ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

中国食堂徐さんの店@日本大通り(横浜市中区山下町)

回鍋肉タン麺

回鍋肉タン麺 670円


 中国食堂徐さんの店@日本大通り(横浜市中区山下町)。困ったときの中国食堂。早くて安いんですよね。
 ということで、時間がないときの選択肢。

 入店から20分以内に食べ終わるんですよね。ほぼ待たない。ビジネス街でランチ3回転はしてますね。
 
続きを読む

いと井 横浜西口店@平沼橋(横浜市西区岡野)

辛味噌ネギらーめん

辛味噌ネギらーめん 1,130円


 横浜家の跡地に11月にオープンした、味噌らーめん いと井 横浜西口店@平沼橋(横浜市西区岡野)。

 年末に息子とディスプレイを買い出しに行ったときに、お昼はラーメンが食べたいというので、未訪問のお店のこちらへ。
 ギフトホールディングスという資本系。東京ラーメン横丁にも出店しているとか。
 
続きを読む

JAZZ麺2.7@茅ヶ崎(茅ヶ崎市東海岸南)

燻製盛り合わせ

一人お疲れ様会


 今年最初のJAZZ麺2.7@茅ヶ崎(茅ヶ崎市東海岸南)にて、一人お疲れ様会。
 今年もよろしくお願いします。
 
続きを読む

らーめん康家@辻堂(茅ヶ崎市松浪)

赤らーめん

赤らーめん 950円


 久々に、らーめん康家@辻堂(茅ヶ崎市松浪)。

 私が入ったタイミングでは、前客はありませんでしたが、私の後に続々とお客さんが入ってきました。相変わらず、人気店ですね。
 
続きを読む

中海岸大勝軒@茅ヶ崎(茅ヶ崎市中海岸)

ワンタン麺

ワンタン麺 1,050円


 昨年、茅ヶ崎駅から徒歩圏にオープンした、中海岸大勝軒@茅ヶ崎(茅ヶ崎市中海岸)。

 湘南エリアでたぶん初めての永福町大勝軒系のお店で、稲城大勝軒などを切り盛りしていた方がオープンさせたお店だそう。
 営業時間がそれほどは長くないので、今まで訪問の機会がありませんでした。というか、前に来たときは目の前でクローズされてしまい、それ以来の訪問。
 
続きを読む

みよしタンメン@港町

タンメン大盛り

タンメン大盛り 900円


 川崎競馬場名物、みよしタンメン@港町

 入り口を入ってすぐのエスカレーターを上がると目の前にあるお店。
 川崎競馬場に来るたびに食べるのですが、ここの野菜のへたり具合がなんとも言えないクセになります。
 重賞レースの日は、行列ができます。
 
続きを読む

麺屋BISQ@茅ヶ崎

鶏そば

鶏そば 980円


 12月に駅前に移転したこちら、麺屋BISQ@茅ヶ崎
 前は駅から少しありましたからね。かなり便利になりました。
 なお、場所が場所だけに、自転車の駐輪スペースはないようです。店舗前に駐めると、店主さんから移動するよう言われます。
 
続きを読む

美心酒家@横浜中華街

香港海老ワンタン麺

香港海老ワンタン麺と葱チャーハン 900円


 会社の同僚と久々の中華街ランチに、美心酒家@横浜中華街
 香港路にある、香港出身のオーナーシェフのお店。お店から道向かいの店舗もこちらのお店。出てる看板が別のお店の看板だったりします。たぶん、閉店した前のお店の看板そのまま。今回、そちらに案内されたので、本当に大丈夫かとドキドキだった(^◇^;)
 
続きを読む

東池袋大勝軒 横浜西口店@横浜

特製もりそば

特製もりそば 950円


 無性に東池袋大勝軒のもりそばが食べたくなっちゃって。来ちゃった(笑) 東池袋大勝軒 横浜西口店@横浜

 この辺りでは、比較的閉店時間が早いので、自然と選択肢から外してしまっているこちら。いつぶりだろう。
 大勝軒系のつけ麺を出すお店は、この辺りではほとんどないので、貴重なお店ではあるんですけどね。
 
続きを読む

大安食堂1994@新横浜

味玉ラーメン

味玉ラーメン 1,050円


 新横浜ラーメン博物館「あの銘店をもう一度」の94年組シリーズ第4弾、大安食堂1994@新横浜

 実は2回目ですが。年明け早々の退店ということで、おそらくはもう来る機会がないだろうな。それにしても、仕方がないとはいえ、サイクルが早い。
 
続きを読む
Profile

みやっち

訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ