ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

道玄亭@渋谷4

尾道らーめん尾道らーめん(¥500)

 ここのお店、随分と久しぶりになってしまいました。最近は、渋谷で一人でラーメンを食べることが少なかったので、ここに来ることは少なくなってしまっていました。誰かと食べるときは、相手に合わせてしまうんですよ。その方が、新しい発見が出来ることもありますしね。
 実はね、今日も本当は来る予定はなかったんですよ。しかし、乗ろうと思っていた湘南新宿ラインが「宇都宮線の人身事故の影響で、20分遅れます」とのことだったので、30分あまりの時間をどうしようかと考えた末、「ラーメンでしょう」という結論に達してしまったのです。

 もちろん食べたのはまたこれ。だって、この価格で尾道らーめんが食べられるんですよ?これに、金曜日ということもあり、若干ニンニクを入れ、食べました。最近疲れてますからね、ニンニクでね、体力回復ですよ。まあ、気休めですけど。
 それにしても、ここのお店は男性客ばかり。本当に女性客の少ないお店です。まあ、狭いとか色々な理由があるのでしょうが。
 そうそう、つけ麺始めたんですね。次回はこれを食べてみたいと思います。

東京都渋谷区道玄坂2-4-5
京王井の頭線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(マークシティ渋谷隣)
《11:00〜23:30[年中無休]》



麺飯食堂 なかじま@渋谷4

特製醤油らーめん特製醤油らーめん(¥800)

 前回、ここで酸辣湯麺を食べたといいましたが、なんでもここの店主、ずっと四川料理のお店で修行していた人なんだそうですね。なるほど、担々麺もなかなか美味しかったです。定食もピリ辛って感じのメニューが多かったですしね。
 今回は、また醤油を食べてみました。ここは前は塩専門店の『しおの花』というお店だったので(業態変更で、店主はそのまま)、塩が一番美味しいらしいんですけどね。醤油もなかなかなんですよ。まあ、昔から塩ラーメンが美味しいお店はなんでも美味しいっていいますからね。

 今回も、とても美味しくいただきました。このラーメンは、具が豊富で良いですね。でも、卵がなかったなあ・・・。いやまあ、良いんですけど。

東京都渋谷区渋谷3-18-7
東急東横線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(明治通り沿い)
《11:00〜翌04:00(日祝22:30迄)[年中無休]》

なかじまラーメン / 渋谷駅神泉駅代官山駅

夜総合点★★★★ 4.0

つけ麺や 穣@駒沢大学4

海鮮辛味つけ麺+中盛海鮮辛味つけ麺+中盛(¥680)

 同じ法科大学院のS.E氏が「つけ麺を食べたことがない」というので、M.H氏と3人で、つけ麺を食べに行くことにしました。
 本当は、環七沿いの大勝軒へ行こうと思っていたのですが、運悪くこの日は定休日。そこで、近くにあるこちらに来ました。
 ここへは、大学院に入ってから2回目です。ちょっと遠いのでね。なかなか来られません。間違いなく旨いんですが。

 ここの親父さんは、元寿司職人。そういうわけかどうかは知りませんが、ここはスープを『鮪ダシ』で作っています。他に鮪ダシって少なくはないですが、それほど多くもないので、珍しいん部類なんじゃないかな。
 今回は、海鮮辛味つけ麺にしてみました。わざわざ「海鮮」なんて付いているところが、元寿司職人っぽさが出ていますよね。ホタテなどの海産物がかなり豊富に入っていて、それだけでも食べる価値があります。スープはちょっと辛すぎるかなとも思いますが、これはラーメンスープではなくてつけダレなので、まあこのくらいでも良いのかも知れません。
 S.E氏は想像以上につけ麺を気に入ってくれたようで、凄い勢いで食べてしまいました。やっぱりね、夏はつけ麺ですよ。

東京都世田谷区野沢2-34-2
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(上馬交差点付近)
《11:00-翌03:00(日12:00-23:00)[年中無休]》

つけ麺や 穣つけ麺 / 駒沢大学駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

鐵釜 横浜店@横浜4

らーめんらーめん(¥600)

 横浜西口のダイヤモンド地下街に出来た、ラーメン屋さん。ここにも出てきました、ムジャキフーズのお店です。まあ、元々東横線沿線で発展した会社ですからね。
 鐵釜という名前は、スープの調理に鉄釜を使っているからだそうです。そこがこだわりなんだとか。
 久留米ラーメンというのは、私は食べたことはありませんでした。「九州だから、豚骨なのかなあ」くらいの知識でした。まあ、予想通りというか、当たり前にというか、やはり豚骨でした。なんでも、九州豚骨ラーメンのルーツは、久留米なんだそうですね。
 客層は、男性よりも女性の方が多かったです。ショッピング街のお店だからでしょうか。
 そういえば、男性客が途中で一人、怒って帰って行ってしまいました。どうも、店員が注文を忘れてしまっていたようです。忙しければそういうこともありえるでしょうが、狭い店内、ちゃんと見ていれば気が付いたはずです。短時間しか店内におりませんでしたが、他にも2,3組のお客さんがちょっと怒り気味に店員を呼んでいました。店員は、威勢が良いだけで、客のことはあまり見ていないですね。

 ここの特徴は、あまりこってりしていないこと。白濁の豚骨スープというよりは、色々ミックスされている感じ(鶏ガラや魚介など)。臭みはなく、万人向けのライトな豚骨ラーメンといえます。女性客が多いのも頷けます。
 麺は、博多ラーメンともちょっと違う、やや黄色みを帯びた麺。これも、ペロリと平らげられます。
 これらのことを逆にいえば、男性にはちょっと物足りないラーメンということがいえるかも知れません。

神奈川県横浜市西区南幸1-4-B1
東急東横線ほか 横浜駅下車 徒歩10分(ダイヤモンド地下街Dエリア)
《11:00〜22:00(LO21:30迄)[年中無休]》

久留米らーめん 鐵釜ラーメン / 横浜駅新高島駅神奈川駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

三友軒 駒沢店@駒沢大学3

ラーメンラーメン(¥300)

 略。しちゃダメ?(笑)
 ここは、店内で食べる場合はラーメンとカレーライスがそれぞれ300円に割引されます(本当は、それぞれ500円と550円)。
 なので、我が法科大学院の方々は、この2つのいずれかを食べる場合が多いです。
 今日はね、私はこの両方を食べたのですよ。2人前で600円。安いでしょう?
 そうしたら、おばちゃんに「今日は、カレーライスを食べる人が多いのよ。もうすぐ売り切れ」ってぼやかれました。
 いや、そんなこと私に言われても・・・(苦笑)

東京都世田谷区駒沢2-18-5
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩5分(駒沢公園通り沿い)
《11:30〜20:00[日曜定休]》



麺飯食堂 なかじま@渋谷4

酸辣湯麺酸辣湯麺(¥800)

 先日、酸辣湯麺にチャレンジしようとして失敗したので(詳しくはこちら)、ここなら大丈夫だろうと思い、今度はこっちに来てみました。
 ここは、すっぱ辛い酸辣湯麺を出してくれるお店。野菜もたっぷりでなかなかにオススメです。彼女も今度は気に入ってくれたようで、「おいしい」といって一気に食べてしまいました(笑)
 嫌みのない酸味と、程良いピリ辛。本当に、ちょうど良い塩梅といいましょうか。とろみもついて、「食べたー」という満足感があります。
 あんかけとラー油で身体が温まるので、冬にオススメのメニューかも知れませんね。

東京都渋谷区渋谷3-18-7
東急東横線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(明治通り沿い)
《11:00〜翌04:00(日祝22:30迄)[年中無休]》

なかじまラーメン / 渋谷駅神泉駅代官山駅

夜総合点★★★★ 4.0

松壱家 平塚店@平塚4

とんこつ醤油ラーメンとんこつ醤油ラーメン(¥650)

 今日は、終電です。だいぶ帰りが遅くなってしまいました。しかし、お腹は空いています。ラーメンなんか食べたいなと思いついてしまいました。いけませんね、身体に悪いです。明日もあるので、駅前で食べることにしました。そうと決まれば、やはりこのお店しかないでしょう。

 ラーメン自体の説明は、もういいですよね。ちょっとライトな感じの典型的な家系です。
 友人W.D氏曰く「塩が旨いよ」ということですが、私はやっぱり醤油が好きかなあ。或いは味噌なんていうものも良いかもしれません。
 そういえば、先日『麺飯食堂 なかじま』へ行った際、隣の席の人が「平塚の松壱家ってのがありましてね・・・」という話をしていました。おそらく平塚の人なのでしょうが、話題になるほどのお店に成長したんですね(まあ、元々藤沢では有名らしいですが)。

神奈川県平塚市紅谷町8-8
JR東海道本線 平塚駅下車 徒歩5分(平塚駅西口そば)
《11:30〜翌03:00(日は11:30〜23:00)[第1,3日曜定休]》



九州一番 駒沢店@駒沢大学3

角煮ラーメン角煮ラーメン(¥950)

 久しぶりに来てみました。相変わらず、店内は凄い臭いです。ただ、最近は、店の外にまで漂っていた臭いはなくなりましたね。おそらく、近所から苦情があったのでしょう。凄い臭いでしたからねえ。

 今回は、初めて角煮に挑戦してみました。そして、完敗しました。
 ここの角煮、甘いんですよ。まあ、ここに限らず、ラーメン店で出てくる角煮って、凄く甘いところが多いじゃないですか。普通、角煮ってこんなに甘くないよって嫌みなくらい。あの味、私は苦手なんです。じゃあ、注文するなって?(笑)
 で、無理でした。しかも、角煮を食べると肉肉しくなって、辛いです。胸焼けしてしまいました。
 やっぱり、ここは無難に行くべきでした。

東京都世田谷区駒沢4-18-15
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(玉川通り沿い)
《−[−]》

九州一番 駒沢店ラーメン / 駒沢大学駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

一刻家@大磯4

ラーメンラーメン(¥600)

 数年前に出来たお店なのですが、入ったのは初めてでした。
 国道一号線、東京方面から向かって、旧吉田茂邸を越えてすぐ、大磯ロングビーチのちょいと手前にあります。
 なお、徒歩で行くと大磯駅からも二宮駅からも40分弱かかりますので、車で行かれることをオススメします。首都圏では珍しく、店舗より大きな駐車場を完備しているので、駐車場の心配はありません。

 店の前まで行ったものの、営業中という看板も、暖簾もなかったので、はたして営業しているのか心配になりましたが、入ってみると「いらっしゃいませ」といわれたので、少しホッとしました。
 入るとすぐに、券売機があります。奥まったところに設置されているので、普通、この券売機は気が付きません。私も気が付きませんでしたし、私のあとに来た人も、明らかに常連だと思われる人以外は、みんな気付かずに素通りしていました。

 一刻家というくらいなので、家系なのかなと思っていたのですが、やはりそうでした。平塚を過ぎると、極端に家系ラーメンのお店が減るので、確信が持てなかったんですよね。
 ただ、孫弟子、曾孫弟子のお店らしく、本家本元の家系とはだいぶ違いました。顕著な部分としては、麺が違います。中太の縮れ麺。湘南・西湘地区では縮れ麺はスタンダードですが、家系としては珍しいですね。脂っぽい家系のスープにはあまり縮れ麺は合わない気もしますが、ここは、家系としてはあっさりの部類にはいるので、気になりません。
 醤油ダレは多い方なので、そういうところは吉村家に似ているともいえますが、豚骨の部分があっさりなので、まるで違うラーメンになっています。

神奈川県中郡大磯町国府本郷472-3
JR東海道本線 大磯駅下車 車15分(大磯プリンスH傍)
《11:00〜22:00頃[年中無休]》

一刻家ラーメン / 大磯駅二宮駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

味の時計台 渋谷センター街店@渋谷4

9e84727f.JPGネギチャーシューメン[味噌](¥903)

 帰りがけに、M.H氏から「帰りにラーメン食べていこうよ」と誘われ、S.E氏らと4人で『味の時計台』へ行くことにしました。
 ここは、云わずと知れた、札幌味噌ラーメンのチェーン店です。北海道では、観光地へ行けば必ずあるはずです。札幌市内でも『らーめん初代一国堂』と並んで、コンビニ並みにあります。元々道内ではかなりの店舗数があったのですが、ここまで急拡大したのはごく最近のことだと思います。ここ渋谷の店舗も、2,3年前に出来たばかりですしね。

 M.H氏は、ここの味噌ラーメンがお気に入りなのだそうです。ここは、昔よくあった味噌ラーメンを出してくれます。甘さとかなんとかではなく、ちょっとしょっぱいくらいのヤツ。そう、おそらく今想像したその味です。最近は、変わり種のラーメンが多いので、ホッとするラーメンでもあります。
 ネギチャーシューは、チャーシューが一枚の形ではなく、拍子木切りのような形で出てきます。ちょっと歯ごたえがあるチャーシューなので、これくらいでちょうど良いですね。ただ、ネギはいりませんでした。ネギの臭いと味が結構強いのです。味噌も味が強いので、味噌が負けるということはないのですが、ちょっと喧嘩している感じはあります。スタンダードな味噌ラーメンの方が良いかもしれませんね。

東京都渋谷区宇田川町21-7
東京メトロ半蔵門線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(渋谷センター街)
《11:00〜翌06:00[年中無休]》

味の時計台 渋谷センター街店ラーメン / 渋谷駅神泉駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4

Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ