ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

麺屋空海 渋谷店@渋谷3

味玉そば[塩]@麺屋空海渋谷店味玉そば[塩]+替玉[ランチ](¥830)

 「まずはこれ」と券売機に書いてあったので、選びました。
 お店自体は聞いたことがあるなくらいで入ったのですが、とてもスタイリッシュな造りのお店ですね。『Cafe MIRAC』というところとコラボレーションで出しているお店だとか。なるほど、メニューに渋谷店限定の「東京加里ラーメン」なるものがありました。今度はこれを食べてみたいな。
 店内は、競馬開催日ということもあってか、競馬新聞を広げたおっさんがわんさか。お店の造りと違和感があるの何のって(^^;

 塩スープは、最初プーンと噎せ返るくらい強いエビの香りがします。へぇと思ってスープを飲んでいたら、今度は動物系の味が出てきました。所謂ダブルスープ方式のようですね。なんでも、動物系スープはげんこつや鶏ガラを先にローストしてからダシをとっているとか。塩なので仕方がないかも知れませんが、ちょっと上品すぎる仕上がりのような気もします。
 麺はこれまた変わっていて、コシが強い中華麺です。最近はあまり見ない麺ですね。なんかちょっと懐かしかった。ロースとしたチャーシューや、しっかりと味の付いた卵も秀逸です。
 お腹が空いているときなどはちょっと物足りない感もありますが、細かいところに凝った美味しいラーメンでした。
 最後に一つ。替玉はオススメしません。替玉の麺の量に対して、スープが圧倒的に足りない。麺だけ食べている感じがします。

東京都渋谷区渋谷3-10-11
東急東横線ほか 渋谷駅下車 徒歩5分(明治通り沿い)
《11:00〜翌05:00[年中無休]》

空海 渋谷店ラーメン / 渋谷駅代官山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

九州一番 駒沢店@駒沢大学3

長浜ラーメン@九州一番駒沢店長浜ラーメン(¥600)

 東京で人気の九州は長浜ラーメンのお店。都内では、比較的よく見かけます。
 所謂昔ながらのとんこつラーメンのお店で、店の外を通りかかるだけで、あの独特の豚骨臭がします。よく近隣から苦情が出ないもんだというくらい。

 ラーメンは、昔ながらのとんこつであるので、見た目にはこってりっぽく感じますが、実はあっさりです。というか、最近のラーメンになれてしまった人間には、かなりあっさりに感じます。その分、コクも弱く、薄く感じてしまいます。しかし、甘みがあってとんこつらーめんとしては、なかなか美味しいです。
 麺は例の細麺なので、伸びないうちにどうぞ。

東京都世田谷区駒沢4-18-15
東急田園都市線 駒沢大学駅下車 徒歩10分(玉川通り沿い)
《−[−]》

九州一番 駒沢店ラーメン / 駒沢大学駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

神座 新宿店@西武新宿4

おいしいラーメン@神座新宿店おいしいラーメン(¥700)

 新年会の帰り、C.T氏とラーメンを食おうという話になり、久々に神座へ行きました。このお店はやはりC.T氏が見つけてきたお店で、「テレビで観たんだけど」ということで行ったのが最初。なんでも、女性が一人でも入れるお店ってコンセプトで、一見ラーメン屋には見えません。店員さんも、洋食のシェフといった出で立ちです。
 ちなみに、休みや夜はいつも行列を作っていますが、これは店内が満席で列を作っているのではなく、店側の不手際(実は作戦?)です。待たされるのが嫌いな私は、空席が少なからずある店内を見て、ちょっとカチンと来ました。短気ですいません。
 肝心のラーメンは、一部のラーメンマニアには受けが宜しくありません。兎に角独特のスープで、おそらく鶏と野菜がベースになってるんじゃないかなと思います。白菜からの甘みがあり、上品な仕上がり。ただ、印象としては若干「中華三昧に似てる!?」という感じ。私はあの味が嫌いじゃないですが、ここら辺がウケが悪い理由かなと。
 野菜がたくさん採れるので、その点オススメします。

東京都新宿区歌舞伎町1-14-1
西武新宿線 西武新宿駅下車 徒歩5分(歌舞伎町内)
《11:00〜翌08:00[年中無休]》

どうとんぼり神座 新宿店ラーメン / 西武新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3

明けまして、おめでとうございます

 今年もよろしくお願いします。
 今年は健康のため、若干ラーメンを食べる回数を減らしたいと思っています(^^;
 ってか、最近が食べ過ぎって話で、元に戻すだけですが。

 それでは、「ラーメン初め」の記事でお会いしましょう!



私の今年10大NEWS

 募集しておりました『私の今年10大NEWS』ですが、こちらに結果を発表しております。たくさんのご参加、ありがとうございました。



松壱家 平塚店@平塚5

ネギとんこつ醤油ラーメン@松壱家平塚店ネギとんこつ醤油ラーメン(¥800)

 同期会の帰り、ちょっと小腹が空いたということで、残った3人でラーメンを食べることになりました。
 なぜ今回これなのかといえば、チャーシューを食べるのはちょっとキツイが、かといってこれが食べ治めだし、普通のラーメンを食べるのはどうかなということで、これに落ち着いたのです。
 これがあたりでした。普通、ネギラーメンというとつけた辛みやネギの香りでラーメン自体の味が変わってしまうことが多いのですが、とんこつ醤油はそれ自体が強い味と香りを持っているので、ネギによってラーメン自体が変わることなく、歯ごたえとピリッとした辛みだけをプラスしてくれます。
 そうそう、ここのスープ、最近醤油ダレを弱めにして、とんこつスープを強くしました?ちょっと味が変わった気がします。

神奈川県平塚市紅谷町8-8
JR東海道線 平塚駅下車 徒歩5分(平塚駅西口そば)
《11:30〜翌03:00(日は11:30〜23:00)[第1,3日曜定休]》



坂内 笹塚店@笹塚4

喜多方ラーメン@坂内笹塚店喜多方ラーメン(¥550)

 私は、喜多方ラーメンとか佐野ラーメンとかの、「これぞ醤油ラーメンだ!」というラーメンが好きです。特に、この坂内は、ドカンとくるものはないのですが、家族連れからラーメンマニアまで楽しめるお店だと思います。ただ、この笹塚店はちょっとスープがぬるかったり、チャーシューの切り方が雑だったりするかな(気のせいかも知れないけど)。坂内は千歳烏山店がオススメです。

 で、このラーメンですが、550円なのに対してチャーシューも十分入っているし、麺も食べ応えがあります。廉価でたくさん食べられるという点で、すばらしいラーメンです。スープはまさに醤油といった感じで、何のだしだかイマイチわからないくらいのインパクトしかありませんが、それはまあ目をつぶるのです。それでも、私はなかなかの味をキープしてると思います。
 ちょっとお腹が空いたけど、お金がないというときに時々行くお店です。

東京都渋谷区笹塚1-59-7
京王本線 笹塚駅下車 徒歩5分(甲州街道沿い)
《11:00〜23:00(日祝22:00迄)[年中無休]》

坂内 笹塚店ラーメン / 笹塚駅代田橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

大黒庵 本店@平塚4

ラーメン@大黒庵本店ラーメン(¥600)

 また値上げしたのね。
 お蕎麦が食べたくていったのですが、やっぱりまたラーメンを注文してしまいました。ここは、お蕎麦屋さんなのですが、来る客の9割がラーメンを注文するという変わったお店。以前、王様のブランチで紹介されて以来、ずっとそれを店の前に掲げてましたが、流石にもう降ろしたようですね。
 ここには、昔からの常連にしかわからない呪文があります。『ジョーラン』と『ドンパリ』の2つ。昔はメニューで大ラーメンをジョーラン、かためをドンパリと表記していて、それが最も人気のあるメニューだったのです。なので、今もそう注文する人は、昔からのお客さんということになります。

 ラーメンは、蕎麦屋のラーメンらしく鰹節でダシを取ったもの。しかも、鯖節等が入っていないためか、甘くないのです。もうひたすらしょっぱい(笑) しかし、これが良いのです。以前は蕎麦つゆを流用してるだけという説が有力でしたが、当然蕎麦の方のつゆはもう少し甘みがあります。材料は同じものでしょうが、ラーメンスープは蕎麦とは別に作ったものです。メンマもしょっぱいので、とても喉が渇きます(^^;
 スープ以外の特徴というと、やはり麺。ここの麺は本店2階で作られた自家製麺です。これがまた、ボソボソで。嫌いな人はずっと好きになれないでしょうが、これにはまる人はとても多いのです。何とも言い表せない魅力があります。

神奈川県平塚市紅谷町4-21
JR東海道線 平塚駅下車 徒歩5分(紅谷町商店街)
《11:00〜20:00[年中無休]》

大黒庵本店そば(蕎麦) / 平塚駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

重慶飯店 新館@元町・中華街5

担々麺@重慶飯店新館担々麺(¥1,050)

 今年のクリスマスディナーは、重慶飯店新館に行ってきました。で、これはそのときに食べたもの。私は重慶飯店の担々麺好きなんです。

 中華料理店の汁そばと今流行の日本ラーメンとの大きな違いは、やっぱり「食後」だと思います。日本のラーメンは、旨味を出すために必要以上に油分が入っているため、食べた後ちょっと胃がもたれたりしませんか?中華料理の場合、医食同源とはよくいったもので、胃が全然もたれないのです。ちゃんとしたお店で食べた後は格別。ここの担々麺も、そんな一つです。
 スープはまさに『胡麻』という感じで、口に含むと胡麻の香りと甘みが口中に広がります。肉味噌はあまり存在感を強く出し過ぎず、それでいてちゃんと歯触りと味で存在感を出しています。辛さですが、ラー油が辛みだけが強いような代物ではないので、それほど強くない上品な辛みと香りを加えています。子供には向かないかも知れませんが辛いものが苦手な方でも十分おいしく食べられると思います。

神奈川県横浜市中区山下町77
横浜高速鉄道みなとみらい線 元町・中華街駅下車 徒歩5分
(ローズホテル1F)
《11:30〜24:00[年中無休]》

重慶飯店 横浜中華街 新館1F四川料理 / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅

夜総合点★★★★ 4.2

ラーメンおやじ 本店@相模原4

辛っ風おやじ麺@ラーメンおやじ本店辛っ風おやじ麺(¥800)

 何が悲しくて、クリスマスイブに男とラーメンを食わなきゃいけないのか(笑) 電話でW.D氏が「ラーメンが食いたい」というので、車で迎えに行っておやじを食ってきたわけです。お店はイブだというのに、家族連れがいたり野郎のグループがいたり(笑)、色々でした。

 ここは札幌ラーメンのお店で、勿論ウリは味噌らーめん。クリーミーな味噌スープが人気のお店です。本店よりも町田店の方が交通の便が良いためか(本店は車がないとキツイ)、お客さんが多いのですが、私は本店の方が味は良いと思います。
 辛っ風おやじ麺は、おやじ麺特有のあのドロドロとした味噌の濃い甘いスープに、辛みが入って複雑な味になってます。野菜は芯も入っていますがどこかのお店と違ってちゃんと火が通っているため、柔らかくなってます。美味しい。

 そういえば、去年もW.D氏との忘年会がおやじだったな。ダメダメだ(笑)

神奈川県相模原市中央4-5-6
JR横浜線 相模原駅下車 徒歩15分(市役所前通り)
《11:00〜翌02:00[不定休]》

北海道ラーメン おやじ 本店ラーメン / 相模原駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ