ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

麺屋 千代松@渋谷2

つけ麺つけ麺(¥700)

 性懲りもなく、また入ってしまいました。だって、立地が良いんだもの(^^;

 食べた感じ、最初は若干の甘酸っぱさを感じてバランスの良い汁だったので「これは結構いけるんじゃないかな」と思ったのですが、これが間違いでした。食べれば食べるほど、しょっぱいだけ、酸っぱいだけの汁になっていくのです。
 麺は悪くありません。問題はつけダレ。これはちょっと考えないといけません。誰か、試食していないのかなあ・・・。

東京都渋谷区渋谷2-24-26
JR山手線ほか 渋谷駅下車 徒歩1分(ハチ公口高架下)
《11:00〜翌02:00(LO翌01:40)[年中無休]》

麺屋 千代松ラーメン / 渋谷駅神泉駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

ひろの亭@駒沢大学4

ひろの亭らーめん+大盛ひろの亭らーめん+大盛(¥700)

 今日は、同じ大学院に所属するジロリアンM.H氏と、他の二郎未経験の2人とともに、4人で、例の二郎インスパイア系『拉麺 岩男』にチャレンジしようということになったのですが、運悪く(というか、調べずに行ったところ)定休日でした。
 そこで、どうしようかと思案していたところ、「ラーメン食べるぞ!」と出てきて胃がラーメン臨戦態勢になっていることだし(笑)、やっぱりラーメンを食べに行こうかということになりました。

 行ったお店は『ひろの亭』。例の居酒屋さんです。
 鶏ガラと魚ダシを基本とした、コクのある『THE 醤油』というスープ。これが素朴でたまりません。ランチだと、麺が大盛無料になるのも最高です。
 最近来ていませんでしたが、駒沢付近で1,2を争うラーメン店であることは間違いありません。
 次回は、味噌ラーメンを食べてみようと思います。

東京都世田谷区駒沢3-14-2
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(玉川通り沿い)
《11:00〜14:00,18:00〜24:00[火曜・第2水曜定休]》

駒沢 ひろの亭ラーメン / 駒沢大学駅桜新町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

壱源@渋谷5

コタンラーメンコタンラーメン(¥800)

 昨日は、彼女と飲んでいたら終電が行ってしまいました。そこで、彼女を帰し、私一人マン喫泊。翌朝(今日)は流石に、早く寝たいので始発で帰ろうと思ったのですが、昨夜はほとんど寝付けず起き続けていたので、お腹が空いてきてしまいました。
 そこで、5時を過ぎたこの時間でもやっているお店と考えたところ、ここが思い当たりました。

 このお店に初めて入ったのは、私がまだ大学生で、渋谷LECに通っていた頃。授業終わりに食べてから帰ることが良くありました。
 初めて入ったときは、その味噌ラーメンの作り方が『札幌流』だったことに感動した覚えがあります。スープで野菜を炒めるやり方ですね。東京では、この方法で味噌ラーメンを作っているお店はほとんどありません。
 そうそう、ここの名前、『源』って入ってますよね。元々は『新宿源』のお弟子さんらしいです。その新宿源は、元々味源の本社が倒産するまで、『味源 新宿店』であったところです(この辺の経緯についてはこちらを参照)。なので、正当な味源の流れをくむお店ということが出来ます。だから、札幌流なんですね。

 コタンラーメンは、このお店で出ている最も辛口の味噌ラーメン。元がクリーミーなタイプの味噌スープなので、多少辛口の方が合います。あとは、中辛が好きか辛口が好きかの好みの問題。バランスからいえば、中辛の『カムイラーメン』の方が良いです。初めて食べるのならば、そちらの方がオススメ。でも、今日はね、ちょっとキリッといきたかったので、辛口にしてみました。
 コクがあり重厚な、しかしクリーミーな味噌にラー油や豆板醤メインの辛味。最高です。これぞジャンクフード!食べ応えがあって、且つ適度な脂分のチャーシューも最高です。ただ、あえていうなら、もやしをもう少しください。

東京都渋谷区道玄坂2-25-15
京王井の頭線ほか 渋谷駅下車 徒歩10分(阿久津ビル1F)
《11:00〜翌06:00[年中無休]》

北海道ラーメン 壱源 渋谷店 ラーメン / 神泉駅渋谷駅

夜総合点★★★★ 4.0

麺屋 梵天@渋谷4

らーめんらーめん(¥650)

 この前の『松壱家』に続いて、今日もまた無理をしてラーメンを食べてしまいました。
 今日はね、朝食を抜いて出てきたところ、思いの外速く渋谷まで着いてしまいました。ならば、ここでメシを食ってしまおうという思考に、私の頭がなってしまったのです。ええ、バカです。

 行ったお店はここ、『梵天』。ちょっと久しぶりです。しかしね、急いでいるのになんでここに入ったんでしょうね。だってここ、量が半端ないんですよ(^^; 他にも駅前のお店は幾つもあるのにねえ。
 まあ、急いでいるという事で、今回は「大盛」も「野菜増し」もなしにはしました。ノーマルです。しかしね、結構あるね、量。でも、相変わらず美味しかったです。二郎ではない、二郎に似たラーメン。二郎も、このくらい衛生的に店を運営できないものだろうか。

東京都渋谷区渋谷1-13-7
東急田園都市線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(宮益坂通り沿い)
《11:00〜24:00(日は22:00迄)[年中無休]》



松壱家 平塚店@平塚4

とんこつ醤油ラーメンとんこつ醤油ラーメン(¥650)

 今日は、朝から忙しく、ここまで何も食べていませんでした。しかし、もう時間はギリギリ、朝食も昼食も食べている時間はありません。そこで、お腹が空きながらも、そのまま大学院へ行くことにしました。
 で、気合いを入れて駅まで来てみたら、なんと時刻表を見間違えていて、当分電車は来ません。オイオイ。
 まあ、それならと、誘惑に負けて駅前のこのお店に入ってしまいました(^^;

 さあ、次の電車が来る予定時刻まで、あと20分。それまでに食べ終わるでしょうか。今日は、運悪く(というか、昼飯時なんだから当たり前に)お客さんが多いです。私の前のお客さん数名に、まだラーメンが出てきていません。
 さあ、ピンチだ。ラーメンが出てきた時点で、残り5分。5分で熱々のラーメンが食えるか(苦笑)

 食べ終わった時点で、既にタイムリミット。走って走って、ギリギリ扉が閉まる瞬間に駆け込みました。
 やっぱりね、ラーメンは急いで食べるもんじゃあ、ありません。反省。

神奈川県平塚市紅谷町8-8
JR東海道線 平塚駅下車 徒歩5分(平塚駅西口そば)
《11:30〜翌03:00(日は11:30〜23:00)[第1,3日曜定休]》



麺飯食堂 なかじま@渋谷4

醤油らーめん[全部のせ]醤油らーめん[全部のせ](¥950)

 前回食べてみて、中華風のラーメン店であるこのお店は、お店の雰囲気も含めて「これは彼女が好きなタイプのお店かも」と。そこで、今回は彼女を連れて行ってみました。
 私は、醤油が食べたかったので、これ。まあ、ちょっと豪華にね(笑) 彼女は『ナス味噌丼』を選びました。ラーメン屋にはないメニュー。ここまで来て、ご飯ものが食べたくなったんだと。

 醤油らーめんは、ややこってりくらいで、鶏と豚のダシが効いているもの。最近のラーメン店のひたすらのこってり化や奇抜さを狙う等の傾向とは違い、昔ながらの東京ラーメンを現代風にアレンジした感じのラーメンでした。常食のお店には、やっぱりこっちの系統のお店の方が良いです、私は。
 そのスープに、細麺が良く絡んで絶妙でした。やっぱり、ここは地味ですが美味しいです。でも、チャーシューは、もうちょっと脂っ気がない方が好きです。

 ところで、彼女が食べていた『ナス味噌丼』。こちら、かなり旨かったです。是非、一度どうぞ。

東京都渋谷区渋谷3-18-7
東急東横線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(明治通り沿い)
《11:00〜28:00(日祝22:30迄)[年中無休]》

なかじまラーメン / 渋谷駅神泉駅代官山駅

夜総合点★★★★ 4.0

九州一番 駒沢店@駒沢大学4

長浜ラーメン長浜ラーメン(¥600)

 彼女と待ち合わせていたのですが、仕事で遅くなるそうなので、先に食べてしまうことにしました。
 なんとなく、辛いものが食べたくなって、このお店をチョイス。

 ここに来ると、この何の変哲もない豚骨ラーメンに、大量の『辛し高菜』を入れてしまいます。今回は、なんと5摘み。なんだ、たったの5摘みかと思われるかも知れませんが、これがなかなか辛いです。汗が噴き出てきます。そして、後悔します(^^;
 おいしく食べるには、3摘みがやっぱりいいや。

東京都世田谷区駒沢4-18-15
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(玉川通り沿い)
《−[−]》

九州一番 駒沢店ラーメン / 駒沢大学駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

渋谷ハイカラ亭@渋谷1

ラーメンラーメン(¥280)

 お腹が空いていたので、学校へ行く途中で入ってしまったお店。だって、安かったんだもの。
 しかし、安物買いの銭失いとはよくいったものですね。この値段でまともなものが出てくるわけがない。
 出てきたラーメンは、化学調味料の味以外しない、例の『びっくりラーメン』と同じような代物です。マズイです。しかも、こちらはびっくりラーメンよりも3倍の値段がする分、余計びっくりです。
 二度と行きません。

東京都渋谷区渋谷1-27-1
JR山手線他 渋谷駅下車 徒歩5分(ハチ公口高架下)
《−[−]》

渋谷ハイカラ食堂ラーメン / 渋谷駅神泉駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.3

三友軒 駒沢店@駒沢大学3

ラーメンラーメン(¥300)

 もはや、何もいうことはない、いつものお店です。
 ここはいつも、競馬好きのおじさん達が集まっています。もう、月曜日なんか競馬の話しか聞いた記憶がない(^^;
 私が話題に上っていたドリームパスポート号の一口馬主だとわかったら、どうなるだろうか(笑)

東京都世田谷区駒沢2-18-5
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩5分(駒沢公園通り沿い)
《11:30〜20:00[日曜定休]》



天手毬 下北沢店@下北沢5

担々麺担々麺(¥800)

 以前、『どっちの料理ショー』などに紹介されたことのあるお店。今のところ、私が食べた担々麺の中で、Best5に入るお店です。

 ここの担々麺は、重慶飯店などで出てくる中華料理店の担々麺と違い、ラーメン風とでもいいましょうか、豚骨ダシの効いたこってり系の担々麺です。これがまたキツ過ぎず、まったりとした感じでゴマと良く合うんです。また、ゴマの甘さとラー油の辛さがちょうど良いバランスを保っているのもいいです。ここのラー油はゴマ油かな、たぶん。
 辛さは普通、中辛、大辛の3種類から選べ、辛いものが苦手な女性でも大丈夫です。ちなみに、辛党の方は遠慮せずに大辛を選びましょう。実はここ、そんなに辛くないんですよ。

 あと、サービスで小ライスがついてくるのですが、これがまた旨い。何のお米を使ってるのかな。このライスは単独で食べても良いし、担々麺のスープに入れて坦々ライスにしても美味しいです。私は後者派。

東京都世田谷区北沢2-12-7
小田急小田原線他 下北沢駅下車 徒歩5分
《11:00-27:30(日月祝23:00迄)[年中無休]》

天手毬 下北沢店担々麺 / 下北沢駅池ノ上駅新代田駅

夜総合点★★★★ 4.0

Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ