ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

特一番@和泉多摩川3

醤油野菜ラーメン

醤油野菜ラーメン(750円)


 和泉多摩川の商店街の入り口付近にある、特一番。

 北海道ラーメンを標榜しているけれど、わかる人にはわかる店名。旭川ラーメンにルーツをもつお店です。
 特一番?聞いたことがないという方は、旭山動物園のすぐ近くにラーメン屋さんがあるのを見かけたことはありませんか?
 それが、特一番です。

 もう、数十年前に、暖簾分けのお店が東京にできて、更にそこから暖簾分けのお店が出てという流れで、興味深いことに、旭川と縁も縁もない多摩川沿いに、旭川ラーメンのお店をちらほら見掛けます。

 学生の頃、通ったなあ。数年ぶり。この先に親友が住んでたんですよね。
 俳優さんに似たダンディな親父さんも健在で。続きを読む

吉壱家@元町・中華街3

ネギラーメン

ネギラーメン
ミニチャーシュー丼


 久しぶりのようで、ついこの間来たばかりな吉壱家@横浜中華街。

 いつものとおり、安定のワンオペ(笑)続きを読む

旭風ラーメン@千代ヶ丘3

醤油野菜ラーメン

醤油野菜ラーメン(850円)


 旭川空港の3階レストランフロアにある、ラーメン屋さん。

 旭川空港は、それほど大きな空港ではないので、レストランフロアとは言っても、4軒しかありません。
 昨年来たときは、幌加内蕎麦をいただきましたが、今回は旭川ラーメンをいただきました。

 今回の旭川は、これで3杯目のラーメン(^^)v
 でも、本当はもっと食べたかったなあ…。

 窓側の席になれば、ガラス越しに滑走路が一望でき、なかなか壮観な光景。
 飛行機好きにはたまりませんが、飛行機の時間が迫った我々には、そんなものを悠長に見ている時間はございません(笑)続きを読む

味特 豊岡店@旭川四条4

醤油ラーメン

醤油ラーメン(700円)


 味特豊岡店@旭川四条。
 本店は三条通にある、創業38年の老舗。二店舗で営業しているそうです。
 こちらの店舗は、厨房に立っているのは社長さんなんだそうです。

 すべてコの字のカウンター。吉野家っぽい感じって言うのかな。

 お客さんは、常連さんが多いみたい。でも、繁盛店が多いこのエリアで、流石だなあ。続きを読む

青葉 旭川ラーメン村店@南永山4

醤油らぅめん

醤油らぅめん(700円)


 とりあえず、幼児を連れて食べに行くなら、無難なところを攻めた方が良かろう、ということで、旭川らーめん村です。

 ここも、7年ぶりくらい?
 私一人でラーメン店を巡ると、 こういう集合施設ではなく、本店とかを巡ってしまうので、なかなか来ないんですよね。

 今回は、本当は一人で本店へ行こうと思っていた『青葉』のへ行くことにしました。

 カウンターに車の模型が飾ってあったのですが、次男が「ブーブー」と言って取ろうとするのを止めるのに苦労しました(笑)続きを読む

旭山動物園あざらし館休憩所@北日ノ出3

旭山ラーメン

旭山ラーメン(680円)
ジンギスカンから揚げ丼(730円)
揚げもち串(210円)


 旭山動物園にある幾つかの休憩所の一つで、一番大きなところかな。
 あざらし館とほっきょくぐま館の間くらいにあります。

 朝食が軽めだったので、着いて早々のお食事。
 オープン直後でまだ他にお客さんはおりませんでした。続きを読む

中華そば寅 藤沢店@藤沢3

ベジ寅

ベジ寅(640円)
ちょい〆クーポン


 ちょい呑みの〆は、いつもの寅そば@藤沢。
 藤沢では、ここ以外で〆たことがないなあ。

 店内は、〆に来たちょい呑み客でいっぱい。
 〆に来たはずなのに、みんなここでも呑んでますよ(笑)続きを読む

王府井レストラン@元町・中華街4

王府井ラーメン

王府井ラーメン


 横浜中華街の中華大通りに4店舗を構える王府井。
 その中でも、最も東門に近いお店が、ここです。

 王府井は、横浜中華街では比較的新しいお店で、ここ最近急成長しています。
 焼き小籠包で人気で、横浜中華街では少数派の食べ歩きをメインにしているお店になります。
 ただ、まわりのお店からは、汁が飛ぶので若干敬遠されているよう。
 こちらの店舗では、1階で小籠包、2階がレストランになっています。続きを読む

川福楼@蒲田4

汁あり四川風坦々麺

汁あり四川風坦々麺(1,080円)


 蒲田の本格四川料理のお店、川福楼。
 今度は短期間での再訪です。

 1回目に来たときは、満席でお断りされてしまいましたが、1週回って戻ってきたら、入れてもらえました(笑)続きを読む

ラーメンQ@第57回大北海道展4

清湯醤油ラーメン

清湯醤油ラーメン(897円)


 横浜高島屋で開催中の第57回大北海道展。
 後半のイートインは、札幌からのラーメンQ。

 お店は、時計台の近くにあるそう。
 こちらは、昼と夜で二毛作をしているお店なんだとか。しかも、昼と夜でオーナーが違うそうです。面白いですね。
 こちらは、昼の部のお店。

 正直、最近の首都圏のラーメン事情すらわからなくなっている私。札幌のラーメン事情なんてさっぱりわかりませんが。
 札幌というと、味噌らーめんであったり、こってりなラーメンが連想されますが、最近は、新しい潮流があるようです。続きを読む
Profile
訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    ブログサイト
    人気blogランキング

    ブログランキング

    ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

    にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    人気ブログランキング
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ