ラーメン食べ歩紀行

『待て、しかして希望せよ!』別館。 東京・神奈川を中心に、ラーメン食べ歩きの記録。

麺匠 濱星@日本大通り(横浜市中区弁天通)3

超濃厚坦々麺

超濃厚坦々麺 920円


 関内にある幾つかのラーメン店の一つ、麺匠 濱星@日本大通り(横浜市中区弁天通)
 お肉屋さんが経営しているラーメン店だそうです。

 関内って意外と長く続くラーメン店が少ないんですよね。あの「一風堂」ですら短期間で撤退しましたから。その中、比較的長く続いているお店です。昼は列が出来てますし、人気店です。
 
続きを読む

麺場 田所商店 辻堂店@辻堂(藤沢市辻堂)3

伊勢味噌野菜ラーメン

伊勢味噌野菜ラーメン 990円


 意外と行くことがない麺場 田所商店 辻堂店@辻堂(藤沢市辻堂)

 ちょっと時間がズレていたので、意外と空いていました。いつも、家族連れで混んでる印象でしたが。
 
続きを読む

麺や勝治@関内(横浜市中区常盤町)3

青唐辛痛冷麺

青唐辛痛冷麺 900円


 ハマスタで観戦した後の定番、麺や勝治@関内(横浜市中区常盤町)

 ここは、ハマスタの半券を持っていくと、味玉か大盛りがサービスされます。なので、試合終わりでユニフォーム姿のおじさんたちがたくさん来ます。
 あっと言う間に満席です。回転が速いので、それほど待ちませんけどね。
 
続きを読む

頑者 新横浜ラーメン博物館店@新横浜(横浜市港北区新横浜)3

つけ麺

つけ麺 980円


 あの銘店をもう一度企画の3軒目、頑者 新横浜ラーメン博物館店@新横浜(横浜市港北区新横浜)

 新横浜ラーメン博物館では、2010年から2014年まで、初のつけ麺専門店として出店していました。
 2000年代に首都圏を中心に流行った濃厚つけダレに魚粉をあわせるスタイルは、ここが元祖だそう。いわゆる「またおま系」の元祖ですね。もう、本当に流行りましたもんねー。
 
続きを読む

八ちゃんラーメン新横浜ラーメン博物館店@新横浜(横浜市港北区新横浜)3

ちかっぱチャーシューメン

ちかっぱチャーシューメン 1,350円


 オープン以来久しぶりの八ちゃんラーメン新横浜ラーメン博物館店@新横浜(横浜市港北区新横浜)

 TRYラーメン大賞2020年新人賞豚骨3位のお店。博多薬院に本店があり、50年以上の歴史のある銘店。営業時間が深夜帯のみと言うことで、高難易度のお店で有名でした。
 
続きを読む

麺屋おはな鶏@藤沢(藤沢市藤沢)4

醤油らーめん

醤油らーめん 700円


 リニューアル後、初めての麺屋おはな鶏@藤沢(藤沢市藤沢)
 元々あった「麺屋おはな」は近くに移転し、こちらは鶏のスープのお店にリニューアル。

 店舗は居抜きなので、カウンター席と奥にテーブル席。家族連れでも入れます。
 
続きを読む

信華@栗平(川崎市麻生区栗木台)3

Bセット

Bセット 800円


 初めて降りた栗平で、とりあえず近くに食べられるお店がないかなと探して入ったのが、こちら。信華@栗平(川崎市麻生区栗木台)

 近くに川崎フロンターレの練習場があるからか、店内に所狭しとフロンターレの選手の色紙。あ、でも、山根のサインはないなあ。

 ラーメンと書いてありますが、ラーメン屋さんというよりは、中華屋さんですね。
 メニューも、町中華のそれ。しかも、周りの人はラーメンよりも野菜炒めとか一品料理を食べてる。そして、量が多い。
 
続きを読む

S.S Century@辻堂(藤沢市辻堂)4

青とうがらしラーメン

青とうがらしラーメン 850円


 また随分と空いてしまったけれど、S.S Century@辻堂(藤沢市辻堂)

 娘が麺類が食べたいというのでね。まる玉時代は連れてきたことがあったけれど、独立後は初めてかもしれない。
 最近、駅前で食事をすることも滅多に無くなっちゃったしね。
 
続きを読む

リンガーハット 茅ヶ崎浜竹店@辻堂(茅ヶ崎市浜竹)3

野菜たっぷりちゃんぽん

野菜たっぷりちゃんぽん


 今日は、ちょっと夕飯に手が回らなかったので、リンガーハット 茅ヶ崎浜竹店@辻堂(茅ヶ崎市浜竹)でテイクアウト。

 いつの間にか、ドライブスルーのコーナーがなくなっている。随分前から?
 
続きを読む

匠jang@横浜(横浜市西区高島)4

麻辣担担麺2辛増し

麻辣担担麺 2辛増し 1,010円


 私のホームの一つ、匠jang@横浜(横浜市西区高島)。

 いつの間にか、値上げしてる。ちょっとショック。でも、最近値上げしてないお店の方が少ないですもんね。致し方なし。
 
続きを読む
Profile

みやっち

訪問者数


訪問者数推移

    Recent Comments
    ラーメン本

    【ラーメンマップ神奈川(1)】
     tomi-booこと冨田直規さん著の神奈川県に絞ったラーメン本。神奈川を代表する二つのご当地ラーメン『家系』と『小田原系』を中心に、歴史的名店から新店までを網羅。



    【ラーメンSelection(2011)】
     ラーメン評論家の石神秀幸氏のラーメン本。一部ではラーメン界のミシュランと言われています。複数年連続掲載されるのが最も難しい一冊で、最もハズレの少ない一冊でもあります。



    【ラーメンの繁盛店(2012年版)】
     神奈川を特集したラーメン本としては最大の328店掲載。新店情報はやや遅いが、名店、人気店はもれなく網羅している、神奈川のラーメンファンには必携の一冊。



    【極うまラーメン(2012ー2013)】
     ラーメン本で最も権威ある石神本の携帯版。都内などの食べ歩きにはぴったりの、かさばらない手帳サイズのラーメン本。



    【最新ラーメンの本(神奈川・多摩)】
     ラーメン評論家の石山勇人氏監修のラーメン本。新店を中心に掲載することをコンセプトとしており、フードコートのラーメン店まで掲載する、先入観のない独自のラインナップが見所。



    【究極のラーメン(2012 首都圏版)】
     ラーメン店の掲載数では他の追随を許さないラーメン本。クーポン掲載数もずば抜けていて、ラーメン食べ歩きにクーポンを使えば、瞬く間に元が取れる嬉しい一冊。



    【ラーメンWalker(神奈川 2012)】
     神奈川に焦点を絞った本としては、最も新しい本。特に、神奈川の新店については、現在最も詳しい本ではないでしょうか。



    【激ウマラーメン神奈川(2010年版)】
     2年ぶりの新版。掲載100店のうち、その約半数に当たる45店が新顔という、ほぼリニューアルともいえる一冊。コメントをライターではなくカメラマンが書いていることでも有名。



    【噂のラーメン(2010)】
     ラーメン本としては、最も歴史の古い一冊。老舗・名店から新店まで、ムラのない幅広いラインナップが特徴。とりあえず一冊抑えるならば、これがオススメ。



    【トーキョーノスタルジックラーメン】
     他にない独自のコンセプトで、老舗・名店を中心にラインナップ。「昔ながらの東京ラーメン」が食べられるお店のみが掲載されている。もちろん、そのDNAを受け継ぐ新店も掲載。
    feedmeter
    RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/miyach23/



    あわせて読みたい
    QRコード
    QRコード
    Categories
    Archives
    • ライブドアブログ