ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

つけ麺や 穣@駒沢大学5

つけ麺+大盛つけ麺+大盛(¥650)

 現在、大学院は試験講評という名の試験返却期間中。まあ、要するに、講義毎に死の宣告をされていく期間であります(苦笑)
 我が大学院では、落第点を一つ取ってしまうと、追試なしで一気に留年。かなり厳しいです。
 そんななか、私は運良く落第点はなく。ホッと一息。そうしたら、なんだか無性にお腹が空いてしまいました。そこで、S.E氏を食事に誘ったところ、快諾。『穣』につけ麺を食べに行くことになりました。S.E氏は穣にはまってしまったようです(笑)

 今回は、スタンダードなつけ麺を食べました。やっぱりここのは旨いですね。
 ここは、『やすべえ』と同じく、テーブルに魚粉や玉葱があります。最近、私これにはまりまして。基本的には、魚粉が2杯と玉葱が3杯というのが私の好みの量。魚粉はね、それ以上入れると、スープが飽和状態になってしまうので、宜しくないのです。
 ここ穣は、あまりメディアにも露出しておらず、隠れた名店的な地位に留まっていますが、もうちょっと有名店になっても良いと思います。あんまり有名になられても困りますが(^^;

東京都世田谷区野沢2-34-2
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(上馬交差点付近)
《11:00-翌03:00(日12:00-23:00)[年中無休]》

つけ麺や 穣つけ麺 / 駒沢大学駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

いしとみ@鴨宮4

チャーシューワンタンメンチャーシューワンタンメン(¥950)

 小田原まで来て、いつも食べるのが『支那そば むら田』では、面白味がないので、今回は同じ小田原系の『いしとみ』来てみました。
 両方のラーメンを食べてみればわかると思いますが、ここは『支那そば むら田』のお弟子さんのお店です。ここの弟さんのお店『しら鳥』も、やはり『支那そば むら田』のお弟子さんです。ちなみに、小田原系の総本家である『味の大西 湯河原本店』から数えると、曾孫弟子ということになります。

 ここも、むら田に負けず劣らず、大混みです。駐車場は3台分ありますが、とても駐まりきれません。皆さん、路上駐車をしています。
 中に入ってみると、とても繁盛店には見えないくらいの年代を感じさせる店内です。
 そうそう、ここはメニューに味噌ラーメンがあります。おそらく、小田原系(の味の大西の流れを汲むお店)では、ここが唯一ではないでしょうか。

 もちろん、チャーシューワンタンメンを注文。小田原系のお店に来て、これを食べない人はダメです(笑)
 あえて、むら田と比較すると、『麺』は同じような感じですが、ややこちらの方が太いかな、『支那竹』はやはり同じようなかなり甘めの味付け。ただ、こちらは、やや浅い煮込み方で甘みも抑えている感じ。肝心の『ワンタン』と『チャーシュー』ですが、ワンタンは味は良いのですがやや小振り、チャーシューは歯ごたえが弱かったです。最後に『スープ』ですが、あの独特の匂いはやや弱まっている気はするのですが、その分味も薄い気がします。おそらく、煮込みが浅いのでしょう。
 結論をいうと、『むら田』が「行くところまでいってやる、お前らついてこい」というならば、『いしとみ』は「まあ、このくらいでいいんじゃないかな」というラーメンです。やや極端ともいえるあの『むら田』のラーメンが苦手だという人は、一度こちらのラーメンを食べてみると良いかもしれません。

小田原市酒匂1-23-31
JR東海道本線 鴨宮駅下車 徒歩15分(財務省印刷局向かい)
《11:30-19:40[火水定休]》



大黒庵 本店@平塚4

ラーメンラーメン(¥600)

 なんだか、唐突にここのラーメンが食べたくなってしまいました。
 ここのラーメンは、まさにそば屋のラーメン。鰹や鯖の魚ダシが効いています。こういうラーメンは、絶対にラーメン屋では出てきません。
 そういえば、最近は流石に「王様のブランチに出ました」って看板は下ろしたようですね。テレビに紹介されたって感じのアピールです。まあ、紹介されたのって、もう10年くらい前の話ですからねえ。

 ややしょっぱいここのラーメンは、やっぱり「食べた」って気になります。量もさることながらね。
 食べ慣れないと、独特のしょっぱさと、麺のパサパサ間が好きになれないかも知れませんが、食べ慣れてしまうとね、むしろこってりばっかりのよくあるラーメンの方が許せなくなったりします。面白いものですね。

神奈川県平塚市紅谷町4-21
JR東海道本線 平塚駅下車 徒歩5分(紅谷町商店街)
《11:00-20:00[水曜定休]》

大黒庵本店そば(蕎麦) / 平塚駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

ひろの亭@駒沢大学3

特製うすくちラーメン+大盛特製うすくちラーメン+大盛(¥650)

 最近、鶏ガラベースの醤油ラーメンが食べたくて、ずっとここへ来たかったのですが、機会に恵まれませんでした。
 今日は、偶然にもお昼の時間帯に時間が空いたので、やっと来られました。

 今回は、ここの3つのメニューの中で、唯一食べたことがなかった『特製うすくちラーメン』を食べることにしました。
 なんでもこのうすくちラーメンは、鶏ガラスープや醤油ダレの分量を減らし、代わりにアゴのダシを多めに入れているそうです。「ただ単に、薄くしたわけじゃないよ」と、メニューに注意書きがありました(笑)
 しかし、感想はというと、「ただ単に、薄くしたラーメン」でした(^^; いや、確かに、普通のラーメンよりもダシが効いているのはわかったのですが、なんかね、インパクトが決定的に欠けちゃってる気がします。これはこれで美味しいんですけどね。普通のラーメンの方が、私はオススメです。

東京都世田谷区駒沢3-14-2
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(玉川通り沿い)
《11:00-14:00,18:00-24:00[火曜・第2水曜定休]》

駒沢 ひろの亭ラーメン / 駒沢大学駅桜新町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

つけ麺屋 やすべえ 渋谷店@渋谷5

つけ麺+大盛つけ麺+大盛(¥680)

 さて、現在我が法科大学院は、前期の定期試験期間中です。もっとも、我が大学院には試験期間というものはなく、授業の合間に突然試験が入ってくるのです。予習と復習を短時間にしなければならず、院生にとっては地獄です。
 そんな中、今日は中休みのように時間が空いたので、つけ麺を食べに『やすべえ』へ行くことにしました。

 やっぱりここは美味しいですね。つけ麺では随一です。今日も、玉葱を便一つからにするほど入れてしまいました(^^;
 そういえば、馬場の『べんてん』というところが美味しいらしいですね。今度早大の友達といってみたいと思います。

東京都渋谷区渋谷3-18-7
東急東横線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(明治通り沿い)
《11:00〜翌02:00(日祝23:00迄)[年中無休]》

つけ麺屋 やすべえ 渋谷店つけ麺 / 渋谷駅神泉駅代官山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

麺飯食堂 なかじま@渋谷4

醤油らーめん醤油らーめん(¥600)

 W.D氏と「大学院の試験が終了したら、ラーメンを食べに行こう」といっていたのですが、今日は唐突に私がラーメンを食べたくなったので、まだ試験期間直前なのですが、誘っていってしまいました。
 W.D氏は東京の大学出身ですが、八王子の方だったので渋谷は慣れていない様子。ハチ公口で待ち合わせたのですが、彼が迷ってしまい、会うまで30分くらいかかりました。

 食べたのは、醤油らーめん。なんだか、段々ランクが下がって行っている気がする・・・。ああ、もちろん、下がっているのは味ではなく、食べるメニューのことです。全部のせ→特製→ノーマルとね。次回は、いよいよ塩にしてみたいと思います。
 W.D氏もここのオーソドックスだけど自分なりの改良が成されているここのラーメン、気に入ってくれたみたいです。

東京都渋谷区渋谷3-18-7
東急東横線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(明治通り沿い)
《11:00〜翌04:00(日祝22:30迄)[年中無休]》

なかじまラーメン / 渋谷駅神泉駅代官山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

味金@平塚3

タンタンメンタンタンメン(¥800)

 私の経験上、日本における担々麺には3種類あります。一つめは芝麻醤を使った四川飯店発祥の『芝麻醤タイプ』、二つめは芝麻醤は使っているのですが、醤油スープに芝麻醤を混ぜた『醤油スープタイプ』、三つ目は芝麻醤は全く使わず、ラーメンの上に挽肉などの具のあんかけをかけた『あんかけタイプ』、の三つです。
 ここの担々麺は、三つめの『あんかけタイプ』です。しかも、ここのあんかけは強力で、あんかけを食べているのかラーメンを食べているのかわからないくらいです(笑)
 以前のここの担々麺は、味噌ラーメンを豆板醤などで辛くして、挽肉とザーサイの炒め物が乗っているというものでした。随分変わっちゃったなあと。私は昔の方が好きでした。

神奈川県平塚市出縄217
JR東海道本線 平塚駅下車 車20分(下出縄バス停前)
《11:30〜14:00,17:30〜20:00[火曜定休]》

味金担々麺 / 大磯駅平塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

九州一番 駒沢店@駒沢大学4

長浜ラーメン長浜ラーメン(¥600)
【閉店】

 さて、今日は久しぶりにここに来てみました。
 どうしようか迷ったんですけどね、お腹の具合からいって、「替え玉でちょうどくらい」の減り方だったので。要するに、結構お腹が空いていたのです。
 それにしてもホント、ここのラーメンは高菜でもっている気がします。そのくらい、高菜が美味しいです。

 そういえば、ここって駒沢店オリジナル商品として、醤油ラーメンがあるんですよ。まだ食べたことはないんですが。今度は食べてみたいと思います。

東京都世田谷区駒沢4-18-15
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(玉川通り沿い)
《−[−]》

九州一番 駒沢店ラーメン / 駒沢大学駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

廣功秀@駒沢大学4

つけ麺つけ麺(¥800)

 暑いので、今日はつけ麺にしてみました。
 ここのつけ麺は、つけ麺専門店のつけ麺とはちょっと違います。甘かったり、酸っぱかったりしないのです。ベースのスープもこちらの方がやや弱いです。しかし、「ラーメン店のつけ麺」といった感じで、これはこれで美味しいです。一つ言うなら、ここのつけ麺は、スープがややしょっぱすぎるような気がします。
 そうそう、今回は、別皿の具にゴーヤが入っていました。ゴーヤって、意外とラーメンに合うんですねえ。美味しかったです。

東京都世田谷区駒沢1-17-16
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩5分(玉川通り沿い)
《11:30〜翌01:00(日祝24:00迄)[年中無休]》



まことや 本店@狛江4

にぼしラーメンにぼしラーメン(¥800)

 またまた、彼女を送った帰りに、狛江を通ってしまいました。本当は、逆送しているんですよ。全然通るはずはないんですよ。でも、通ってしまうんですよ。懐かしいんですかね。
 今日行ったのは、狛江で最も人気のお店、『まことや』。元々は狛江駅前で屋台として営業していたお店です。私が狛江に住み始めた頃には既に店舗を構えており、行列のできる店でした。元々は牛骨ラーメンのお店でしたが、BSE問題以降、牛肉でダシを取っているそうです。そのせいもあってか、以前、彼女を連れて行ったときに、「牛すじのスープみたいな味ね」という感想をいただきました。
 数年前まではもっと遅くまでやっていたのですが、店主さんが交通事故にあって、身体がもたないとかで営業時間が短縮されました。それにしても、あの人、道であったらチンピラにしか見えない・・・。

 私のオススメは、にぼしラーメンです。私が住んでいた頃は、このメニューは裏メニューとして出されていたのですが、今は正規メニューとして出されていました。なるほど、やっぱり人気だったんですね。
 これは、牛肉ダシとにぼしダシを足したもので、醤油味のラーメンです。牛肉をダシに使っている分、豚骨などよりも多少しつこい部分があるスープを、にぼしダシのスープがあっさりに持っていってくれます。
 しかし、残念なことに、味が変わってしまっていました。ここのにぼしラーメンは、実に一年半ぶりに食べたのですが、ややこってり寄りになってしまっていたのです。それでも、かなり美味しいんですけれど。私は以前の方が良かったなあ。

東京都狛江市和泉本町3-8-1
小田急小田原線 狛江駅下車 徒歩20分(狛江郵便局東交差点付近)
《11:30〜16:00,17:30〜01:00[月曜定休]》

まことやラーメン / 狛江駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7

Profile

みやっち

訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ