680)

 兎に角ネギと角煮。それに尽きます。
 角煮の甘さとこってりさが、ここの尾道ラーメン特有のサッパリ魚介系と微妙にマッチしていない気がしますが、まあそれはそれ、単体同士はなかなか美味しいので、それなりの代物になっています。ネギの歯ごたえもいい。
 それにしても、いつも軽く食べられてしまうここのラーメンが、角煮のパンチ力でなかなかに食べ応えのあるものになってます。

東京都渋谷区道玄坂2-4-5
京王井の頭線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(マークシティ渋谷隣)
《11:00〜23:30[年中無休]》



廣功秀@駒沢大学4

つけ麺+大盛@廣功秀つけ麺+大盛(¥900)

 いくらお腹が空いているからって、これは自殺行為だった・・・。
 ここでつけ麺を注文したのは初めて。夏の間に食べようと思っていたのがここまで引っ張ってしまって、まあこれ以上引っ張ると寒くなっちゃうなということでついに食べたのでした。

 つけダレのベースは秀のスープ。とんこつ部分を抑えてお酢と甘みを足した感じ。
 麺は太麺。量は大量(笑) それを更に大盛りにしたのが写真の代物。いやあ、凄い量です。具がチャーシューでなく角煮であるところがみそ。より食べ応えを与えてくれています(笑)
 お腹が空いていないと食べられないものですね。美味しいけど。

東京都世田谷区駒沢1-17-16
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩5分(玉川通り沿い)
《12:00〜23:00[年中無休]》



麺屋 梵天@渋谷4

らーめん@梵天らーめん(¥650)

 お腹空いたなあと思いながらネットでお店を調べていたら、なんでも渋谷で『二郎』が食べられるという記述を発見。早速行ってみました。
 閉店時間ギリギリに入店。でも、ちょっと列になっているところを見ると、なかなか人気店みたい。
 初めということで、券売機にオススメとも書かれている「らーめん」を食べてみました。出てきたのは紛れもなく見た目二郎のらーめん。おお!で、早速食べてみました。・・・。二郎に似てはいるけれど・・・独自路線だな、これは。でも二郎にはないコクが足されていて独自の進化をさせた感じ。いいお店を見つけちゃった。今度は大盛りに挑戦。

東京都渋谷区渋谷1-13-7
東京メトロ半蔵門線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(宮益坂通り沿い)
《11:00〜24:00(日は22:00迄)[年中無休]》



俺ってい 駒沢店@駒沢大学3

こくだれチャーシューとんこつ醤油らーめんこくだれチャーシューとんこつ醤油らーめん(¥924)
【閉店】

 以前、じゃんがららぁめんがあったところが別のお店になったので、早速行ってみました。というか、調べてみたところ、じゃんがらが一斉にこのお店に変わっているみたいですね。単なる業態変更なのかな。

 今回のお店は、とんこつ醤油がメインのお店らしいので、とりあえず最初はとんこつ醤油系で、まあ折角だからということでチャーシューを付けてみました。
 で、出てきてびっくり。日高のラーメンより量が少ないんですよ、1000円近くとってて。ぼったくり?麺は100gくらいしかないんじゃないかな。
 スープは、なんというか以前のじゃんがらを彷彿とさせる感じ。よってこやなんかにも似てるかな。麺は中華麺。
 お兄さんの威勢は良いけれど、駒沢ではこのお店は生き残れないかも知れない。

東京都世田谷区駒沢1-17-13
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩5分(玉川通り沿い)
《11:00〜27:00[年中無休]》

俺ってい 駒沢店ラーメン / 駒沢大学駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3





むら田@小田原5

チャーシューワンタンメン@むら田チャーシューワンタンメン(¥950)

 所謂、小田原系の中心的なお店。私はここのラーメンが一番好きです。
 昨日、彼女に「小田原のラーメンが食べたい」と駄々をこねたところ、じゃあ明日行ってあげるからと。ということで、行ってきました。
 実に久しぶり。で、ここまで行ったら食べるものは必ずチャーシューワンタンメン。小田原系の特長の一つ、大きなワンタン。餃子並みの具だくさんのワンタンは、頬張ると肉と野菜の味が口中に広がっていきます。
 あとはスープ。ここ数年、店主のやる気のなさが反映して、着実に味が落ちていってはいますが、それでも他にこの味を出せるお店はありません。やっぱり、これ以上のラーメンってなかなかないよなあ。

神奈川県小田原市下大井393-2
小田急小田原線ほか 小田原駅下車 車20分(国道255号線)
《12:00〜14:45,16:30〜19:00[月火定休]》



道玄亭@渋谷4

尾道らーめん@道玄亭尾道らーめん(¥500)

 低価格でなかなかのラーメンを出してくれるお店ってそうはないですよね。ここは尾道ラーメンの魚介系スープに、背脂をのせてくるタイプのお店で、あっさりなのにこってりでもありという微妙なところの美味しさがあるお店です。

 確か、ベトナムあたりの留学生が作ったお店なんですよね。いつも外国人が作っているのですが、彼がオーナーなのかな。2階建てで席数は見た目よりも多いです。
 安いし、小腹が空いたときにオススメのお店。

東京都渋谷区道玄坂2-4-5
京王井の頭線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(マークシティ渋谷隣)
《11:00〜23:30[年中無休]》



山頭火 渋谷店@渋谷4

しおらーめん@山頭火渋谷店しおらーめん(¥800)

 山頭火の東京地域での中心的なお店。数年前までは、1時間待ちは当たり前というくらい混んでいたのですが、そこら辺中に支店ができた結果か、味になれてきた結果か、行ったときは待ち時間ゼロでした。
 とりあえず、ここのウリであるしおらーめんを。ここは旭川ラーメンということになっていますが、実際旭川でよく出てくるラーメンとはまるで別物です。そもそも旭川ラーメンは醤油だしね。
 でも、こってり感が行き過ぎでなく、ほどよい甘みがあって、私は好きです。できれば、あともう少し安ければ文句はないんですが。

東京都渋谷区渋谷3-13-7
東急東横線ほか 渋谷駅下車 徒歩15分(明治通り沿い)
《11:00〜28:00(金土は29;00迄)[年中無休]》



松壱家 平塚店@平塚4

特製らーめん国@松壱家平塚店特製らーめん国(¥800)

 元々『まついち』という名前でやっていたのですが、ついに『松壱家』に名前が変わってしまいましたね。ここは、本店にない塩味や味噌味があるので、そういう独自路線は守ってもらえると嬉しいですね(まあ正直いうと、塩はもう食べないと思いますが)。

 今回食べたのは、謎のメニュー『らーめん国』。メニューによると、万能ネギが入っていたり、特製マー油が入っていたりするらしいのですが、いまいちイメージがつかめず。出てきたものは、一見すると醤油とんこつの具だくさんという感じ。実際食べてみると・・・醤油じゃない。もっとマイルド。塩が入ってるのかな。万能ネギの存在がいまいちわからんのだけれど、チャーシューが2枚入ってるし、色々と味わえてちょっとお得感あり。

神奈川県平塚市紅谷町8-8
JR東海道本線 平塚駅下車 徒歩5分(平塚駅西口そば)
《11:30〜27:00(日は11:30〜23:00)[第1,3日曜定休]》



えるびす 新宿店@新宿4

らーめんらーめん(¥600)
【閉店】

 池袋で有名な店だということは聞いたことがあったので、W.D氏と一緒に食べてきました。
 とんこつ、鶏ガラ、魚介などからダシをとったそうですが、私が食べた感じ、鶏ガラと魚介が強かったかなと。いわゆる昔風のらーめんかな。「風」というのは、まあつまり本当に昔ながらのラーメンだったら、不味くて食べられたものでないという意味です。ここのラーメンはなかなか美味しかったので、ちゃんと今のラーメンです。
 いや、そんなことはどうでもよくて。なんとなく、こぢんまりとまとまってる気がするんですが、それでもなかなかそそる味を出してます。ただ、わざわざ並ぶほどではないかもね。

東京都新宿区新宿3-19-4
JR中央線ほか 新宿駅下車 徒歩5分(靖国通りそば)
《11:00〜24:00[年中無休]》



Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ